Gray Room OFF 4th - 第4回Gray Roomオフ

〜 第4回Gray Roomオフ 〜

集計結果】【1次会〜】【惨事会

 さて一次会です。人数が多かったのでふたつのマクドナルドに分散して軽食や打ち合わせのあと、某聖地で本番となりました。

Gray Room OFF 4th.


And so, they appeared on the story of a Flower .....

Handle: “真実の守手”氷室 マサト
Style: フェイト◎, バサラ, カブト● Age: 16 Gender:
Style Branch: ?
 テロ事件で両親を失い、残された妹も別のテロで失い、悲しみの感情を失った少年。茶色の瞳をした日系人。普段から笑顔を絶やさない穏やかな少年だが、心底怒った時にだけ笑顔が消える。天涯孤独となった後はワーデン社長のブロッカーの養子となり、養父とは別の道を歩むべくカブトは非常勤、探偵稼業を営んでいる。
 ‥‥数々の物語の後、探偵事務所は半孤児院となった。物語の中で助け、義理の妹にした少女が8人、同居していない妹分が4人、それでも事務所には今も助けを求める少女がよく訪れる。
 昔から引っ込み思案で歌手を目指していた幼馴染みの少女、桐沢天純(きりさわ・あますみ)。遂にデビュー寸前、一番前の席で聞いて欲しいという彼女に少年はチケットを貰うのだが‥‥?
Player: スタンピード
▼Gray Room御一行様OBのスタンピードさんでありまする。ヒロインの好みはポニーテーr(以下通信途絶)
 さ、さあExp227、いかにもPC1の主人公ぽい少年が出てきました。<※自動防御>状態から<元力:生物>で達成値を上げてリアクションする防御専門カブト。<※障壁>でダメージ減少、情報収集は<※事情通>や少年探偵団相当の少女たちで行うタイプです。
 ヒロインを拾う率ダントツTOPのフェイトとカブトが入っていることといい、年齢が若いことといい、詳細を知る前から怪しんでいたのですが。妹分がすでに12人もいます! なんてハズカシイ!(*/∇\*)キャッ
ヒロインズの声援がチアエンジェル相当だそうです。プロファイルシートだとコネが書ききれず<電脳><コネ:メイ>、<売買><コネ:ルフィ>と既に一般技能が侵蝕されています。マサト先輩は電脳を学ぶ気がまったくないようです。

 財団の偵察が及んだ中ではじもぴー仲間のグラホパーズの某若カブトスタイルがまったく同じやることがまったく同じで、私的にかなり受けてしまいました。(でも向こうは拾ってるだけで妹にはしていない)
 というわけで、みんなヒロイン拾うの好きだなぁ〜 (´ー`)y-~~~
 ついでにマサト少年の個性を確立すべく、裸の少女のヒロインが出てきて拾うシナリオをわざわざ後輩のIBさんやカクタスさんが作ってくれたそーでーす。いやー、GrayRoom御一行様は違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~


Handle: “血塗れの猟犬”椎名 あやめ (“ブラッディ・ハウンド”しいな・あやめ) 【Profile
Style: イヌ◎, アラシ, カブトワリ● Age: 24 Gender:
Style Branch: アラシ:パンツァーイェーガー
 ハウンド機動捜査課にヘッドハントされた女性隊員。21の時にST☆Rで結婚したが、賞金首の犯罪者に新婚の夫を殺されて復讐を決意。女性の腕力のなさをカバーするためにハンドガンの零距離射撃の訓練を積んだ。
 バウンティーハンターとなり1年、夫の敵をN◎VAで討った後にハウンドへ。現場では冷静に指揮をとるが、ひとたび銃を抜くと復讐鬼と化す。
 千早冴子課長に呼び出されたある日。任務は残虐実験を行った受刑者が脱走したのを追うことだった。血塗れの猟犬はふたたび野に放たれるのだが‥‥?
Player: くろ 【coyote, colored darkness
▼某かーらいル・シンジケートの3人衆のくろどのがPC3です。なんかGrayRoomオフだとよく同卓になります(笑)
 イヌ枠を埋めるために最近考えて現れたのは機捜課隊員。<※増援>や<※バッヂ>を使ったり、<※オーヴァーレヴ>でアクションランクを増やした状態から至近距離に飛び込み、ワン・オブ・サウザンドつきのP10<※ガンフー>射撃で大ダメージを与えるタイプ。至近距離以外は攻撃手段がないという潔さです。ガルーダを起動すると性格が変わるそうなので、銃を抜くとトリガーハッピー(ブランチ名にあらず)になるタイプか?
 くろWorldには女性キャラが割と珍しいのですがデビウとなりました。やっぱシンジケートは違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~


Handle: “Dr.Death”岐波 吼児 (“ドクター・デス”きば・こうじ)
Style: タタラ◎, チャクラ, クグツ● Age: 20代後半 Gender:
Style Branch: チャクラ:カンフーマスター
 千早系子会社のひとつ、チハヤ・メディカル・エレクトロニクス(CME)の技術スタッフを名乗る、痩せ型に長髪眼鏡の温和な青年。だがその実後方処理課員であり、接触しただけで相手の体を爆破するごとく破壊できる一子相伝の暗殺拳の使い手。弟が二人おり、家族もいる。あの千早牙門の弟であるという不可解な噂まである。ドクター・デス、略称DD。
 早川美佐課長からの緊急の呼び出しは、千早重工関係者が何人も体が崩れた奇妙な死体で発見されたという知らせであった。ドクター・デスでしか為しえない任務に、ドクターは就くのだが‥‥?
Player: YAMAGE 【毒MAGE(Poison Mage)
▼オンセ『竜の住む星』の1周目(エレガント版の2周目も?)の舞台裏で暴れていた遊びに来たYAMAGEさんです。フクモリさんとセットであちこちに出没します。あんじーわーるどの『Endless Scream』でも会いました。
 さァ何やら4人のキャスト中ひときわうろんな香りを放っているExp64のドクター・デス。<白兵><運動>に<※徹し><※爆破工作>で相手の体を内側から破壊してアベシにします。ぶっちゃけ世紀末救世主伝説の世界出身でアミバ流北斗神拳の使い手です。北斗神拳は一子相伝のはずですが秘孔を突いて<※実験体>を<※教授>してきます。
 外見はストレイライトのジョン・ドゥの髭をそった白衣のメガネ優男系だそうです。他のキャストがコネを結ぶのに外界しか思いつかないのも無理はありません。やっぱアルドラ萌えの人は違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~
 そして、プロファイルシートの武器欄の[名称]と[攻]に書いてあるコトバを上げておきましょう。

北斗神拳  爆+13


Handle: “スカイ・シーカーズ”マクシミリアン=ダグラス 【Profile
Style: ニューロ=ニューロ◎●, ハイランダー Age: 13 Gender:
Style Branch: ニューロ:ウィザード
 新帝大付属中学校に通う2年生、緑の瞳に紅茶色の髪をした白人の少年。カスタムのサイバーデッキを操って電脳空間を飛翔し、学校ではおとなしめだがウェブのことになると大胆になる純粋な少年。
 ある時、機能を停止した軌道衛星を制御する竜の女神ティアマトーを助けたことから、自律型AIの青竜スカイアと共に電子の虚空を旅することとなった。キャンベラAXYZ生まれで、母と離婚した父はSSS刑事部のマーチン・ダグラス刑事。
 マサト先輩に新しい妹ができるたびに戸籍改竄をちょちょいと頼まれたりしていたある日。知り合いの腕利きのニューロ、桐沢 孝明(きりさわ・たかあき)があるデータを一方的に預けてきたのだが‥‥
▼なんか『大阪サプライズ』の貴方に薔薇をにヒソカに反応した人が多くてガクガクの新キャラのマックス少年です。いけませんよ! あの日はPC5で今日はPC2。逆から読んだらPC1なんてうろんな屁理屈はアルファの姫に頼んでポポイのポイです。財団にPC1などおりませぬ!


