第9回大宇宙OFF 
課長「個別の十一人との関連も考えられるな‥‥」
こうさくいん「ないでしゅよ〜〜( ̄ー ̄)」

〜 第9回大宇宙OFF 〜

前日?祭】【大宇宙OFF】【惨事会】


 そして都内某所に移動した深夜。健全なスケジュールで1次会2次会で帰ったり、ここへ来ながらも途中で無念の脱落を果たした人もいるのですが、オソロシイことにまだ22人ほども残っています。
 まだゲェムということでRLを決めて4卓で卓分けをするのですが、さすがにこの頃になるとシナリオの紹介が適当だったり聞く方が何も覚えていなかったりだんだん諸々がテキトゥーになってきます。
 いつもは昼間のアクト+酒だけで十分なのでエレガントーに(注:うそ)帰っているぽっくんも、本日はあまりにストレスが溜まったので3次会まで行ってしまふのでした。 (ノ∀`)アチャー

 ダラダラと卓が分かれた後はそれぞれの卓でバラバラだったのですが、うるぴー先生卓は閉店間際のファーストフード店で準備を整えてから某所でアクトとなるのでした。

ZOHN IN THE AREA X-55


And so, they appeared on the stage of Chinese Vampire .....

Handle: “Storm Bringer”アレス・ベルヴェルク 【Profile
Style: エグゼク◎, カリスマ, アラシ● Age: 26 Gender:
Style Branch: -
 混乱続くアルゼンチンで日系企業と戦い続けていたテロリスト集団『嵐の旅団(トルメンタ)』のリーダー。鮮やかな深紅の髪にきつい目鼻立ちをした長身の女性。
 戦いに敗れ、軌道刑務所アスガルドに囚われた後、祖国の雇用状況改善を条件に敵であった千早重工にその忠誠を売却。厳しい戦いの続く後方処理課の戦力を補強する手駒となった。自動機械化部隊“嵐の旅団(トルメンタ)”を率い、市街戦用ウォーカー“ストームブリンガー”を駆って戦の神の名の下に戦う。
 仕事で助けたM○●Nの要注意人物、張麗花から夏王朝のある情報を入手するのだが‥‥?
Player: (はた)×弐 【SwordDancer
▼ピンクじゃないけどハシタナイザーのはたどんどんです。このシナリオはPC1がエグゼクなのですが、千早系のエグゼクというと逆にいないのか最後まで揉めました。からいたんどのと最後まで火花を散らしあった後、本当はクグツ◎のアレスが本アクトだけスタイルを変える方法でうまくまとまることに。
 きつめの女性なので漫画のBLACK LAGOON世界あたりに住んでいるそーです。眉が太いのにうるし先生がことのほか反応なさっておりました。うるぴー世界のカギは太い眉のようです。というわけでプリキュアはブラックではなくホ(以下自粛)


Handle: “無明剣”李 深 (“むみょうけん”リー・シェン)
Style: カタナ◎, ニューロ, レッガー● Age: 24 Gender:
Style Branch: ??
 三合会系の流れの凶手(シャァショ)。高性能サイバーウェア“59”を瞳に埋め込み、腰にはスタンバトンを携えているがその手は見えず、いかなる刀も銃も見えていない。
 修めたのは驚異の神技“無明剣”。その太刀筋はあまりに早く、いかなる剣士も道士も見ることはできない。いまだかつて破られたことのない神速の技の前に、あらゆる敵がただ一撃の元に倒されてきたのだ。
 殺戮の宴『SHADOW FESTA』優勝後しばし。ホンコンHEAVENでジミー揚のもとを訪れていたのだが‥‥?
Player: ホシノ
▼大宇宙にはよく顔を見せるホシノさんです。さァアクト後に話をすると誰もかれもが

「また奴を使ったのか!(゚∀゚)」

と言ってきた超絶凶手の無明剣です。あのchihayaセンセイをして

「奴に比べたら私の時間管理局なんてほんのフツーっすよ〜 (´▽`;)y-~~~」

と降参させる始末。
 しかして、いかな超人奇人といえども完全見切り不可の神速剣、伝説の“無明剣”の本質とは一体何でしょうか。それは“59”サイバーアイに<※フリップフロップ>状態からの<※イカサマ><※パワーサージ>という、見えたらただの電脳攻撃である蝶☆大ウソ必殺剣。
 深夜アクトに相応しい馬鹿カックイーキャストの登場となりました。やはり時代はむみょうけーん!


