らららオフ5th
〜らららオフ5th〜

ららら〜のチカラ、ここに見参

 さて、誰でも参加できる(いちおう)コンベンション形式の、トーキョーN◎VAのファンサイドのイベントとしては大宇宙オフに並ぶようになったらららオフ。2005年2月の『ららら3rd』、5月の『ららら4th』に続き、第5回が2005年9月に行われました。
 またまたいろんな人にレポを期待と頼まれてしまったので、軽く記録を残そうと思います。

No. しなりお Ruler Player
A YourWish からいさん 悪童同盟さん、月葵さん、みつるさん、無我さん
B 宇宙の華 -ignited- ぼく Amistyさん、瀬戸際さん、闘う徴税吏さん、deshuさん
C 淑女が奏でるは葬送の謳 哉桜ゆえさん 浅間忍さん、くろさん、凪汐海梨さん、tovetaさん
D ロストマインド ジニアさん アルさん、HIROさん、武藤直樹さん、LEDmanさん
E 稲垣光平のいない一日 須川さん ギニさん、侵入者さん、墓堀人さん、ペロきちさん
F さまよえる魔弾 SONEさん 闇司さん、m&mさん、siganeさん、DAIさん
G B.T.L. NATRONさん KO1さん、SYSさん、フクモリさん、YAMAGEさん
H これはきっと、僕に下った天罰だ。 tatuyaさん Jさん、J-Iさん、御日月さん、yagamiさん
I Vehicle Side Story chihayaさん あっきぃさん、きたみちもどるさん、ホグ山さん、リュウ=レクレスさん
J 魂に刻まれた記憶 天色在人さん 詩さん、カナスギさん、黒猫さん、ぱんださん

 実は第12回大宇宙オフが2005年7月、約2ヶ月しか間がなかったこともあり、新作の準備期間やテストプレイなど諸々事情があり、結局RLも7人が共通の似たような顔ぶれ、シナリオも同じものが計3つあります。(うちのB卓はまさにそれなのですが!www)
 イベントでのセッションは時間通り滞りなく終わるのが最優先、GM布陣も主催者側の知り合いで信頼できる面々で固めておきたい‥‥というのも道理なのですが、今回のために勇んでRLの用意をしたら弾かれて悔しい思いをした面々などもおり、なかなか難しいところですね。

 そして自分の場合はというと。本作『宇宙の華 -ignited-』は1回目からイベントでのアクトとしては十分成功しましたし2回目も大成功し、旧作ですが安心して運用できる卓として提供はできます。いちおうRL募集には応えておいて、足りるようだったらPLに回るよ〜と伝えておきました。実際、そろそろ周知が増えていないだろうか、万が一もしかしてうっかりどっきり元のシナリオより人気になっちゃったりしたら勇者どのが可哀想じゃないだろうか(笑)などといった危惧もてんじきずむ参謀らにあったのですが。全10卓の卓構成が決まった折には、結局頼まれることになりました。
 もちろん、いったんやると決まれば力を尽くすのがRLの務めです。3rdイグナイトの華を、あの虚空にブリリアントに花開かせてみせましょうぞ。

らららオフ5th

 今回は台風が近づいていて悪天候が心配されていたのですが、幸い昼間は大丈夫でした。場所は都心の新宿そばの高田馬場のスポーツセンターです。
 僕はノータッチでしたが集合場所からの案内や2次会の場所の下見、来れるメンバーでの早めの会場入りからの会場設営なども手配されていましたね。

 さて今回ははるばる遠方、なんと蒼森なるところより客人が来ていたのです。【いと小さき、青の星】の闘う徴税吏さんとのコンタクトも事前に打ち合わせ済みでしたが、ホテルが駅前の超分かりやすいところにあり、互いに時間通りにロビーに現れ、身長180超と前もって聞いていたこともあり、会った瞬間にニュータイプの光がきゅぴーんと走って無事に確保できました。
 しかし、あとで徴税吏さんのミクシィ日記を見るとゲーマーの独特のオーラは惹かれ合うとか書いてあります。ガーン! オ、オデは、いかにもゲェマァなヲタ共とは一線を画そうとTRPGを始めた頃からずっと心に決めていたのに‥‥やっぱりダメなのかっ‥‥(バタッ)
 と冗談はさておき。一番最初に聞いたのは徴税吏の「吏」はなんと読むのかでした。「り」が正しいのですが、なんとなく「し」とも読んでしまうんですね。はっはっは、漢字が読めませんね。二次会でこっそり教えたとある方も本件でヒソカに悩んでいたので、他にもいるのではと推察します。(笑)
自分で言うのもなんですが、ひらがなやカタカナの間違えようのないハンドルというのはこういうとき楽ですね。