Ruler: 神無(かみな) [プレアクトテキスト&スレッドの倉庫]
▼はるばる九州からお越しの元GrayRoom御一行様の神無さんです。ジニアどんの高校時代の先輩だそうです。なんか地酒が安いとのことで土産に焼酎をいただいてしまいました。(はは〜)


(注:このシナリオを遊ぶ可能性のある方は見た後で適当に忘れてください。)



シロツメソウの調べ

〜 シロツメソウの調べ 〜


N◎VAの地に 2秒に1度は吹く風が シロツメソウの幸せ奪い
N◎VAの地に 10分に一度しか来ぬ壁が シロツメソウを風から護った

街の風は吹き荒び 壁は罅割れ
隙間から吹く風が シロツメソウの詩を変える

壁は自らの限界を知り 新たな壁に願いを託す
己が愛した優しき調べの再来を

トーキョーN◎VA the Detonation
「シロツメソウの調べ」

悲しき調べを止めるのは ただ運命の壁のみ
 

Opening Phase

 解き放たれた檻からは、何かが出てこようとしていた。

「ようこそ、素晴らしき世界へ。私の可愛い可愛いシロツメソウ‥‥」

Melody of Trifolium repens

 “真実の守手”こと氷室マサトは幼なじみの桐沢天純と街で待ち合わせしていた。回りにも待ち合わせ途中のカップルが多い中で、しばらくしてから彼女が小走りにやってくる。ウェーブの掛かった長い髪、頭の上で結い上げたポニーテール。ちなみにブレカナのアクアSSS『殉難の笛』の表紙イラストに出てくる笛を持ったカルリーネのような外見であるそうな。
 ちなみにポニテだったのはスタンピード先生の強い希望に合わs(以下 通信途絶)

天純「ごめん、待った?」

 回りの中の人たちがガクガクしたり衝撃を受けたり身もだえするようなラブロールがしばらく続いたあと、天純はもじもじしながら言った。

天純「ねえマサト、月曜‥‥空いてるかな (*゚ー゚)」

 歌手を目指しておりペルソナもカブキな天純は、オーディションを受けたのだった。

天純「私、最終オーディションに残ったんだ (*゚▽゚)」
マサト「そうか。必ず行くよ (ぐっ)」

 またまたラブい場面が続いた後、二人は待ち合わせ場所を離れることにした。回りは大人の恋人同士ばかりで、まだ10代の二人には刺激が強かったのだ。

天純「行こう。美味しいクレープ屋、知ってるんだ」

Melody of Trifolium repens

 チハヤ・メディカル・エレクトロニクス所属技師のドクター・デス、DDこと岐波 吼児は、もうひとつの所属部署の課長から緊急の呼び出しを受けていた。折りしもドクターは休暇中だった。

早川美沙「休暇中にごめんなさいね」
DD「やれやれ、仕事ですからね」

 家族とチャイローンに行く予定だったDDはアロハシャツに浮き輪というリゾートスタイルで空港を歩いていたところを呼び出されたのだ。格好もそのまま駆けつけたのである。
 課長が見せたのは、体が半分崩れたような奇妙な死体の数々だった。千早重工の関係者もいる。

DD「知った顔が何人もいますね‥‥」

Melody of Trifolium repens

“血塗れの猟犬”椎名 あやめは自分をバウンティ・ハンターからハウンド機動捜査課に拾ってくれた氷の猟犬の前にいた。

冴子警部「これが例の凶悪犯罪者なのよ‥‥」

 そこには赤い髪をした女性のタタラが写っていた。ロキ。なんでも、軌道刑務所アスガルドの第四層を脱走した凄い人物なのだという。
 氷の猟犬は3つの理由を挙げ、血塗れの猟犬は敬礼した。

あやめ「了解しました」

 千早冴子は忘れていたように、捜査費用の3シルバーを手渡した。

冴子警部「無理はしないでね」
あやめ「はっ。わきまえているつもりですが‥‥」

Melody of Trifolium repens

 無限に広がる電脳空間。AIの竜を従えて光の海を飛んでいたマックスの元へ、城門のような視覚イメージを持つアイコンがやってきた。“ゲイト”と呼ばれるそれは、マックスも知っている桐沢孝明(きりさわ・たかあき)という腕利きのニューロのものだった。

 自信過剰な能書きの後、孝明はマックスに何かのデータが収められたクリスを渡した。

桐沢孝明「じゃあな。俺の熱狂的なファンが追いかけてくるかもしれん。それまでお前に預けておくぜ」
マックス「待ってよ、孝明さん! (・о・」

 それは遠回しに、自分に何かがあった時にそのデータを託し、妹を頼むというものだった。

 それから何日か経ったあと。学校から帰ってきたマックスが家でおやつを食べていると、耳の早いN◎VAスポが殺人事件と題してニュースを報じていた。場所はアサクサ方面、桐沢兄妹の家のあたりだった‥‥

Melody of Trifolium repens

 CMEの最終オーディション会場。愛する天純のためにマサトが野外の会場を訪れると、始まる前から会場は賑わっていた。一番前のマサトの席。

 その近くには部下を従えた稲垣司政官の姿もあった。あやちゅあ〜んの次のブルーベリーた〜んの次の新たな歌手発掘に来たのだろうか。それどころか椅子の2列目は全員黒服の男たちが占領している。さらに全員が気合の入ったLOVEハチマキを締めていた。
 会場にはあの“ソウル・フィクサー”佐村和哉の姿もあった。今は女優に転進した結城あやも、特別ゲストとして招かれている。
 生温かい雨が降る中、オーディションが始まる。だが、17番の桐沢天純の名は何故か呼ばれなかった。雨が降りしきる中、オーディションはそのまま続き、やがて恋人の名は忘れ去られたまま終わった。

 心を痛めたまま氷室マサトが帰っていくと、雨の降りしきる路地裏で二人の人影を見つけた。傷ついた男が気を失った少女を抱いたまま、雨に打たれている。

マサト「天純‥‥?」
桐沢孝明「俺の悪運も尽きてないようだな‥‥」

 妹をマサトに託すと、兄はどこかへ消えていってしまった‥‥

Melody of Trifolium repens

Research Phase

 相変わらず災厄の街は雨に包まれていた。氷室マサトは着ていたコートを少女に掛けた。やがて少女は息を吹き返す。

天純「‥‥ううん‥‥マサ‥‥ト?」
マサト「ああ。僕だ」
天純「オーディション‥‥駄目になっちゃった‥‥ (ひしっ)」
マサト「濡れねずみはよくないよ」

 そしてここには書けないようなラブいシィンがしばらく続く中、情報収集も進む。
 アスガルドを脱走した凶悪犯罪者のロキは最近鳴りを潜めていたレイド&ルーラー社に協力し、ある研究所を根城としていた。
 天純の兄の桐沢孝明は29歳、ニューロであると同時にナイト・ワーデン社に登録しているカブトでもあった。以前にレイド&ルーラー社に家族を人質にとられ、強制的に協力させられたことがあるという。復讐を密かに狙い、いつも夜遅くまでトロンをいじっていることが多かったという。
 そしてもうひとつ重要な事実が発覚した。桐沢孝明と妹の桐沢天純には実は血の繋がりはなく、義理の兄妹なのだという。

偽マックス「たいへんだよマサト先輩、今回ライバル多いよ!」

Melody of Trifolium repens

 雨は降り続いていた。
 竜を従えたマックス少年は公園の軒下のベンチで雨をしのぎ、愛用のサイバーデッキをいじっていた。桐沢 孝明が一方的に託してきたデータを解析してみると厳重に暗号化がなされ、3回使えるゴニョゴニョでないと破れないほどであった。
 ポケットロンが鳴る。画面に現れたのは、3年上の先輩であった。

マックス「先輩‥‥。また、ですか‥‥? (((( ;゚Д゚)))」
マサト「Σ(´□`;)」
一同の中の人「ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」

 中の人たちが笑い転げる中、二人は事情を話した。今回は戸籍改竄でなくまじめに大事な話らしい。マサトは1ゴールドを渡し、マックスは協力を約束した。ちなみにふだんの戸籍改竄の代金はシルバーどころかジュース1本らしい。(ノ∀`)アチャー
 桐沢天純は現在18歳でなんと氷室マサトより年上、ふだんはいかがわしくないBARで働いているという。現在は行方不明だったが‥‥?