Handle: “二五”龍 秋生 (ロン・チューシェン) 【Profile
Style: カブトワリ◎●, カゲ, アヤカシ Age: ?? Gender:
Style Branch: ??
 三合会の人間に裏切り者という特別な意味を持つ“25”の数字を名に持ち、執念深い追っ手の手を逃れて数年の間生き続けている唯一の男。トライアドのやり方に嫌気がさし、抜けた折に殺されたはずだが未だ活動している。フルオート可能な小型銃での銃撃を得意とし、蘇ってからは宙を飛ぶ能力さえ持つ。その回りから既に人間の知人は絶え、残ったのは魔物の同類だけである。
 かつて倒したのは、古典は封神演義にも名高き太子と同じ名をした那咤太子(なたたいし)であった。だが月光の差す竹林の夜、倒したはずの彼が‥‥
Player: 横嶋 【世界の敵
▼ヨコハマの邪もとい横嶋どのです。EDGE定例会がなくなってからはあまり見ることがありませんでしたが久々に同卓となりました。社会人になったからなのか、Dになってからはそれほど遊んでいないとのこと。R時代はExp1000のキャストとかをこの目で見ていたんですが意外や意外。
 ロン・チューシェンは見事にアレな登場人物の中では比較的ストイックな殺し屋。Noiseやミアの目からすると、作中唯一のマトモな男性(酷)かも?


Handle: “守護天使”Noise (“テクノゴースト”ノイズ) 【Data Profile
Style: イヌ◎, マネキン, ニューロ● Age: 19 Gender:
Style Branch: ニューロ:義体使い
 ハウンド機動捜査課の隊員。元SSS捜査官だった父の背を追って警官を志し、15歳のときに新帝大入学式で浄化派の爆破テロに合って肉体を失い、完全義体に換装。本格的に志望を固めてハウンド入隊。国際指名手配中のテロリストグループを追い、現在は“電子妖精”から“守護天使”へと名を変えてケルビム捜査官として長期出向中。電脳世界と現実世界の同時解析時に起こる多重雑音から真実を見抜く力があり、ハンドルの由来となっている。
 本名はアリスで、義理の兄のケイスはカブトとして世界を駆けフラグを立て回っている。換装した義体は失われる前の彼女の体格に似せており、背も低いせいで年齢よりも幼く見える、ダークブラウンの髪の娘。
 ケルビムのリー・ウーロン捜査官と共に、世界中で起こっている中華系術士の連続道士殺人事件を追うのだが‥‥?
Player: からい 【NorthPole
▼サークル『ろらろら』の頭領にしてピンクの弟子のからいたんどのであります。マーダー☆ピンク。かーらいル・シンジケート。この名はクーゲルたんに失礼なのでからいール・シンジケートにしようかという相談もあります。(主に くろどのと 俺の 中で
 間接偵察は行っているものの財団の直接偵察は及んでいなかった、からいWorldのイヌ代表のNoiseたんを生で見てしまいました。しかもN◎VAで最初に作ったキャストだとのこと。やはりシンジケートといえば義体のオンナノコは欠かせないようです。
 ストレイライト環境ではブランチ取得、義体がファッション用のサキ=ニチヤ“イデアルボディ”にぱわーUp。しかも中の人が自分からロリ顔なのだと紹介してきます。一体誰にとってのイデアルなぼでぃーなのでしょうか。
 彼女の体に似せた義体を勧められてそのまま乗り換えたそうですが、換装した義体医師は何を考えていたのでせうか。きっとシンジケートの息が掛かっていたに違いありません。やっぱシンジケートは違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~