 ちなみにこういう大規模イベントでは体調管理も重要ですが。前の晩にTVで映画版『電車男』をやっていた頃に温度が下がったのが災いしたのか、この日起きたら風邪気味でかなり不調。すわ一大事というところだったのですが、風邪薬を飲んで活動しだして心身のエンジンが掛かってきたら復活していつもどおりまで回復しました。いやー、危なかった。 (-∧-;)

 というわけで蒼森方面の四方山話を伺ったりららら陣ぐらほぱ組のホグ山どのやJ-Iどのと合流したりしながら。先着2番目ぐらいに会場入りすることになりました。

 会場はいつもの会議室。10卓を入れるとこのぐらいが限界でしょうか。実は希望する卓があるか主催者側から前もってRL陣にヒアリング済みという用意周到さでした。ノートPCを使うのでコンセントの近くを希望と提出済みだったので、安心してはじっこのB卓に行ったのですが。コンセントがどこにも見つからず! しかも黒板と実際の卓の配置が違う! (゚Д゚;≡;゚Д゚)
 ‥‥と思ったら黒板の配置の方が正しかったようで、B卓は無事コンセントのそばに確保でき、手早く準備も終わってあとは来る人に挨拶したりして余裕で開会式を迎えることができました。

 開会式では挨拶が笑いを取ったり各卓の挨拶が笑いを取ったり。(今回はマイクがついてよかったです。大きい会議室では端から端までは届かないですからね) 注意事項でアクト終了後に大声で他の卓の迷惑にならないようになどの注意がありました。前回クレームがあったそうです。確かに個人差がありますが、笑い声や話し声が特に大きくいつも気になる人というのはいますからね。

 俯瞰するとお隣のC卓でも哉桜ゆえさんがノートPCでブラックなVAIOを使っていました。うちのB卓のdeshuさんもデータ確認に使っていましたし、僕が言うのもなんですが電脳アウトフィッツを使う方は近年増えてきたような気がします。
 見渡すと大宇宙オフとも共通の面子というか、大宇宙以上にふだんの馴染みの面子が多いのですが。オサレな人も多く、女性率も意外にあり(10%を超えているはず)、雰囲気はよかったと思います。
 グラホパーズのJ-Iどのが接敵してきたので何事かと思ったらマシンの壁紙だけ偵察して撤退していったので撃墜せずに見送ったりしながら。開会式にはRL不在卓がありましたがアクト開始時刻には幸いRL陣も揃い、各卓でアクト開始となりました。
 今回も疲労を考え、テーブルの長辺中央近辺に陣取って座ってマスタリングすることにしました。観察していると、やっぱりF卓のSONEさんはそねりながら立ってマスタリングが多かったように思います。そねぢからだ!☆

らららオフ5th
3rdイグナイト点火

And so, they appeared on the stage of space bloom .....

Handle: イサム・サカイ 
Isamu Sakai

Style: アラシ◎, カブトワリ, カゼ● Age: 24 Gender:
Style Branch: カゼ:シューティングスター2
 七福星間公司のウォーカー部隊101隊に所属するエリートパイロット。秘密指令を受けた宙間輸送艦“夕凪”に編入され、護衛ウォーカー隊の一員となった。
両親をテロ事件で失い天涯孤独の身であり、人になかなか心を開かない。心を許しているのは“夕凪”でも自室で飼っているサイボーグ犬のエフード、そして無茶な操縦をサポートしてくれる女性型AIのアリエル・シャロンだけである。
愛機は機動を強化した軌道戦闘機、高機動型ペガサス“インティファーダ”。複数目標を同時に貫くレーザーパルスガンと多目標を同時に撃破できる納豆ミサイルである。
 夕凪の出航後、早速正体不明の機動戦闘機部隊が襲ってきた。無茶な機動による機体の劣化をAIが告げる中、インティファーダは虚空へと飛び立つ‥‥