Melody of Trifolium repens

 変革の風の吹く時代にはすっかり鳴りを潜めた(出てこないだけとも言う)悪名高いレイド&ルーラー社。その息の掛かったラボを実地調査していた椎名あやめ隊員は、奇妙な人物に遭遇する。

 白衣に眼鏡の一見優しそうな青年医師。千早重工の命でやはり同じラボを調べていた岐波 吼児であった。

あやめ「あら、こんなところで」

 ハウンド隊員と後方処理課、腹の探り合いの混ざったアヤしい会話が続く。一緒に調査を続けた二人は障害に突き当たった。調査に<電脳>が必要なところ、二人とも持っていなかったのだ。ここは誰かに頼るべきであろうか。だが氷室マサトに至っては電脳技能を消してコネを書いている始末である。やっぱPC1は違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~

Melody of Trifolium repens

 マサト先輩の家が留守であることを知ったマックス少年は、話を聞いて桐沢天純の自宅へと向かった。流石に13歳でも先輩の好きな人の家ということで緊張して待っていると、マサト先輩とエプロンをした彼女が出てくる。

DDの中の人「やっぱフリルつきのエプロンでしょう (*´∀`)=3」

 DDの中の人の萌え妄想とマサトの中の人の希望とかRLの中の人のアレやソレが諸々あって、家の中ではギャルゲーもかくやの光景が繰り広げられていた。体調が回復した天純はエプロンで気合を入れると、甲斐甲斐しくお菓子を作ってくれていたのだ。

マックス「な、なんか‥‥ゲームの中みたいですね (゚o゚)」

 呆然とメタ発言をする少年の前で、<芸術:料理>に<※マエストロ>にアレやソレが加わって達成値は20台後半を記録するッ! いかにもヒロイン然とした微笑みと一緒に、お盆が差し出された。

あやめの中の人「すごい、<芸術:ダメ料理>じゃないんだ‥‥」

天純「はい、あなたもどうぞ♪」
マックス「あ‥‥ど、どうも」

DDの中の人「うーーーまーーーいーーーぞーーー!」
マックスの中の人「ええぃ、んなこと言うかぁぁヽ(`Д´)ノ」

 だがそれはともかく、クッキーは本当に美味しいものであった。

マサト「ありがとう、天純」

マックス「(コソーリ) 先輩! 今度の妹はすごいですね!(☆▽☆」
天純「(きょとんと首をかしげて)‥‥いもうと‥‥??」
二人「な、なんでもありません (゜∀゜;≡;゜∀゜)」

 マックスがタップを開き、データの視覚イメージをスクリーンに示して兄から託されたことを話す。天純も身を乗り出してその画面を見た。マサトはふとその後ろ姿に気がついた。ポニーテールに結い上げたうなじ、後ろの首筋に、認識票のような模様が皮膚そのものに刻まれている‥‥。

マックス「やっぱり、この中を覗いた方がいいんですかね」
天純「ええ、お願いします」
マサト「ああ。やってくれ、マックス」

 中学生の少年ニューロは不敵に微笑んだ。

マックス「「そう言うと思って、もう解析しておいたんです。孝明さんは確かに優秀なニューロだけど、コーディングに癖があります。暗号化の部分にランダマイズが足りないから、暗号鍵の構造に共通点があるんですよ。‥‥行け、スカイア!」

 理解不能なニューロ語を喋る少年の命に従い、スクリーンの中で電子世界の青銀の竜は《電脳神》の閃光となって殻を破る。
 隠されたデータは何かの分子構造図と、メッセージフォルダであった。メッセージフォルダにはまたもや『復讐の彼方に願う想いは?』と謎掛けがしてある。

 いろいろ考えたマックスがキーボードからある単語を打ち込んだ時、鍵は開き、画像が再生されていった。

Melody of Trifolium repens

 そこには傲岸不遜にソファに座っている桐沢 孝明の姿があった。

孝明「なるほどな。お前がこれを見ているということは‥‥」

 シナリオにはよくある死にフラグが現実となったゲストの台詞が続く。データにはレイド&ルーラー社のゴニョゴニョな計画、協力しているゴニョゴニョな女タタラのロキなどが明らかになった。最後にはどこの製品だろうか、新型タップの受領書が《ファイト!》ぢからと一緒に入っていた。

孝明「マックス、お前が前から欲しがってたヤツだ。妹をよろしくな」

マックス「‥‥あの人、相変わらずかっこつけすぎだよ」

 現実世界の少年は首を振り、そして氷室マサトが知り合いであるドクター・デスを家に呼んだ。

 分子構造図には集合無意識画一化計画というゴニョゴニョな計画のことが書いてあったのだ。空気感染しないヒルコの細胞を使った激しくゴニョゴニョな計画である。奇しくも、岐波 吼児と椎名あやめが追っているものと大きな繋がりがあった。

ドクター・デス「とんでもないことに巻き込まれましたね‥‥」

Melody of Trifolium repens

 面々は合流するために喫茶店に向かった。もう雨は止み、道も歩けるようになっていた。

天純「あっ (/o\)」
マサト「大丈夫かい、天純」
天純「ごめんなさい、パンプスが脱げちゃって‥‥(ひしっ)」

 ヒロインがしなだれかかって、またまたハズカシイらぶしーんの嵐。回りが微妙になったりあれやこれで一行は合流する。
 シロツメソウを使ったゴニョゴニョは通常の人間では耐えられないゴニョゴニョであり、計画の中で天純は数少ない成功したゴニョゴニョであった。細胞レベルでゴニョゴニョなドラッグが出てきたり時間もおして来てアレやソレ。

 やっぱりゴニョゴニョだったヒロインの天純がやっぱり敵の手に落ち、物語は急ぎクライマックスへ突入する!

Melody of Trifolium repens

Climax Phase

 レイド&ルーラー社の秘密計画に使われていたラボ。
待っていたのは女タタラのロキ、精神を奪われ、暗殺者と化した天純、そして最新式のNR20サブマシンガンで武装した男のカブトワリ、五条であった。トループの群れも待ち構えている。

 一番最初に堂々と乗り込んだのは、やはりPC1ぢからをゲージMAXに貯めた氷室マサトであった!