Handle:金龍(ジンロン)の瞳の”ミア・ウェイ 【Profile
Style: フェイト◎, カブトワリ, バサラ● Age: 23 Gender:
Style Branch: バサラ:ブラッドライン (アクトのあとで取得)
 中華街で探偵事務所を営む若い女探偵。叔父である中華街の名士トニー・ウェイに二挺拳銃の手ほどきを受け、独り立ちすると探偵業を開業した。黒髪、きつめの目鼻立ちをした典型的な東洋系の女性。
 念動力の異能力を持ち、古代の風神の靴と共に重力を無視した体術を操り、二挺拳銃の弾丸の軌道を自在に変えて戦う。男運がなく、割と不幸。
 中華街に名高い陳元義の指示は、不死の怪物に襲われているウェイン(ワン)の護衛だった。王といえば、トライアドにも有名な蝶☆大物のはずだが‥‥??
▼PC5のバサラ導入がゲストコネが陳元義だったので、くわっと開眼して貰っていきました。しかしいつも思うんですが陳老師って影が薄いですね。月華婦人もやってきて中華街が復権しつつある迷光祭りではますます用無しの予感?(酷)


Ruler: 漆妖 (うるしのあやかし)
▼僕らとは活動範囲がやや異なるのですが、帝都トーキョーで以前から活動中のうるぴーさんです。読み直すまで内容を忘れたという前に作ったチャイナものシナリオを回してくれました。
 ちなみにうるしルーリングでは取り決めが幾つかあって

1. カット進行中の売買は無理
2. エースによる隙狙いは狙った分達成値が21から下がってゆく
3. 人が多いシーンは短く、人が少ないシーンは長く行う

とのことです。3. はよく見られる方法ですね。(僕もそうします)

 アクト開始前は人のプロファイルシートを見ていろいろツッコんでくるのですが、女性キャストだけ妙にチェックが長いこと。
 このあたりからうろんな香りは既にじゅうぶん漂っていたのですが、深夜という趣の深い時間もあいまって(うそ)この先が 大 惨 事 に‥‥

GREAT COSMOS LABORATORY


電脳道士

電脳道士(AI タオシ)

オーサカM○●Nの洒落たレストラン“雲雀”。、アレス・ベルヴェルクは慣れない中華料理の前にいた。とはいえ目の前にいるのは妖月都市の危険人物筆頭、張 麗花(チャン・リーファ)である。

張 麗花の中の人「そして彼女の背後には、上半身裸でネクタイをした男や首輪をつけた男や(以下自粛)」

 彼女の話は、いまや正当なる王となったウォン・シーシンの話だった。そして話の後は下僕たちの前で中華料理を勧められる。

アレス「分かったよ。食べればいいいんだろう!ヽ(`Д´)ノ」

電脳道士

秘技“無明剣”を極めたリー・シェンはホンコンHEAVENの“龍淵堂”を訪れていた。だが、旧知のジミー揚は顔を真っ赤にして怒り狂っていた。

ジミーあげ「そこにあった箱は一体どこに行ったんだッ! なぜ無くなった‥‥あの中には重要な呪術兵器が入っていたんだぞっ!」

電脳道士

 トーキョーN◎VA中華街、BAR“夜来香(イェライジャン)”。洒落た店として、勢力を吹き返しつつある中華街では有名な店である。だが、今夜の夜来香は‥‥

うるぴー先生「スリットの深く入ったチャイナドレスの女が沢山歩いていて、時折嬌声が(以下自粛)」

 そんな中、待っていたアジア系のケルビム捜査官の下に現れたのは、ロリっ子全身義体娘のハウンドからの出向隊員だった。

Noise「はろはろ〜、ウーロン捜査官。こんなところでワッツ・ウロング?」
ウーロン「道士連続殺人事件のこと、ある。双子が、また殺された、ある」

 それはNoiseもよく知る双子の少女の話だった。N◎VA中で中華系術士の有名な道士が次々と殺されていたのだ。

Noise「うろんなことになってきたね‥‥」
舞台裏ミア「あんたの方が沢山うろんって言ってるよ!ヽ(`Д´)ノ」

電脳道士

 淡い月光の元、夜風に揺れる竹林。映画『LOVERS』風味の中、ロンは<※魔翼>を生やして林の上のほうを走っていた。そして月光の中に交錯する影。双子の少女。大きな箱から復活したのは‥‥死んだはずの那咤太子(なたたいし)だった!