Player: 瀬戸際 (せとぎわ) [瀬戸際さんが日記を書いた。。]
▼この前『タランティーノによろしく』で相手仕った瀬戸際せんせいが意外や意外、この卓に来ることになりました。しかも本日眼鏡が壊れて回りがよく見えないというハプニングつきです。長年の愛用キャストではなく普段から必要に応じてキャストを新規に作っていくスタイルで遊んでいるのではと推察できたため、キャストの調整段階でPC1かPC3の新造をお願いすることになりました。
するとすると、レギオンで1万数千隻の大艦隊で艦隊がキャスト、ウォッチャーが提督相当の月方面第4艦隊というすごい艦長枠を考えてきましたよ。大惨事の予感が100%したので、代わりにPC1をお願いすることにしました。
 すると出てきましたイサム君。両親をテロで失いメカフェチで犬とAIだけが友達という設定も当日決まった、コネ技能なしの寂しい主人公です。“ペガサス”相当の戦闘機で速度21を<ドッジ>でリアクションに加えて<ジャックナイフ>、<ファニング>でフルオートで撃ちまくる灼光がレーザーパルスガン、ベクターIIIが納豆ミサイルという無駄のない作りです。
プレアクトテキストから自機乗り換えを予想したのか、自機破壊と引き換えにダメージに速度が加わってすごいことになるブランチ<カゼ:シューティングスター>をちゃんと2Lv持っているところに、既に陰謀を感じます。www
 さあそんな友達の少ない主人公が護衛部隊のエースとして出撃してきました。実はおもに最初の方、ローテンションだったのかいまいちエンジンが掛かりきらないところもありました。(RLサイドからするとこういうのってつまらないのかと心配になるんですよね。ドキドキ!ワクワク!☆)
 シナリオの読みを間違えて演出を間違え、コソーリと巻き戻してフィルムに火をつけて消去したりした場面もあったのですが、予想していた(ピー)の(ピー)が(ピー)とは実は関係ないのが分かり、シナリオ本筋に大きい影響を与えない範囲で一人二役せとぎわ劇場が始まった辺りから、既に高温に達していたアレやソレがイグナイテッドしました。
 もうほとんど合いの手を入れていません。愛犬の演技もAIの演技も全部自作自演です。主人公の特権として勝手にピンチに陥り、主人公の特権として勝手に落ち込み、主人公の特権として他のキャストに励まされ、主人公の特権として勝手に復活し、勝手にAIが暴走して敵艦に突っ込み、マッチポンプの自家発電でPC1ぢからが閃光の中にイグナイテッドし、エンディングもほとんど自家発電の自作自演でした。愛機を失い、劇場版ゼータIIIの宣伝イラストのカミーユの如く宇宙服で虚空をさまよいながら

「ああ、僕にはまだ、帰れる所があるんだ‥‥」

 というあたりも爆笑の渦の連続ですね。ブリリアントかつエレガントな予想を水平方向とするならば、せとぎわぢからは常に予想外の斜め上45度か斜め下45度方向に宇宙を駆けていくのです。このことばの力、言霊力、これがせとぎわぢからだ! (*゚▽゚)


Handle: “鋼鉄の魔導師”エリーゼ・リオ [Profile]
"Steel Wizard" Elise Rio

Style: アラシ◎, タタラ, ニューロ● Age: 23 Gender:
Style Branch: ニューロ:ゲートキーパー
 南米某国の政府軍でウォーカー研究に携わっていた女性。しかし北米の新型機の実験場となり、泥沼化した内戦で自ら戦うことを決意。反政府軍の傭兵部隊に身を投じると自ら機体を駆り、アルカナムの大地を駆け巡った。金髪に青い瞳の白人女性。
 内戦終結後は電子戦プロフェッショナルとして戦場を巡っていたが、その後空に、宙間輸送艦“夕凪”の護衛部隊に。愛機はヴァローナの出力を強化し、無重力下の運用に改造、電子戦装備を大幅に強化した“ネモフィラ”。彼女以外のほとんどのパイロットが知らないが、軌道世界の多くの軍で使われるようになったエリート機“瑠璃唐草”の最初期の試作型でもある。
 “夕凪”のハンガーでも自機の整備を欠かさないエリーゼは、隣同士のローザとも親しかった。彼女もまた精密兵器であるウォーカーに精通しており、チューンに余念がない。出所不明の“ネモフィラ”の故郷についても薄々感づいていた。
 エリーゼ、ローザ、そしてイサムがエースの護衛隊。ある時、通信室を通りかかったエリーゼは中で話しているローザに気付く。だが敵の襲撃は否応なく、二人を次の出撃へと向かわせるのだった。宇宙にひとつの瑠璃の華、鋼鉄の隼の二機がいま、虚空へと舞い上がる!