マサト「そこまでにしてもらおうかっ ヽ(`Д´)ノ」
ロキ「彼女はただの実験体よ。どうしてそこまで? (´ー`)y-~~~」

Melody of Trifolium repens

 PC1ぢからはまず<元力:生物>の《天変地異》となって現れた。白い鳥の羽がひらひらとシーン内に舞い降り、トループが死亡する。
 五条がNR20でフルオート射撃し、目の前の少年を認識できない天純は《不可知》でマサトを殺す。

マサト「じゃあ今の攻撃に《真実》で回避」

一同の中の人「愛の力だなぁ〜 (´▽`)y-~~~」

 大抵のアクトではゲストの口を割らせるために使いどころが用意されているフェイトのトゥルースだが、これも立派な回避方法である。
 そして、ウォーカーには乗っていないが高機動ウォーカーと同じぐらい早く動ける椎名あやめは<※オーヴァーレヴ>でアクションランクを増やしていた。銃を抜いた途端にガルーダ相当の性格豹変、AR3から血塗れの猟犬は突撃する。

 時代はまよライト、“ジェットブーツ”で中距離からいきなり至近距離に飛び込み、女タタラのロキを<※ガンフー>で撃ち抜く。どこかのワイヤーアクション属性の女探偵と似た手である。
 大ダメージ23点は戦闘系タタラ御用達の<※パーソナルバリア>で減少、だがうっかりブラッドカバーで減ったらデスナンバーの11! やむなくロキは神業で回避したところ、AR2でも再び攻撃が炸裂、今度は25点!

マックス「その銃、スマートガン・システムは標準型だね!」

 主人公面々の後方遠距離に控えたマックス少年はサイバーデッキから網膜に投射される映像情報で電脳世界を同時に知覚できる。その命に従い、電子世界の竜は青い閃光となって新型SMGの射撃管制システムを貫いた。同時に現実世界ではNR20に火花が走り、FN Project90あたりがモデルと思われる高性能SMGは<※クラッシュ>される。
 驚いたカブトワリの五条に接近したドクター・デスの神の指が触れた。さァ、プロファイルシートの武器欄に書いてあるサムシングをいまいちど思い出してみやう。

北斗神拳  爆+13

 アミバ流北斗神拳は今回ダメージ23点。お返しに《とどめの一撃》が放たれ、さらにそこからCMEのメガネ優男は復活する。

五条「お前、何者だ‥‥! (ノA`)」

ドクター・デス「(きらっ)何、ただのサラリーマンですよ」

 まだ洗脳の解けない天純がドクター・デスを攻撃、セットアップから<※自動防御>で誰も通さぬリアクションの構えに入っていた氷室マサトが《難攻不落》で防ぐ。
 マックス少年も<※ポルターガイスト>の構えの中で、北斗神拳伝承者はアニマルモード起動で何やら服が破れて胸の北斗七星(ないけど)があらわになる構え! そして血まみれの猟犬と女タタラは一進一退の戦いを続ける。

あやめ「(ギラギラ)逃がしはしないわ‥‥生体銃器は《突破》で壊れるわね」
RLの中の人「Σ(´□`;)」
一同の中の人「ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」

 そして、2カット目。

マックス「待ってよ! ほんとうは、先輩の声が聞こえてるんでしょ?」

 傷つけあうのを望まないマックス少年と、アクト前半からずっと時間を危惧していた中の人の《天罰》でようやく敵に回っていたヒロインの天純は我を取り戻し、カット進行を放棄。カブトワリの男は倒れ、そして危険な雌の猟犬と女タタラの戦いもようやく決着がついた。
 至近距離から放たれた千挺に一挺のP10の零距離射撃が、ロキの体を撃ち抜く。

ロキ「な、なぜ‥‥ ('A`)」
あやめ「(ギラギラ) あなたが私の前に立ちふさがったからよ」

Melody of Trifolium repens

 我を取り戻したヒロインの天純は、氷室マサトの腕の中に抱きかかえられた。

マサト「倒れはしない‥‥踏みとどまるといったはずさ」

 さて、首筋の認識票が示すゴニョゴニョでゴニョゴニョの力を持つ天純のゴニョゴニョを直し、マサト少年が天純ルートのハッピーエンドを迎えるには神業が必要だ。人の生死を操り、様々な奇跡を起こしてきた“Dr.Death”の出番である。

 岐波 吼児はゆっくりと白衣を脱ぐと、腕をまくった。人体に存在する秘孔を突き、様々な技を持つ北斗神拳伝承者の繊細な指があらわになる。

ドクター・デス「さて‥‥今回の手術、道具は必要ありませんね」


一同の中の人「(総ツッコミ) いつも必要ないだろ! (;゚∀゚)=3」

Melody of Trifolium repens

Ending Phase

 千早重工後方処理課3班オフィス。チハヤ・メディカル・エレクトロニクスの仮面を被った岐波 吼児のもうひとつの所属先である。
 大変な有様になったレイド&ルーラーのラボやその他もろもろ、今回の事件解決には様々なことが起こった。写真を見ていた美沙課長もツッコんでくる。

ドクター・デス「何のことだか分かりませんな〜 (´▽`)y-~~~」

 ゴニョゴニョで隠した後、気を取り直した課長は電話を取り出した。

美沙「それはそれとして、中断していた休暇を再開するわ。チャイローンだったわね、ゆっくりしていって。そうご家族から電話が掛かってきてるわよ」

 画面にはもうチャイローン・ジャンクションのリゾート地のパラダイスが映っていた。

こどもたち「パパ、はやく来てよ〜 (*゚▽゚)」

一同の中の人「(総ツッコミ) 一子相伝はどこ行ったんだYO! (;゚∀゚)=3」

Melody of Trifolium repens

 ブラックハウンド機動捜査課。銃を抜くと性格が豹変する危険な血塗れの猟犬はその牙を収め、元の穏やかさを取り戻していた。

椎名あやめ「任務、完了しました (敬礼)」
冴子課長「様々な付随事項については、今回は多めに見ましょう。相手は相当の手練でしたからね‥‥ (-_-;)」

 そして氷の猟犬の計らいで、血塗れの猟犬はしばらく休暇を取ることとなった。

あやめ「いえ、でも‥‥?」
冴子課長「いいのよ。猟犬には休息も必要だから‥‥」

Melody of Trifolium repens

 中の人が時間を優先したマックスは自分のエンディングを放棄。

 そして肝心の氷室マサト少年のエンディング。様々のアレやソレが実ってフラグも立ち、無事に今回は天純ルートの天純エンドを迎えることができたのだ。CG回収もコンプリートである。‥‥アレ、なんか間違ったこと言ってる?

 未成年でも入れるらしい洒落たBAR“サンセット”。
 今夜は、天純がピアノに合わせてひとり歌を歌っていた。

天純「今夜は‥‥ほかの誰でもなく、愛する男性ひとりのために歌います」

 静かなBARに響き渡る澄んだ歌声。ムーディーなシーンに嬉し恥ずかしのラヴが満ち、二人は手を取り合った。

マサト「(ひしっ)でも、ぼくだけの力じゃないよ (´▽`*)」
天純「(ひしっ)できれば、コンサートで歌いたかったのだけど‥‥ (*´▽`)」

 そんなラヴな二人を、残りのキャスト面々はみんなで生温かくいやいやもちろん、温かく見守っているのだった‥‥はずだが一人欠けていた。
 椎名あやめが振り返ると、外から窓を叩いている少年の影があった。こどものマックスはオトナの店に入れなかったのである。
 あやめお姉さんが中に入れてくれた。マックスは手に持っていた箱入りの最新型タップの包みを、二人の恋人たちに差し出した。

マックス「これ、あげます。二人で使ってください。先輩も少しは勉強したら? ぼくにはもうこれがあるし、テラウェアの新型なんていらないよ」

 それは、天純の兄の桐沢孝明の託したデータに入っていた《ファイト!》ぢからの篭もった新型タップ受領書の実物。前から欲しがっていたと孝明の台詞で自動的に決められたものであった。

 プロファイルシートが<電脳><コネ:メイ>になっているマサト先輩も笑い、さすがに考え直す。

マサト「そうだな‥‥。少しずつ、勉強してみるとするか」
マックス「うん。本物のカウボーイは、みんな自分用のデッキを持ってるものなのさ ъ( ゜ー^)」

 少年が指差すと、BARの窓の遠く向こう、千早アークのビルのひとつの壁面の明かりが一斉に消えた。一斉に灯ったイルミネーションが次に示したものは、for Masato, with Love の文字とシロツメソウの絵だった。

 それを眺めながら、氷室マサトと桐沢天純は肩を寄せ合った。
 BAR“サンセット”の夜は、静かに更けていった。


And so, the curtain dropped,
after sight of the Flower .....