那咤太子の中の人「<※吸精>も入れて首に牙が突き立てられます」
ロン「くっ‥‥」

電脳道士

 かつて世界が傾く前、西と東に分かれていた頃。西洋世界に吸血鬼伝説があったように、東洋世界の中国にも吸血鬼伝説がある。
 チャイニーズ・ヴァンパイア、僵屍(キョンシー)。両手を前に伸ばして歩く特徴的なリビングデッド。

 僵屍に傷つけられた者はまた僵屍となり、その数を増やしてゆく。そしていかなる方法を用いたのか災厄の街に大量に出現した僵屍の群れにより‥‥三合会に名高いウェイン王の屋敷の庭は死体で埋め尽くされていた!

ウェイン王「ワシは、何も悪いことなどしていないのに‥‥もうダメじゃ。ワシはもう死ぬかもしれん。(ρД`)ノ
護衛が全員やられてしもうた。もう誰が僵屍になっているか、部下も信用できん」

一同の中の人「(´-`).。oO(このウェイン王もうすぐ死ぬな‥‥)」


ウェイン王「もうダメじゃ。ワシが頼りにできるのはミア、お前だけじゃぁぁ ι(´Д`υ)」

ウェイン王の中の人「そう言って老人は腰に(以下自粛)」

ミア・ウェイ「どさくさに紛れて触るなッ!!( `△´)>ノノ☆
あんた、三合会のエライ人なんだからもっとしっかりしなよ」

 珍しくチャイナドレスを着ていたミア。そして男に媚びる格好を嫌う彼女は、望み薄とは分かっていても尋ねてみる。

ミア「ねえジイさん。こんな格好じゃ動きにくいし、いつまでも護衛がこれじゃ変だろう。着替えちゃ駄目かな」

ウェイン王&中の人「(くわっ!) ダメじゃっ! ワシがいいと言うまでお前はチャイナドレスでいなければならんっ!(;゚∀゚)=3」
ミア&中の人「分かったよ! 着てりゃいいんだろ着てりゃ!ヽ(`Д´)ノ」

電脳道士

 そして香港ムービー風味うるし分たっぷりの物語が始まる‥‥

女の子「ロン! 額の呪札を狙って!」

 夏とHEAVENの企業も絡んだ、謎の“ロータス・プロジェクト”の名‥‥

Noise「N◎VAじゅうの道士(タオシ)がやられた? あの子達も‥‥」

 夏王朝の正当なる王となったウォン・シーシン。アレス・ベルヴェルクは女の身ひとつでその前に向かうのだが‥‥

うるぴー先生「では厳重な身体検査をされます(以下自粛)」

 うろんな男の回りに匂う悪い噂。ギガトロンがN◎VAに運び込まれる手はず、そして‥‥

電脳道士

 “夜来香”で夜を過ごしていたウェイン王の下へ故あって合流するリー・シェン。“無明剣”の使い手も合流したとあっては、香主の身もひとまずは安心である。

うるぴー先生「そうしている間にもそばの女たちのチャイナドレスの裾にウェインのが(以下自粛)」

 だが、暗殺の魔の手はすぐそこまで迫っていた。ウェイン王の腹心の部下たちも既に僵屍と化していたのである。《制裁》による暗殺ダメージが適用、首筋に2つの噛み跡のある男たちが、一斉にテーブルから立った!

 ミアが咄嗟にハンドバッグの中の銃に手を伸ばすが間に合わない。危うし、大香主の命。だがその時、秘剣を極めし凶手は大音声で呼ばわった。


リー・シェン「無明剣ッ!