Player: deshu (でしゅ)
▼chihayaサンやZOHNさんの身内プレイグループ所属、chihayaグループから外にはあまり出てこないdeshuさんです。正式には烏山青年民俗学研究会と呼ぶそうでーす。意外なメンバーだったのですが、後で聞いたところ前から宇宙の華を狙っていたそうでした。キャーッ!www
 さて、ニューロエイジのあちこちで冒険を重ねたN◎VAラーに南米某国といえばあの国しかありません。そう、アルカナム共和国。エリーゼ姉さんはアラシSSS『フロントライン』を、“グランド・ゼロ”中隊のPC2として時間管理局(ウソ)のPC1を助けながら戦場を駆け抜けた生還者なのです! →【chihaya's blog】の“グランド・ゼロ”彼らはそう呼ばれた。
 フロントラインですよ! 我らがベスティア小隊も蝶☆盛り上がったあのキャンペーンですよ!(;゚∀゚)=3
 当時はウォーカーでなく支援ヴィークルに乗っていたようですが、今回は軌道に昇る記念にヴァローナ+宙間運用装備+電子戦装備の“ネモフィラ”に搭乗してみたようです。タタラで<模倣>したり<教授>したりして他の機体を強化、充実したニューロ特技とアウトフィッツでコンスタントに<操縦><電脳>の達成値を上げ、電子戦チックなリアクションをしてきます。さすがにアルカナム帰りだけあって、達成値が30に届くように作りこんでありますね。
 宇宙の華記念ということで今回は機体の設定を考えてくれました。ネモフィラ(Nemophila)はお花の瑠璃唐草の学名、ギリシャ語を語源に持つ花壇用のお花の名前です。エレガントのかほりがしてきましたよ。そしてモデルはGP01の重力下仕様&フルバーニアンだそうでーす。0083ですよ。ガトー様ですよ。スターダストメモリーですよ!(;゚∀゚)=3
 実はこのシナリオ、今まで毎回PC2が女性でした。モデルがクリスチーナ・マッケンジーと判明したゲストのローザさんはお姉さんっぽいキャラ(のはず)でしたが、今までは2回とも何故かキャストの方が年上。今回やっと自然な形になりました。
 アクト中は常に予想と45度違う方向に疾走するメカフェチ主人公、真のPC1の若艦長と不幸系ヒロインの影で冷静に堅実に物語をサポート。<教授>して護衛部隊機の性能を上げたり電子戦をしたり(ピー)を助けたりしながら宇宙の華をブリリアントに磨くのでした。
 これがchihayaグループの力です。そのうち時間管理もしてくるに違いありません!(ウソ)


Handle: “大少爺”葉 剣生 (“ダーシャオイェ”よう・けんせい) [Profile]
"Young Master" Kensei You

Style: エグゼク◎, カゼ, ミストレス● Age: 18 Gender:
Style Branch: ミストレス:コマンダー3
 チャイローン・ジャンクションの漢人の名家、葉家の跡取りの若旦那。父はシアの章州侯で軍閥の一家であり、武者修行のために七福星間公司に出向の身である。黒髪のアジア人の外見、武人階級の出にしてはまだ貫禄も度胸も足りず、穏やかな外見である。
 宙間輸送艦“夕凪”のブリッジでそんな若旦那をサポートするのは夏軍制服に身を包んだ女性部隊、ハングアップ・ガールズこと死機娘々(シーチーニャンニャン)。よく呆れて“若旦那”と呼ばれているものの、天性の人徳を備えており、今はまだ外には見えぬ将の器をその内に備えている。
 まだ3人の護衛隊エースもいない、夕凪がデビューしたての新造艦だった頃。宇宙海賊の3艦に阻まれ、騙し討ちに遭った夕凪は危機に陥っていた。ブリッジの面々が死を覚悟したとき、突然現れた高速哨戒艇が見事な手並みでがつな海賊たちを撃退した。艦の徽章はAXYZ軌道宇宙軍のもの。そしてスクリーンに現れたのは、ハングアップ・ガールズたちが目を見張った渋い男性の艦長だった‥‥

Player: 闘う徴税吏 (たたかう・ちょうぜいり) [いと小さき、青の星]
▼今回の賓客の徴税吏さんです。ちょうぜい「り」です。パフパフ〜♪ B卓希望なのは本人から聞いていたのですがスタッフ陣からもここになりそうと聞き、結局お相手仕ることになるのでした。
 どの枠にせよキャスト新造とのことで艦長を作ってもらったのですが、ブリリアント! こんな若艦長を待っていましたよ。世の流れに逆らってロートルだけど1枠が好きという徴税吏さんはPC1村、この若旦那は真のPC1認定です!www
 中の人のアジア好きを反映して名詞の読み方までちゃんとしてある漢人の葉剣生艦長、<運命の輪><ドッジ>で艦ごと回避、天性の人徳が<盾の乙女>してブランチで+3、死機娘々は<クラッシュ>技と<ポルターガイスト>を得意とするニューロトループです。イメージソースが『銀河漂流バイファム』のスコット・ヘイワード艦長ということで、中の人がかなり年季の入った世代です!www
 死機娘々のビジュアルを聞いたところ、首から下は夏軍の軍服で統一とのことでした。首から上の装いはチャイナチャイナしているに違いありません。不幸なヒロイン一人、女性ウォーカーパイロットが先輩後輩のコンビ、そしてワカモノの艦長が座る艦長席の周りはチャイナなガールズが寄り添っているのです。絵的にもブリリアントですよ。こりは日本サソライズも視聴率が上がってウハウハです!。( ´∀`)σ)Д`)
 アクト中はまさに真のPC1っぽくガールズに窘められたり。回りのキャストに支えられたり支えたり。通常のPC1のAIが勝手に暴走して戦闘機が突っ込んでいくのを背景に、恩義ある艦長と漢の敬礼をしあったり。エンディングでは七福星間公司のリクルートに一役買ったりするのでした。
 おお、翌日のアクトでもPC1をやることですし、アクト前にB卓を覗きに来た悪童屋さんの前でも改めて言っておきませう。