-XYZ-

Melody of Trifolium repens

 ぽわぽわーん。というわけで正面きったラブロマンスアクトで聞いている人が恥ずかしくなるくらいクサイ台詞が飛び交うと事前に言われていたアクトは終了。いやーまったくその通りでした。ギャルゲーそのまんまのようです。いやーボキュには絶対無理だなぁ〜(遠い目で)
 このページに書いてあることは、恥ずかしかったりメモしてなかったりアレやソレでかなりあちこち省略してはしょっています。実際にはスタンピード先生のマサト君のラブい台詞がもっともっともっともっと沢山沢山ありました。いやー、やっぱPC1村の人は違うなぁ〜 (´▽`;)y-~~~

 アクト中はPC1のマサト少年と後輩のマックスがコンビを組み、自然とPC3のあやめおねいさんとPC4のドクター・デスがコンビになる形で進みました。自然とビッグナンバーのPC3,4が後手に回る感じで椎名あやめが個性を発揮できるシーンがあまりなかったので、反省点としてはもうちょっと接したかったなぁという所なのですが。その分は戦闘中に性格豹変してハッスルしていた感じです。

 観察していてアクト序盤からゲストのオレカッコE演出やRLシーンが長く(僕の目からすると残念ながら少々しつこく、くどいほどに)、アクトの時間的なリソース総量への影響を危惧していたのですが、予想通りの事態に。
 某聖地の使える時間は総計7時間、準備諸々を入れると2シナリオ3時間3時間で行ってちょうどうまく終わるぐらいだったのですが、12時過ぎに部屋に入って準備、『シロツメソウの調べ』は最後のほうで流石に急ぎ目になりましたが、それでも実質約3時間45分程掛かってしまいました。

 GrayRoom御一行様のエムさんやIBさんや魔王ジニアさんは、観察しているとやはり僕らとは世代の違いからプレイスタイルの違いもあります。情報項目形式での技能判定のみのリサーチや、数の多くない情報項目、あまり複雑でないシナリオ構造、それほど細かくない演出具合などからアクトに掛かる時間は短めです。前のオフ会での『ストームナイト』も2時間25分、『わがままな男の街』も2時間、普段も2時間ベースで遊んでいると聞いています。
 神無さんも元GrayRoom御一行様なので(笑)同じような感じなのかなぁとなんとなく予想してそこに期待していたのですが、読みが甘かった感じでした。

Gray Room OFF 4th.

 というわけで終了後大急ぎでRLの準備をセットアップ。時刻は既に16時10分、ここからキャスト紹介などをしていくと実質使える時間的リソースがたったの2時間30分しかありません。ガンガン飛ばしていかねば!(;゚∀゚)=3


And so, they appeared on the stage of Gray World .....

Handle:燐光の騎士(リヒテン・リッター)”シュラーク・アインツィヒファーデン
Style: カブト◎●, バサラ, チャクラ Age: 16 Gender:
Style Branch: -
 1年前にナイトワーデンに所属したばかりの弱冠16ながら凄腕のカブト。MOONのとある事件で力をつけスタイルチェンジ、一流の騎士へと成長した。先祖代々の器物を操る力を持つ。
 英国史に残る悲劇の女王メアリー・スチュワートを守った黒騎士ブラフォードから“Luck&Pluck”と刻まれた大剣と焔の力を授かり、剣に走る青白い焔があらゆる闇を吹き飛ばす様から“燐光の騎士”の名がついた。
 現在はヒルコの元暗殺者の少女ミィナと仲睦まじい二人暮し。ニューロエイジには珍しいはずの優しい少年で純情・熱血・されど温和。
 真教大司教イサク・クリストパルの警護を務めた折、N◎VA23号線爆破事件を未遂に何とか抑え名声を高めた折。大司教の姪の若きオーレリア枢機卿を護衛することに。真教の救世母の見守る教会で、まだ娘の年齢の枢機卿に守護の誓いを立てるのだが‥‥?
Player: 神無
▼実はカブト枠はシンジケートのくろさんだったのですが、元殺し屋の神父の“血の十字架”ベルナルド・テンツァーが微妙にこのシナリオの雰囲気に合わないことからメンバー決定後にすばやく変更しました。
 さァそしたらいかにもえらく主人公っぽいのが出てきましたよ(笑) 僅か16で凄腕ですからねえー。大きく出ましたねー。メアリ女王は史実上の人物、黒騎士ブラフォードと聞いて男性読者のほとんどはJoJoの第一部を思い出しそうですが、深くツッコミませんでしたがどうも本人から剣をもらったようです。山吹色の波紋疾走をしてくれるのでしょうか。嘘です。
 シュラークは混血児を取って<元力:火炎(正)>と<元力:器物>持ち。<※自動防御>でアクションランクを増やしてリアクション専門、器物と<※無敵防御>で達成値を伸ばし、場合によっては奥の手の<■ク・フレ>で超☆巨大レジェンダリーなアウトレイジか“ヘキサキューブ”で距離を伸ばした元力攻撃で反撃するタイプです。ウェットですがExp320、かなり強力ですね。<コネ:ミィナ>(2) PLの少女ミィナはなにやら地元で遊んでる時の別の方のキャストだそうで、記念に名前を出しといてくれと出発前に言われたとかなんとか。とゆことで財団レポでも晒していやいやいや名を挙げさせてもらいまする。
 最初はハンドルから<※元力:光学>使いなのかと思って、下のフレイルとちょうどいいライバルになるかな〜とイメージしていたのですが予想が外れました。でもライバルっぽくいいカンジになったのです。プレイ中は僕には分かりませんでしたが、もでるはラノベの『ウィザーズ・ブレイン』の天樹錬のようなカンジらしいです。
 しかし大事なことがある! おいみんな! こんないかにもシナリオのヒロインとラブラブしたそうな若カブトのくせに彼女がいて完結してるぞ!(;゚∀゚)=3