ミア「は、速い?! (・о・」

 いかなる刃の煌きも室内に瞬くことはなかった。いかなる使い手も、神仙の目にさえも捉えることのできぬ神速のただ一閃。一撃で絶命した僵屍たちの死体だけが転がっていた。
 《不可触》による《制裁》ダメージ打消しの演出とあらば、たとえ神の目にすらも止まらなくとも納得はいこう。

 腰を抜かすウェイン王の前で、部屋は元通りの静けさを取り戻していた。二人の護衛は互いを見やる。


ミア「“無明剣”の李 深か‥‥。あんた、速いね。あたしの金龍の瞳でも見えなかったよ」
リー・シェン「ふむ、金龍(ジンロン)とな‥‥ほう、なかなか」

 何の意味があるのかよく分からないが、無敵の無明剣を極めた剣士はチャイナドレスの娘を<知覚>21で見た。

ミア「ところで、刀はどこにあるの?」
リー・シェン「うむ、これだ(腰のスタンバトンを示す)」 ←蝶☆ウソ
ミア「ああ、そうなんだ(納得)」


 妄想癖がありながらも力強い剣客を向かえ、今宵はピンクな“夜来香”のシィンは幕を閉じていったのである‥‥

リー・シェン「(突然語りだす) いまだかつて、私の無明剣を破った者はこの世にはおらぬ‥‥」
ミア「(ノД`).。oO(アチャー)」

電脳道士

 そして、味方であるはずのうろんな捜査官にブラックなサムシングがあることを知ったNoiseは、面々と合流するために中華街へとやってきた。
 泣きながら、あるいは嬌声を上げながら(以下自粛)ピンクな“夜来香”から逃げ出してくるドレスの女たちに混じり、Noiseは顔見知りの姿を認める。

 力強い無明剣の使い手が護衛に合流し、一安心のミア・ウェイは休憩に出てきていたのだ。


Noise「(*´▽`).。oO(ウェイおじさんには世話になったし、きっとミア姉さんなら、私が求めてる情報も‥‥)」
ミア「あれ、ノイズじゃない」
Noise「よかった〜、ミア姉さんに頼ろうと思っていたの! あれ、姉さん、なんでそんな格好を?」
ミア「(ギク) ベ、別にあたしはここで働いてる訳じゃなくて、これには深い訳が‥‥(ゴニョゴニョ)」

 “夜来香”の中で面々と合流したNoiseは、自分が追う事件が一行の関わっている出来事と関係あることを話した。

Noise「いちおう私だって警官だし、今回は特別よ。
でも協力してくれるっていうなら、こっちだって手を貸すのにやぶさかじゃないけどねー」

失われる前の肉体に似せて作ってあるロリっ子全身義体特注の見事な義体で、実際より幼く見えるNoiseはあまり背が高くなく、BARのスツールに腰掛けると足が余る。
 スツールを左右に回して足をぶらぶらさせると、美しい少女はマネキンロールに入った。


アレス「(´-`).。oO(これが噂の‥‥)」

ミア「(´-`).。oO(からいエフェクトね‥‥)」

電脳道士

Noise「四面のソロネは全てを見通す。その力、使わせてもらうわよ」

 Noiseの《電脳神》で(ピー)が(ピー)な重要情報がやっと明かされる。ある手段を用いて古代の僵屍を操る方法が開発され、それが使われようとしているのだ‥‥

ウェイン王「おいミア。こっちの男は大丈夫なんじゃろうな」
ミア「安心しなジイさん。僵屍じゃなくて生きた人間だよ。傷跡なんかないさ。失礼するよ‥‥はっ!」

 実はウェイン王をいつか殺すつもりでいる凶手ロン・チューシェンの首に手をやると、ミアはさっと首筋を示した。そこには健全な人間の肌が‥‥ではなく、《不可知》からの攻撃で那咤太子からサムシングを注入された噛み跡がくっきりと!

ミア「ええっ? ある?Σ(゚△゚;)」
ウェイン王「("д゜;)」

電脳道士

 その後(ピー)が(ピー)してゴニョゴニョがゴニョゴニョ。中華街のレッドエリアにやってくる夏王朝正当後継者ウォン・シーシンが演説し、面々もその場に行くことに。これがクライマックスとなるのであった。