徴税吏さんはPC1村! 若旦那は真のPC1! (;゚∀゚)=3


Handle: “手なし娘”ミカエラ [Profile]
"Armless Girl" Micaela

Style: クグツ◎, マヤカシ, ミストレス● Age: 16 Gender:
Style Branch: ミストレス:ヒロイン
 娘の身で千早重工の最暗部に身を投じる、褐色の肌に金髪と緑の瞳の少女。
 南米のスラムの出で人体実験用に買われ、腕を落とされた後にサイバー不感症が発覚。アストラル研究所の実験体に回され、投薬と軽度洗脳の果てに霊質を操作する能力を獲得。数奇な運命はやがて彼女を後方処理課へと巡らせ、娘の外見が怪しまれないことを生かした任務についている。
 神経細胞を人為的に出現させることができ、袖から先のない腕に“爆ぜ砕く”右腕と“堰き止める”左腕を、逃げられないように足の腱を切られた今でも移動できる“天翔ける”両翼を展開、様々な力を振るうことができる。高価なクローン体を買うのが夢だが、給料は様々な理由から千早重工が天引きし、いまだに貯金が貯まらずにいる。
 不幸なお姫様の御伽噺は、軌道の楽園チャイローンへと舞台を移していた。慣れないビーチで金持ちたちを眺めながらくつろいでいた休暇中のミカエラに、連絡が届いた。どこか棘のある口調の早川美沙課長が告げたのは、民間の宙間輸送船に紛れ込むという極秘任務だった‥‥

Player: Amisty (あみすてぃ) [Fairy Tale]
▼さーくる一心不乱のフェアリーテール担当、Amistyのアミ者さんです。よく会う割に同卓が少なかった感じですが、星月夜6thの嵐の神の化身の美少年エリアルや、ストレイライトにも載ってしまったチェスターフィールド3姉妹のような、うまく言えないのですがこう独特のアミ者わーるどの御伽噺ちっくな変わったキャストが記憶に残っています。傾向としてウォーカーもの系が特に好き‥‥というわけでもなかったので、実はこの卓に来るとは思いませんでした。w
 ミカエラの話になると、不幸になるほうのお姫様とは民俗学の御伽噺ではよくある話云々と立派な学説を語るttyサンの様子がなんとなく思い出されるのですが、本日はブリリアントかつエレガントに宇宙の物語。ツタヤ談など真空の外に放り出してポポイのポイといたしませう。
 さぁPC4のヒロインのミカエラたん。やることは普通のクグツなのですがいろいろと設定がついています。千早重工の加護を失うと両腕なし、歩くこともできない可哀想な子なのです。不幸と言うか危険な設定というかなんというか、うーんこういうのは女性から見るとどう見えるのでしょうね。とりあえず本日の劇場版、ゴールデンタイムを予定していましたがキケンなので深夜枠に移動します。録画して見ていただきませう。(意味不明) 深夜なら何をやってもたぶんオッケイです!(そうか?)
 そんなミカエラですがExp295点としては本人は特技も少なめ、<盾の乙女>やブランチの<ミストレス:ヒロイン>での補助、エニグマ3体をメインにしています。爆ぜ砕く右腕がタタラエニグマで<爆破工作>の範囲攻撃とバリア、堰き止める左腕がカブトエニグマで範囲受け、天翔ける両翼がアヤカシエニグマで<魔翼>で飛行し、魔器と神族となっています。
 元のシナリオからPC4は放置度が一番高いビッグナンバーなのですが、若旦那の船のただ一人の珍しい乗客として異彩を放ったり間を繋いだり。ブランチで持っているぐらいのどんなヒロインぶりを発揮するのかと思ったら<社会:企業>のリサーチに使ったり。勇者のちからに加えていわしまじっくのモニョモニョな技を使う敵と、微妙に同キャラ対決として、戦いあっているのに妙に息があって絵になったりしながら。不幸なお姫様の奇妙な御伽噺はコロニーから星々の海を渡り、再び地球に戻るのでした。
 ちなみにキャストに似合った物語にすべく導入を変えようと、普段の早川美沙課長との関係をヒアリングしたところ。新入社員とお局様シンデレラと継母の如くねちねちといぢめられているそーです。w
 オープニングは少し棘のあるカンジの美沙ということにしたのですが、演じられたのかまったく自信がありません。いけませんよ! オ、オラの美沙っちは体育会系でさっぱりしたいい人なんだYo!www