Handle: “死の黒剣”久我 刹那 (“しのこっけん”くが・せつな)
Style: カタナ◎, レッガー, チャクラ● Age: 24 Gender:
Style Branch: チャクラ:アスリート
 ストリートキッズ出身の腕利きの殺し屋。ある事件を気に人を殺すのが嫌になり、現在は自称“トラブルシューター”の看板を出して活動中。だが結局殺しの技術しか知らず、現在でも殺しメインの何でも屋を営んでいる。
 ストリートの片隅で貧乏な暮らしをしている、貧乏性で気の短い銀髪ツンツンの長身のお兄さん。両手に装備した黒塗りのダブルブレード(スラッシャー相当)が死をもたらすことから“死の黒剣”と呼ばれる。口癖は「やべぇ、死ぬかも」。
 かつてストリートの闇の中で生死を掛けて戦った一人、インドの女暗殺者カリシュマ。しなやかな体、浅黒い肌によく映える銀髪のアウトカーストの無手格闘術使い。そんな彼女が自宅を訪れてきた。だがすさんだ死の匂いは消え、表情も何か安らいだものとなっていた。ずっと女らしくなっていた彼女が頼んできたのは、N◎VAを来訪する少女の枢機卿の警護チームに加わって欲しいという依頼だったのだが‥‥?
Player: YAMAGE 【毒MAGE(Poison Mage)
▼アルドラたま即萌えのYAMAGEの旦那です。中の人もガタイがいいので、ツインタワーの2人と並んで集合場所で目印になります。(おい)
 あんじーわーるど体験『Endless Scream』でもうちの人斬りとゾンビを斬りまくっていた久我刹那、ブランチの<チャクラ:アスリート>と<※イカサマ>で達成値を上げ、<※修羅><※鉄拳>で斬りかかるタイプ。スートが合えば奥の手の<■二天一流>も持っています。プロレス+香港アクションの世界に生きています。よくあるシナリオのPC5のカタナ枠がいけそうなカンジですね。
 アクト中はこども連合を脇に置いた大人のほのかなラブ未満のシーンがエレガントに光っていました。PC2こそ真のPC1だった!(;゚∀゚)=3


Handle:戦乙女の光槍(ヴァルキリー・ジャヴェリン)”フレイル 【Profile
Style: バサラ◎, チャクラ, ヒルコ● Age: 18 Gender:
Style Branch: ヒルコ:マシンチャイルド
 幼い頃にレッガーの抗争に巻き込まれて家族ごと死亡、バサラ能力を認められて聖母殿にて再生、改造、戦闘のためらいを洗脳されて蘇った少年。聖母殿退魔局13課のジョルジョ・ロッソ司祭に仕える私兵エージェント・フレイルとして活動するかたわら、普段は新星帝都大学付属高3年として通学している。その名の通り強力な光の槍や壁を自在に操る能力を持つ。
 自らの生きる意味を求め、いつか自由に暮らしたいとは思いつつも戦いにおいては戦闘人形と化す、少年・信徒・獣の3面の顔を持つ存在。
 聖母殿が追っていた謎の能天使“緋色の枢機卿”の手掛かりは、南米まで追ったにも関わらず皆無。そして高校は出席日数がヤバくなってきた頃。表の真教教会の依頼で、聖母殿はオーレリア枢機卿の警護チームにエージェント・フレイルを派遣した。
 房総南国際空港に降り立った枢機卿の出迎えで、戦乙女の光槍の実力は早くも試されることとなった。不審なトランクにフレイルだけが気付いたのだが‥‥?
Player: くろ 【coyote, colored darkness
▼かーらいル・シンジケートのくろどのです。“血の十字架”ベルナルド・テンツァーがこのままPC3バサラ枠かと思いきや、フレイルがやりたいということなので素早くそうして調整終了しました。
 新年にさるメンバーで行なわれた『シンジケートとGX-D計画』GX−D体験記/今日こそグラペケのアクトレポを‥‥!/I don't Know But I wanna Be who please somebodyでも見たことがあるので安心なダロ生命体のフレイルたん、《黄泉還り》を頼りに<※呼吸>でリアクションを放棄、<元力:光学(正)>で達成値を上げた<※鉄拳>で反撃するタイプ。<※障壁>や<※咆哮>でダメージ操作が行なえ、奥の手の“スプートニク”もあります。ブランチ<ヒルコ:マシンチャイルド>では“妖血印”などの強力な義体用対アヤカシ装備を揃えています。ちなみにジョルジョ・ロッソ司祭がスプートニク相当と聞いたのですがどんな達成値の上げ方をしてくれるのでしょうか。
 TRPGのキャラにはよくある、学校には「アクトの合間に通っている」ダロ生命体なのですが。それってほとんど行ってないのと同じじゃ〜! ちなみに外見はゲームの『ゼノサーガ』のビリーぽいとこの日初めて知りました。
 アクト中はPC1のシュラークと歳が近いのでよいコンビになりました。頑張れフレイル! PC1はオーレリア枢機卿を狙うと見せかけて彼女持ちだ! 蝶☆頑張れ!(;゚∀゚)=3
 ごめん嘘。頑張ったらロッソ司祭にきっと処刑されるぞ! ここでPC4のニナたんと仲良くなるという手も(ry


Handle: “ピース・オブ・スマイル”佐奈月 二ナ
Style: トーキー◎, ニューロ, マネキン● Age: 外見14/実年齢18 Gender:
Style Branch: ?
 最初のグランド・クロス事件で両親を失い、自分も脳死に至る大怪我をした少女。青い目に黒髪の小柄な日系人。ある女性トーキーの尽力で復活したが脳死期間が長かったため、体の成長が遅れている。
 自分を引き取ってくれた女性への恩返しと自分の生き方を探す為、SDAメディア学部高等科2年に在籍、トーキー見習いとして活動中。ある事件での男性との出会いで方向性を定め、“誰かの笑顔のための暴露”を目指して邁進中。卒業式シーズンを控え、旧ハンドル“キッズ・エクスプレス”から“笑顔の欠片”(ピース・オブ・スマイル)”へとパワーUPした。電脳を操る素質にも優れる。
 メディア界も追っていたものの正体が掴めずにいた能天使“緋色の枢機卿”。そんな折、房総南国際空港での爆破テロ事件を追い、ニナは九条政次と共に現地に飛んだ。自分を省みず負傷した側近たちを心配する少女の枢機卿の姿に九条は感動し、ニナも彼女の笑顔のための報道ができればと、ふと思うのだが‥‥?
Player: スタンピード
▼GrayRoom御一行様OBのスタンピードさんです。さっきはPC1だったので今度はちょうどよくPC4となりました。
 なにやらイラスト欄に色付きの萌え萌えした少女のイラストが書いてあるニナ、<※壁に耳あり>を始めとした充実した調査能力の他には電脳からの<※毒舌>による精神攻撃、<※ポルターガイスト>によるリアクション能力も備えたフロッパーの少女トーキーです。
 ハンドルのピースには“平和”の意味も掛けているそうでした。まよライトにも載った魔王ジニア先生の千早夏芽もハンドルが“陽光の欠片”だったので、GrayRoom関係の女性トーキーはみんな“ピース・オブ〜”なのかなぁとか、CNNの地下には女性トーキーだけの円卓騎士団とかあるのかなぁ(←いや、絶対ないから)とかふと思っていました。
 シナリオでの枠ごとの役割が明確になったD時代ですが、大抵強い直接戦闘能力などが求められているのは他の枠にあることもあり、比較的無力な少女や女性、少年などで支援系を伸ばしたトーキーのキャストは昔からよく見かけます。僕もそういう人物を使っているので言えるのですが、そういうトーキーは使いやすいですね。ニナもそのへんを考えているなぁと思いました。
 というわけで! OPからオーレリア萌えの九条をスマイルぢからで何とかするのだ!(;゚∀゚)=3


Ruler: 自分なので何も(以下略)

 例によってシナリオを考える時間がなかったのと、せっかく\2000出して買った同人誌なので使ってみようということで、今回のオフ会では各所でネタとなった『ニューロDECK』通称TSS(Tutaya Scenario Support)から1本やることにしました。ツタヤ☆先生ありがとう〜 ピンクでなくてエレガントでしたよ〜ヽ(´▽`)ノ
 修行さんどんのblog【修行さん感】の05/01/04最初の一本として推奨されていたのと、目を通した結果ちとアレな怪作も多い中で確かに比較的スタンダードだったことから、カブトシナリオの『Gray World』をチューンしてルーラーすることにしました。