ミアの中の人「じゃあ取り決めどおり戦闘が始まる前に。ストレイライト仕様でアーマー値のある“チャイナローゼズ”を買いまーす」

ウェイン王&中の人「(くわっ!) 1シーン追加じゃ!(;゚∀゚)=3」
ミア&中の人「ヽ(`Д´)ノムキィ! 分かったよ!買いに行きゃいいんでしょ!」



 ‥‥中華街の高級ブティックかどこか。試着室ではウェイン王が選んで買ってくれたというチャイナドレスを恐々と着るミアと、鏡の中に現れた智天使のアイコンが話していた。

ミア「あのジイさんにしちゃ、意外とマトモだね‥‥」

Noise「すっごーい。姉さんモデル体型だから、何着ても似合うよ。

 私はお子様だから、こういう格好できないなー (*´▽`)」

ミア「べ、別に褒めなくっていいよ (-_-;)」

そして二人が出てこようとしていると、カーテンの向こうには老人の影があった。

ウェイン王「どうじゃ。サイズはぴったりじゃったろう ( ´∀`)」

ミア&Noise「ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!」


 何故か店には、腕を組んで控えていた“無明剣”の男の姿まであった。

リー・シェン「(くわっ!) その通り。サイズは私が測りましたからな」
ミア「あ、あんたの無明剣‥‥剣だけじゃなかったんだね‥‥Σ(゚△゚;)」

リー・シェン「(くわっ!) いかにも! 優れた剣士は剣のみならず目も鍛えるもの!」
↑割と 意味 不明

電脳道士

 そんなこんなでクライマックスフェイズ。時刻は既に夜半過ぎ、メンバーの中には登場しないシーンで居眠りしていた者もいるようなアクトである。頭脳の働きが鈍り、そこへ深夜テンションとうるし分が入り混じり様々なサムシングが飛び交う終盤。

 だが、うっすらと靄の掛かる頭の中でも、一同の頭に確固として存在するひとつの強き想いがあった。

一同「(*´▽`).。oO((くわっ!) 無 明 剣 が 見 た い ! )」


 中華街で始まる要人の演説。(ピー)が(ピー)してサムシング出現。大挙して現れる僵屍の群れ。案の定会場は大騒ぎになる。

Noise「よくも‥‥あの子たちを!」(《制裁》攻撃)

アレス「容赦はするな!全弾打ち込め! ヽ(`Д´)ノ」
自動機械化部隊“嵐の旅団”「了解!(ずどどどどーーん)」

 そして近くのビルの上で隠れていたロンはマトリクースも真っ青の<※魔翼>ぱわーを生かしてビルから飛び降り、フルオート可能な小型拳銃を取り出すと敵に狙いを定める!

ロンの中の人「フルオートは範囲攻撃にしてもよいと書いてあるが必ず範囲とは書いてないから俺の中での解釈だと(ゴニョゴニョゴニョ)」
RLの中の人「ああーん(ゴニョゴニョゴニョ)」
アレスの中の人「でもそれは‥‥(ゴニョゴニョゴニョ)」
ロンの中の人「でもあきらめて単発で撃つとするとダメージ上昇が‥‥」

アクト中にやられるとちょっとシボンヌなルール談義が続いた後、名うての凶手であった龍 秋生の銃が火を吹く!

電脳道士

そして‥‥僵屍と化した那咤太子の前に、一人の男がゆらりと立ちはだかった。



リー・シェン「(くわっ!) 無 明 剣 !



一同「キタ━━━━━Oo(≧▽≦)oO━━━━━!!




‥‥
‥‥
‥‥
RLの中の人「あっ、義体が“泰山君子”だからウェットだ」


一同「な、なんだってーーーーーーーーーーー?!Σ(゚△゚;)



 そう、最強無敵、いかなる剣豪、神であっても見切れぬ神技“無明剣”とても、ルールの壁だけは破れない。<※パワーサージ>による電脳攻撃はウェットの相手には効かないのだッ!

リー・シェンの中の人「では血の涙を心の中で流しつつ‥‥だがこれでは格好つかん!