宇宙の華 -ignited-

Ruler: 自分なので何も(ry
[『宇宙の華 -ignited-』プレアクトページデフォルト版] [キャストに合わせたチューン後版]
Original Scenario Writer: m&m Fanzine:『SSSS』

▼都合3回目になった3rdイグナイトで御座います。なお、いぐないてっど版の方は「うちゅうのはな」と発音しているのですが、元シナリオは「そらのはな」が正式名称、スラノバ近辺でも「そらはな」と略して呼んでいる模様です。w
 RL側の準備の流れについては大宇宙12thレポで触れている通りですが、今回も準備を多めに行って適合するキャスト陣の選定、ハンドアウトのチューン、シナリオ本編のチューンなどを行い当日になりました。
他の卓を俯瞰したところお隣のC卓の哉桜ゆえさんのところでもハンドアウトがチューンされたりしていたようです。すごいぞ!☆
 ちなみにスタッフのてんじきずむ参謀に教えてもらって初めて知ったのですが、各卓のプレプレアクト用BBSにはこっそりカウンターがついていて閲覧数が分かるんですね。我がB卓はカウンターがトップ、書き込み数も最多クラスでした。これ即ち準備万端の証。宇宙の華のブリリアントな光は予言されている! ヽ(´▽`)ノ
 あちこちの感想を見ると、他の卓のプレプレアクトを眺めるのがけっこう楽しかったというものも多かったようです。

 戦闘中などいろいろと分かりやすいのでフィギュアを使おうと食玩などのおまけをお願いしておいたのですが。徴税吏さんは僕と同じことを考えたらしく、母艦用にまったく同じものを持ってきてくれました。(笑) 七福星間公司の名物艦“夕凪”と(ピー)の対決には丁度よいでせう。
 他のウォーカーはドムトルーペンやジョニー・ライデン専用ザクIIだったのですが、deshuさんが頑張ってガンダムGP01系を2種類持ってきてくれました。ブラヴォー! これを“ネモフィラ”と“ヴァンダーファルケ”に使えばぴったりなのです。


Space Bloom ignited / 宇宙の華 -ignited-

『宇宙の華 -iginted-』

〜アクト中のイグナイテッドだった一場面〜

 いろいろあってPC1が勝手に落ち込んで勝手に復活したりいろいろあったあと。夕凪は混乱のさなかにあった。なんとパイロットのイサムの制止を振り切り、暴走したAIが勝手に“インティファーダ”を操り、なんと単機特攻をしてしまったのだ!

イサム「待つんだ、アリエル〜!」

 どっかーん! ブランチ<カゼ:シューティングスター>を使い、体当たり攻撃は成立した。
そして触れておかねばなるまい。この一幕はすべて自作自演なのだ!


 一方その頃、真のPC1と相手艦の艦長の間では、通信を通してシリアスなシーンが展開されていた。

(ピー)少佐「‥‥葉剣生君。よく考えてほしい。君の判断で、部下全員の命が救えるのだ」
若旦那「‥‥できません、艦長。できませんっ!」

(どっかーん)

(ピー)少佐「‥‥少し騒がしいようだな」

 体当たり攻撃がルール的には成立、ヴィークルダメージは16番、操縦者負傷。山札1枚の肉体戦ダメージは3番、顔面損傷。
衝突の衝撃か、(ピー)少佐のから一筋の血が滴った。

(ピー)少佐「‥‥これが、君たちの覚悟ということか」


 そしていろいろあって戦闘開始。自分と同じ機体を使う“パクリ野郎”を仇と定めた粘着質の(ピー)大尉は、最後の戦いへと出撃する!

(ピー)大尉「行くぜ! (ピー)、“ホットマウス”、出るぜ!」

 宇宙の華となって飛び立つ軌道戦闘機。だが彼がふと横を見ると、どこか見覚えのある機体の残骸が母艦に突き刺さっていた!

(ピー)大尉「へ? なんでパクリ野郎の機体がここに? ちょ、おま」

 だが、戦いは否応なく彼を、混戦の渦へと巻き込んでいく‥‥!