 2004年12月のコミケでの発売直後から2chでもかなりネタになっていたTSS。キャストに何をさせたいのか、ゲストの行動目的、などなど色々記述はあるのに分かりにくいのは確かなのですが。
 対策としてはまず最初に読み込み。「ここはツタヤ的には本当はこう言いたくて行間にこう書いてあるはずだ」とタトゥーヤ☆先生のココロとシンクロ(それヤだなぁ)したキモチになって激しく読み込み、人物の描写や台詞で足りないと思う点は適宜補強、自分的にロールプレイしやすいと思う方向に適宜微修正。
 キャストは想定と違ってもシナリオの方を微調整して間口を広く取る構えでしたが、こちらはだいたい推奨どおりのメンバーが揃いました。
 キャスト陣が完全決定したところで、彼らがシナリオ内の物語に踏み込んだ時に描写や周りの反応がどう変わるかをイメージング
 Exp300台のシュラークを始め強いキャストが揃っていたので敵ゲストはブランチを装備、神業も計算してシナリオよりいくつか多く残しておくことに。
 参加キャストに関しては、フレイル少年は前にも見ていたのでデータ、人物像共に把握済み。久我刹那はもPLで見ていたので多少イメージは沸き、シュラーク少年と佐奈月ニナは事前の情報収集は無理でしたがBBSでの紹介で理解できたので、キャスト管理シートも完全用意。トレーラーとハンドアウトも全部修正して実アクト時にも紙で配布。
 と、準備はどうにか万全に揃った状態で臨むことができました。

 まあ準備として一番最初にやったことは。オープニングのとあるシーンに、丸ごと即座にバツ印をつけることなんですけどね。(虚 ろ な 目 で


 ちなみにシナリオに登場するヒロインの少女の枢機卿オーレリアは、ニャンともハシタナイことにツタヤ☆先生がその後、自分のキャストにしています。
 B卓2本目、浅間忍さんRLの『花と鳥』のあやさんや天色さんや紅河さんの卓にオーレリアが出てきています。(すらのば『オフレポその2』)
 ということで、同一人物がまったく同じ時間に、キャストとゲストで同時に存在することになりました。(それは どう なのか)
 とにかくピンクなあっちよりこっちの方がエレガントなのでしょう!
 ええぃ退け、卑小な人間共!(正体を現した緋色の(ピー)口調で) いわしマジックがシナリオを問わず効力を持つことを今回も示してやるわ!(;゚∀゚)=3 

[Gray World プレアクトスレッドの倉庫]
RI-Foundation】 > デリリウム > Other Writingz > 『Gray World -revised mix-』プレアクトテキスト
ぷれたつ】 > 同人誌『ニューロDECK』プレプレ > 『Gray World』



Gray World

〜 Gray World -revised mix- 〜


18の誕生日を控え、N◎VAを来訪する若き真教枢機卿、オーレリア・クリストパル。
その言葉は聖なる御言葉、癒しをもたらす正しき導きの言葉。
だが世界は白くはなく、全ての者がその言葉を受け入れるとは限らない。
灰色の世界に交錯する、幾つもの影。
それはテロリズムの影。悪鬼の影。緋色の影。翼ある影。
人々を祝福する彼女の前に、全ての影が収束する。

トーキョーN◎VA the Detonation
『Gray World -revised mix-』

備えよ。女帝を護る皇帝の札こそ汝らの象徴なり。
 

 ぽわぽわーん。何故か雪の降る房総南国際空港、BGMには映画『メイド・イン・マンハッタン』の主題歌『A Thousand Miles』が流れる中で、決意を新たに去ってゆく枢機卿一行をキャスト陣が見送る‥‥という非常に綺麗な終わり方でアクトは終了することができました。
 きっかり19時、大急ぎでポストアクトの経験点計算をやったところでちょうど予定時間終了となりました。やった〜、間に合った〜ヽ(´▽`)ノ
 短時間の対策としては目標値と内容をゴニョゴニョして情報を序盤から多めに与え、必須でないイベントを省いてイベントのある表舞台優先、強化していた敵のデータを一部手加減して調整することで対応しています。

 PC1のシュラークはなんとゆ〜かこういかにも主人公ぽい騎士でした(笑) 彼女持ちで(以下略)だったので距離を置いたPC1ぶりでいまいち目立たなかった、次は彼女なしの(以下略)でもっと本気の主人公を見せたいと神無さんがしきりに2次会で言っていたのですが、僕の目からするとあれぐらいでもう十分お腹一杯なので、あれ以上しつこくやられても逆効果だなぁというカンジです。
 PC2の久我刹那は真のPC1でした! 回りが子供ばっかりのところゲストのカリシュマと二人だけ大人むーど。他の面々が隠れて見守る深夜の逢瀬(一部嘘)で上着を肩に掛けてやったり、エンディングに至っては後ろから(以下略)だったり、久我刹那の意外な一面を見ることができました。ボキュの知っているYAMAGE先生というと北斗神拳の人やビショップ本人とかアルドラたま即萌えとかネタばかり思い浮かぶのですが見直しました。今日はとてもエレガントだったのです!(オイなんかそれ誉めてないよ!)
 PC3のフレイルは警護チーム+久我刹那とみな背が高い中で一人少年ながらがむばりました。PC4のニナもトーキーぢからを発揮しつつ転倒&激しく転倒の2回転倒ダメージの入った爆弾攻撃を受けたりする中でがむばりました。

 残念だったのはフレイル&ニナのコンビが技能判定による情報収集役に回ってしまい、イベントの多いあとの2人に比べるといまいち活躍させられなかったことです。(実はエンディングにも、ロッソ司祭と会うシーンのイベントを用意していました。)
 PC村がどうのこうのというのは結局言い訳ですし、キャスト全員が平等に活躍できてこそよいアクトです。楽しいアクトは味気ない社会技能判定ではなく、キャストがそれぞれの個性を発揮し、架空世界の中に生きていることを実感する瞬間であってこそと僕も考えています。
 そういう意味ではもっとPC3,4にもハッスルさせたかったのですが‥‥これも時間制限もあって不可避な部分もありますね。 (゚ー゚)
 あと私的な反省点といえば。わしっ娘のオーレリア枢機卿の口調が僕の別のキャストとどうも似てしまったことですが。来てくれた皆さんにはどうせ分からないし、まあいいや(何)


 アクト中に僕が話している時のPL陣の身の乗り出し具合、イベントシーンや戦闘の盛り上がり、終了後の表情を観察していれば、今回もアクトは成功といってまったく差し支えないでしょう。というわけでまたもひよこ帝国の勝利なのだ〜!
 皆さんお疲れ様でした。しかし2.5時間でやることを全部詰め込んでガンガン飛ばしたので、RLがけっこう疲れました。ママン、ボクは燃え尽きたよ‥‥(´▽`;)

Gray Room OFF 4th.