せめて《死の舞踏》で格好だけでもつけるッ!」

 2撃目の見事な無明剣。僵屍の姿は見事に両断され、無明剣の効き目を見せ付けたか‥‥のように一見見えたあと、<※死者の一族>ぱわーで那咤太子の体はきれいに元通りの姿を取り戻す。


 一同の頭の中を様々な作戦が駆け巡った。

一同の中の人「(グルグルグル) 《電脳神》でなんとかできないのか?」
一同の中の人「(グルグルグル)いやッ! あれは即死系扱いではない。ていうか基本ルルブで即死系の数に数えられてるのは有名な誤植だッ!」

一同の中の人「(グルグルグル) 誰かの神業で‥‥万能系神業はないのかっ?」
一同の中の人「(グルグルグル)ないッ! ていうかこの5人チームは防御が少なく攻撃に偏り過ぎだッ!」

一同の中の人「(グルグルグル)ていうか即死系大杉ッ!・゚・(ノД`)・゚ ・。」

ミアの中の人「(くわっ!)《天罰》で相手の義体の種類を変えるんだ!
タケミカヅチ以外で! アレス、《天罰》だっ!」
アレスの中の人「ほえ? ハイランダー入ってないよ?(・о・」

ミアの中の人「うるさい! はたはたならランダー持ってるだろっ!ヽ(`Д´)ノ」 ←意 味 不 明

 天帝のお情けあれ。手段は見つからなかった。後で考えると何かありそうなものだが、そこはそれ、その時は思いつかないのが深夜アクトのアレやソレというものである。


リー・シェン「(血の涙)」
ミア「あんたの無明剣が効かないなんて‥‥くっ、だったらあたしの銃が相手だッ!(ずどどーん)」

 そして神業も尽きたサムシングの最期の時が近づいていた‥‥

リー・シェン「(血の涙)」
アレスの中の人「じゃあこっちが倒すよー」
アレス「被害は無視しろ! 全砲門開け! (トルメンタ)を見せてやれ!ヽ(`Д´)ノ」
自動機械化部隊“嵐の旅団”「ラジャー!(どかどかどかーん)」

 フルファイアによる一斉射撃。これがかつてアルゼンチンで猛威を振るった機動戦車部隊の猛攻である。
硝煙の中に、チャイニーズバンパイアは遂に不死の生を終えることとなった。
 かくしてもうもうと立ち込める煙の中、神速無敵の“無明剣”が効かなかったという事実は、

《不可触》がないけどうやむやのうちに隠されるのであった‥‥


リー・シェン「(血の涙)」

電脳道士

 そしてエンディング。
怒りの収まったジミーあげの店に、リー・シェンの姿はもうなかった。
彼は既に旅立っていたのだ。

リー・シェンの中の人「(突然ナレーション口調)
 そして立ちふさがる敵を斬っては捨て斬っては捨て、彼は進んでいったのです。
 彼の物語はこれからも語られることでしょう。

 なぜなら、彼の伝説は、まだ始まったばかりだったのだ‥‥」

電脳道士

 ロンは油断していたウェイン王の下を訪れ、いきなり射殺して肉体ダメージ10番

電脳道士

 Noiseは《プリーズ》を使って死んだ少女たちの神業を増加。電脳空間と現実空間の同時認識中に生まれるノイズの中、彼女は少女たちの声を聞いたような気がした‥‥

電脳道士

アレス・ベルヴェルクは妖月の都を訪れ、またも張 麗花(チャン・リーファ)下僕の男たちの前で中華料理を食べさせられる。

電脳道士

 そして‥‥《買収》でシルバーレスキュー特別サービスをコールし、何とか一命を取り留めたウェイン王は回復、病院でハッスルしていた。
 ミア・ウェイがいちおう見舞いに行くと、大香主は回りに若い看護婦をはべらせて(以下自粛)だったのだ。

看護婦「いやんもうお爺様ったら〜ぁん (*ノノ)キャッ」
ウェイン王「(感涙にむせび泣く)なんと! ミア、ワシの買ったチャイナドレスを着てワシのことをいたわりに来てくれるとは‥‥(*´∀`)=3」
ミア「う、うん。いちおう世話になったしね。なんだったら、2人だけでいたわってあげてもいいよ。人払いをしてくれないかな」
ウェイン王「(くわっ!) よ、よしっ! お前ら全員今すぐ部屋から出て行け。1時間か2時間で済む!
誰も部屋に入れるなよ (;゚∀゚)=3 ハァ ハァ」