 そして始まる戦い。エリーゼの“ネモフィラ”と(ピー)が虚空で火花を散らし、イサムの“インティファーダ”が速度18を足して軽々とジャックナイフし、“夕凪”の誇るハングアップ・ガールズが電子戦闘艦のネクサスに侵入、主砲のコントロール掌握を試みる。
 そして、(ピー)では、エニグマのを広げ、ヒロインぱわーを増したミカエラと、謎の(ピー)と(ピー)を操るうろんな男の戦いが繰り広げられた!
 やはり軌道戦闘機で<ドッジ>すると大変なことになる。新生インティファーダは(ピー)のスペサル攻撃を見事に交わし、哀れエースは爆発に巻き込まれ‥‥

(ピー)大尉「お前は、オレの‥‥(どっか〜ん)」


 そしていろいろあってハプニングもあったあと、1カット終了間際。激しい戦いは終わりに見えて‥‥まだ終わっていなかった。神業も撃ち合った後、まだ敵が残ってしまっていたのだ!

(ピー)「妙な技をお使いのようだ、ミカエラお嬢さん。その腕、その翼、無重力の影響を受けていませんね‥‥。だがまだ終わってはいませんよ。お役目を果たすまで、私は倒れるわけにはいかないのです!」

 サムラーイなカンジで降伏勧告も受け入れず、やる気満々、でも(ピー)を入れ忘れて2カット目もアクションランクが増えない(ピー)。さあ、どうするか?
 だがここで、ミカエラの中の人がイクナイことを思いついてしまった。

アミ者の人「性格上降伏できないなら、エアロックから身を投げ出すというのはどうだろうか?」
一同「ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ」
RLの中の人「(時計を見て)それ面白いね。ヤっちゃおうか! (ノ∀`)」


(ピー)「私は負けを認めたりはしませんよ‥‥。これにて御免! とう!」

 さらば、(ピー)を操る(ピー)! 貴公がもし柱の男なら、宇宙空間でも生存を保っていつか地球に帰ってくるだろう!


“ネモフィラ”の電子戦を受けて機能が停止し、虚空に浮かんでいた(ピー)からも(ピー)が救い出される。一方、敵側では(ピー)准尉の尽力で爆死したかに見えた(ピー)大尉も助け出された。
 葉剣生艦長の《買収》ぱわーもついた計らいで助けられた(ピー)艦長ら一行は脱出ポッドに乗ると、音のない宇宙で爆発してゆく(ピー)を後にしたのである。

(ピー)少佐「あの若い艦長に、助けられるとはな‥‥」

 少佐は窓の外に目をやった。激しい戦いの後、宇宙の華の残骸として虚空に残る、ウォーカーや軌道戦闘機の破片。
 そして視線をしばらくずらすと‥‥虚空を漂うイクナイものが見えてしまうので、それナシ!

 そして、思わぬ客を迎えて乗員が増えた“夕凪”は、暗い地球の影から、母なる青い星へと帰還を遂げるのだった‥‥


And so, the curtain dropped,
on the surface of safe earth .....

-XYZ-


 そんな感じで。ミカエラは千早アーコロジーに戻って早川課長に作戦を報告し、若旦那艦長は七福星間公司に新たな船と仲間を増やすことに成功、死機娘々が目をキラキラさせて渋いニウフェイスを喜ぶことに。
 エリーゼは最後の《タイムリー》でなんとアルカナム時代の傭兵仲間と連携、地球のドイツ行政圏にある(ピー)を確保して(ピー)を助けるという鮮やかな技で終幕をしめくくり。
 そしてPC1のイサム隊員はまたもや全て自作自演の劇場が始まり、N◎VAに墓を立てて(ピー)を供養、主人公ぢからで復活してまた新たな戦いに身を投じ。
 最後はスタッフロールの背景に宇宙を漂う宇宙の華の残骸が静かに流れ。そして画面が右に流れていくと‥‥イクナイものが写ってしまうのでちょっと戻して終わりというオチがついたりしながら。3rdイグナイトは無事に終わるのでした。

 タイムスケジュールは13:30からアクト開始、18:30が閉会式で使えるのはきっかり5時間。アクトが終わったのは18:10でした。開始後しばらくはプレアクトで自己紹介などをしていましたからそれを入れると、実質4h〜4.25hぐらいだったでしょうか。PLサイドから要求されたものも含め休憩も何度も取りましたし、終了後にはネタばらし話などもできたので、時間的にはぴったりでしょう。
 元からそんなに長くはないシナリオですし3回目なら勝手も分かっていますし、アクト中にも時間に目を配っています。時間管理はうまくいったとしてよいでしょう。さァ、こんな時に言うセリフは、I卓の方を向いて、