 その後は時間通りに終わる卓あり、終わらない卓あり。その後集合して2次会に。
 飲み会はがやがやと大人数で騒いでいたのですが、あったことをつらつらと書いていこうかと思いまする。

★芝浦工大組のエムさんもといm&mさんはその後サークル内部でも「学校の部室でギャルゲーをやった勇者」「リリーたんハァハァで経験点をあげた勇者」として名を馳せているそうです。いやー、なんかモウシワケナイ気分でイッパイです。‥‥アレ? どうしてこんなに棒読みなんだろう‥‥?
★芝浦工大組の天色在人さんとも話をする。まだ直接偵察が及んでいないので遊びたいな〜と、かーらい首領とコーラスする。

★九州の僻地で活動しているという神無さんに話を聞く。Web上の情報収集は重要のようで当サイトのコンテンツもかなり御覧いただいておりました。(はは〜) プレイレポの内容や出てくる中の人たちのこともかなりチェックしてました。僕の個人的なキャストや知る人だけぞ知る財団謹製しなりおのことなんかまで知っていてかなりガクガクする。
★ついでにGrayRoom御一行様のイロイロな話とか。某シンジケート代表はロリッ娘全身義体娘で麦わら帽子にワンピースの話とかも知ってました。Rのつく組織は影響力が多少あるようです。い、いやー、レイド&ルーラーは違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~ (エー)

★大宇宙の盟友のchihaya先生が2次会から来る段取りになっていたのですが、<コネ:はたはた>と<コネ:ジニア>に失敗。僕へのコネ判定には成功したので公園に戻って無事確保し合流。次シーンの2次会現地へ誘導できました。なんとなく「細胞レベルのchihaya先生です」と紹介してみる。てへ。
細胞レベル時間管理局の話をけっこう多くの人が知っていてchihaya先生がガクゼンとする。
★漫画の『ARIA』ファンのchihaya先生と話をしてみる。藍華ちゃん口調で「はしたないプレイレポ禁止!(びしっ)」と言われたら返すのは「はしたないキャスト禁止!(びしっ)」
大宇宙OFFは5/7(土)と決定しました。今回の参加者の中からも多く参加者が出てくれることでしょう。

★まよライトのローランド・ガイエの中の人、【そねる日々】のSONEさんが近くにいたのでツタヤ先生と一緒にオハナシを聞かせてもらう。(はは〜) 実はD卓の『Gray World』に希望を出してくれていたので、戦術核の爆発後の中から立ち上がる世界一の冒険家とかやらせたいなぁと僕もイメージしていたのでした。てへ。(*´▽`).。oO
★【そねる日々】の地球萌えキャラ化計画で生まれ【めげさんのえんま帖】を賑わすガイアたんは今回のオフでも超☆好感触。いつか生で見たいものです。今度使ってください(エー)

★ツタヤ☆先生がなんと『ニューロDECK』を持ってきていたので同人誌即売会が始まる。情熱の緋い人と神無さんが買って行きました。これで九州にもTSSが‥‥
★今日のD卓でやった『Gray World -revised mix-』はいわしマジックの修正がけっこう入っていたので、元の『Gray World』シナリオを見た神無さんがガクゼンとする。そりゃーするでしょうなー。(´▽`)y-~~~
★そこへ原作者ツタヤ☆先生、いつもの弁解をするので一同で聞く。聞いても理解できなかったけどそれでも聞く。やはりTSS、ネタ満載です!(゚∀゚;)
★そこへSONEさん再び。そねる鳥取で遊んだ『Gray World』では、オープニングの問題のシィンをシナリオ通りにやった後、リサーチ開始後にRLさんが力尽きて倒れたそうです。この話を聞いて一同で笑い転げる。
★しかし、かーらい首領から「いわしワールドの女の子ゲストがシナリオ通りのこの台詞を言うところもちょっと見てみたいです」と言われてかなりショックを受ける。α=ωが上手いと言われるのと同じぐらいショックです。_| ̄|○
★悪童師匠が西方でTSSをやった時もやはりかなり修正し、『菊と刀』が『キックと刀』になった話をする。
★ここでもやはりTSSで一番(ピー)なのはマヤカシの『月が、狂う』だということでFA。だってクライマックスで(以下 自粛)
★とにかくまあTSSは遊ぶときには、チューンしてナンボということですね。これだけネタになるシナリオ集を出したタトゥーヤ先生はイロイロな意味でスゴイ。やっぱピンクな人は違うなぁ〜 (´ー`)y-~~~

★はたどんとかーらい首領を始め何人かから30万Hit達成の祝辞をいただく。(はは〜m(__)m)
 ご来訪いただいた皆様有難う御座います。3月中に達成できて良かったです。なぜかと言うと4/1になるとエイプリルフール更新が待っていたからです。(´▽`;)y-~~~
 とりあえずお祝いにキャライラストを貰える手はずになっていたりしています。

★大阪に遊びに行ったときに最終戦『その手に掴むものは…』が実にエレガント〜に終わったのでエレガントになったはずのうろん師匠がエレがつトに戻ってしまいました。それどころかなま元帥を味方に引き入れています。エレガント同盟、たったの3週間しか続かなかった‥‥(;´Д`)ノ
★しかし援軍に加わっていたなま元帥、最後のほうはお酒に轟沈
★うろん師匠殿が<■ダイム・ノヴェル>でいろいろあることないことを言う。PC5を逆から呼んだらPC1だとか財団にもPC1村がいるとかありえませんよ! そんなうろんな屁理屈はアルファの姫に頼んでポポイのポイです!
★でも、紅河さんが真のPC1ヒロポン中毒だというのは、確かにそうだと思うので否定しません。(エー)

 などなどいろいろありましたが、2次会も終了。公園に行ったはいいですが、何故か人数がほとんど減らずに‥‥‥‥
(以下 続く)

Gray Room OFF 4th.
〜おまけ〜
灰色部屋のリンク集

★天色在人さん、アイスブラッドさん、Cactusさん、アルさん、m&mさんの【/N◎VA】の
最速オフレポ!/ オフレポその1/ オフレポその2/ オフレポその3/ オフレポ総括
Raining Chrome/ 灰色祭:R.I.P/ 灰色祭:Say hello to Black Hound/
惨事会:ゴズマの逆襲 -GOZUMA FINAL WARS-

★ジニアさんの【Gray Room】のジニッキ
遊び倒して一週間!/ 簡易レポその弐

★浅間さんの【思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから】の
ファイティングTRPG日和

★フクモリさんの【Dream World】の
レポ『宇宙の華』/ レポ『戦場でしか生きられない獣達』/ GrayRoomオフ-レポ『ワスレナグサ』/
GrayRoomオフ-レポ『運命の価値』/ GrayRoomオフ-レポ『サーペント号殺人事件』

★なま元帥さんの【なま屋。】の
池袋芸夢戦記―灰色屋敷に日が昇る―/ 池袋芸夢戦記(セッションメモ)/ 旨き者、彼の名は岩塩

★はたはたさんの【SwordDancer】の一心不乱日記
『3月、狂乱の宴・塩決戦(仮』〜その1/ 『3月、狂乱の宴・塩決戦(仮』〜その2/
『3月、狂乱の宴・塩決戦(仮』〜その3/ 『3月、狂乱の宴・塩決戦(仮』〜その4

★NATさんの【マイナス魔王の日記】の
塩!

★かーらいさんの【NorthPole】の
ここ数日の報告。/ GrayRoomレポ。/ 週末プレイレポートA

★くろさんの【coyote,colored darkness

★chihayaさんの【chihaya's blog】の
お邪魔してきました。その1/ お邪魔してきました。その2

★タトゥーヤ先生の【presented by tatuya】の
更新日記 2005年3月

★SONEさんの【そねる日々】の
GrayRoomオフ/ アクトレポ

★紅河さんの【紅河的な何か】の
まとめて日記

★悪童同盟さんの【ちんたらやってる暇はねぇ!!】の
関東デス・マーチ!!塩遠征作戦終了の巻/ 今日は今月最後のオンセの巻/
オフレポが終わらないの巻/ わーい!!イベント多しの巻

集計結果】【1次会〜】【惨事会


Powered by R I - F o u n d a t i o n

Gray Room OFF 4th.
レポートのページへ戻る

dice-jp.com > Iwasi Studio > Report > Gray Room OFF 4th > 1st Action-
Back to RI-Foundation TOP > Delirium (N◎VA)

RI-Foundation