 そして静かになった病室。2人だけの(以下自粛)の時間になった時。
中華街の名士の姪は突然カブトワリっ面で振り向いた。

ウェイン王「( ´∀`) ハァ ハァ」
黒ミア「(凶悪悪者顔で)フフフ‥‥油断したね、ウェイン王」
ウェイン王「?」

黒ミア「まさかあたしが最後の暗殺者だとは、さすがのあんたも気付かなかっただろ?
 人を殺すには、その身辺に忍び込むのが一番だからね‥‥( ̄∀ ̄)」
ウェイン「(((((;゜д゜)))))」
黒ミア「えい o(`o´)=◯y=ー ドキューン」

 ミアの持ってきたおもちゃの鉄砲で《とどめの一撃》を撃たれると、老人は驚いて髪を真っ白にしてそのままひっくり返り、気絶してしまった。
 災厄の街のチャイナタウン暗黒街にその人ありと言われ、長い年月をしぶとく生きてきた香主、さらにうるし分が満ちどこまでもどこまでもひたすらダメだった今宵のダメウェイン王も、さすがに寿命がいくらか縮まったそうな。


劇終


G.C.L. 9th GIG

 というわけで妙なテンションのまま深夜アクトは終了。頭脳の働きが鈍ったり澄み切ったりだんだんハイになってきたところに無明剣が来たものだからたまりません。アクトが終わった後もあちこちで「むみょうけーん」の声が飛び交っていました。やっぱホシノサンは違うなァ〜(´ー`)y-~~~

 しかしうるし先生の世界に出てくるオフィシャルゲストは全員がことごとく(以下自粛)ですね。ここまでダメだと潔いというかなんと言うか。
 シナリオ『シャドウ・ランドの死婦人』をやったらヒロインのロールプレイが(以下自粛)になったという話を聞いたり。SIN_Snakeさんの【Snake and Ladders】の11/14によるとSTL付属の『楽園の休日』のヒロインのメイも(以下自粛)だったとゆー話を聞くにつけ、アクト前から多少予想はついたのですが。いやーもう今宵は世界のウェイン王ファンのミナサマに申し訳ない気分でイッパイです(大嘘)

ZOHN IN THE AREA X-55

 その後はアクトをするには時間も短く気力も持たないので歌を歌うという部屋の本来の用途に。うるし先生がデス種ファフナーにと最近のアニメの主題歌を総ナメしたり。からいたんどのが最近の歌を歌ったり。力尽きたはたたんが寝ていたり。未調整tatuyaシナリヲの怖さを味わったという別卓のchihayaさんが遊びに来たり。そこで『茜色に燃えるとき』が入っていてGungraveはいいねぇとchihaya先生とホロリとしたり。していました。

 その後は夜明け前の空の広がる公園でお開きにし。三々五々に分かれていくのでした。
ちなみに4次会と称して帝都は王子の某邸宅に行ってまだ活動していた修羅もいたそーです。恐ろしや恐ろしや。まこと修羅とはうろんなものぢゃ‥‥ε=ε= へ(へ´A`)へ

 と意味不明のAAで前回と同じオチをつけつつ。皆様どうもお疲れ様でした。


〜おまけ〜
大宇宙なリンク集

★九龍さんの【DreamStream】の11/27
★シリルさんの【戯言 Ver.3】の11/27
★Rizaさんの【しぐま・りざすたぁ日記】の11月
★星読むおんさんの【Rylical System ver.4】の11/28
★SYSさんの【System Dark Lord】の11/29
★なまさんの【なま屋。】の12/01
★修行さんさんの【修行さん感】の11/28
★chihayaさんの【chihaya's blog】の11/2812/02
★ZOHNさんの【大宇宙BLOG】の11/2912/02
★からいさんの【NorthPole】の11/2811/2911/3012/01
★くろさんの【coyote, colored darkness】の11/28
★帽子屋さんの【売らない帽子屋】の11/30
★ジニアさんの【Gray Room】の日記11/29
★みつるさんの【Noblerot】の11/28
★せづきさんの【Ethereal Distortion】のdiary


 

前日?祭】【大宇宙OFF】【惨事会】

G.C.L. 9th GIG ゾヲン局長はX-55で幽閉なのだ

レポートのページへ戻る

dice-jp.com > Iwasi Studio > Report > Cosmic Off 9th > The AI taosi
Back to RI-Foundation TOP > Delirium (N◎VA)

RI-Foundation