「ありがとう時間管理局!(*´∀`)ノ」

 闘う徴税吏さんにも「これが東京の流行りなんです」とウソ800を教えておいたので、きっと蒼森でも習ってくれることでしょう!☆

宇宙の華 -ignited-

 アクト本編の方は、僕はより上を求めるので、細かいところまで見ていけばもちろん反省点はいろいろあります。イベントなので音の影響もありましたし、イベントなので先を急いでおざなりになったところ、今回特に早口になってしまったところもけっこうありました。今までの2回ではかなり受けた場面がイマイチ受けなかった場面もあります。
特に2ndイグナイトにてそねった回は場所が防音環境だったこともあり非常に盛り上がったのですが‥‥あれにはやはり及ばなかったなあと悔やまれるところ。
 とはいえ予想したところや予想外のところで盛り上がったり爆笑の渦が宇宙に広がったところもありますし、特に蒼森よりの主賓にも満足して頂いたようですから、イベントでのセッションとしてはまあまあの成功を達成できたとしてよいでしょうか。
 32万km先の地上世界、しゅらのばの国の勇者様の元へ届け、3rdイグナイトの光よ! そして‥‥現在計画中の4thイグナイトでは、遂にシナリヲ原作者の勇者様が来ることに! (*゚▽゚)


 今回のアクト本編とは別の話ですが、TRPGで自分のキャラクターだけでなく周囲の状況やNPCを乗っ取る演出について。
 FEAR系システムのリプレイや、最近だとカオスフレアの『暁の戦士たち』中でも多く行われています。FEARゲーはオフィシャルでやっているのでこれが推奨されるプレイだと思っている人もいるようです。
 何も起こらないシーンで笑いが取れて助かる時もありますが、シナリオ上用意されているシーンや筋書きに介入してきておいおいなんじゃそりゃという時もあるので、僕自身は諸手を挙げて推奨とは思っていません。それに様々な場面で色々なプレイヤーを観察していると、この乗っ取り演出が多い人には都合の良すぎる人、調子に乗りやすい人が多く見られます。やはりセッションの周囲の状況をよく見てというところでしょうか。
 今回のアクトではイサム隊員がこの一人舞台が多く、1回シナリオの先を若干読み違えた一幕があったので、ふとこの話を思い出しました。

 こういうイベントだと、他の卓の様子をこっそり見て回ったり挨拶に回ったりするのがけっこう楽しいのですが、RLするとやっぱり疲れて燃え尽きて今回あまりできませんでした。‥‥はっ!これでは大宇宙オフの時と同じだ! (,,゚Д゚)
 そんなカンジで閉会式となり、無事に1次会は終了しました。参加者の皆さんお疲れ様でした。スタッフの皆さんとRLの皆さんはもっとお疲れ様でした。

宇宙の華 -ignited-

 前回の大宇宙オフ12thもそうでしたが、今回も様々なルールやマナーが共有化され、新しいネット時代に適合したオフ会になったなと思いました。
 たとえばスタッフのおしごとに、プレプレアクト進行の遅れている卓監視というのもあったそうで、おぉーと思ったのですが。
 オンライン上でアクトの準備を整えておくのは、実はこのRI財団掲載のプレイレポートやリプレイの元アクト、僕がRLするアクト等では、もうRevolution時代からずっとやっていたので今更どうということもないのですが、当時まだ世に一般化はしていませんでした。大宇宙オフでも昔は大してやっていませんでしたし、blog等にトレーラーを貼り付け、キャストデータもオンライン上のどこかに載せておき、希望順を出して調整するのが当り前‥‥となったのはDetonation時代になってからです。

 また、近年N◎VA関係でもSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)移行が増えているのでミクシィをやっている人も多いのですが、遊んだ記念、話した記念にマイミクを繋ぐ‥‥というのも今回あちこちで見られた光景です。
 招待制のある程度信頼できるネットワークで個人と個人が繋がり、それがやがて大きな有機的なネットワークとなる。その人の交友関係や趣味が分かり、自分と波長の近い人、プレイ仲間も探しやすくなる‥‥という、いま大きい本屋のコンピュータ書籍関係のコーナーに行くと見つかるネットの世界のキーワード『Web2.0』的なコミュニケーションもよく見られるようになりました。昔はサークル単位、大きなウェブサイト単位でしたし、Web-N◎VA界全体的なゆるやかな協調のムードというのはまだなかったですからね。

 また、blogやSNSの普及による情報発信の容易さから、プレイ日記ももはやお馴染みになりました。このページと前の大宇宙12thのレポリンク集も数が膨大になっています。
 TRPGゲーマーの価値のひとつは「一緒に遊びたいと思わせる人であること」ですし、自然と自分がそうであるように務めよう、プレイ日記に自分が出てくるなら頑張ろう、というキモチになり、全体的なマナー向上やプレイ意識、技術の向上の気持ちも自然と生まれてきます。そのあたりもWeb2.0時代に即して世の中が変わりつつあるなと思いました。
(というのは痛い話をすると、不肖拙者も長くTRPGをやってきたロートルなのでイロイロな人を見てきましたが、むかーしは驚くほどマナー意識の低い人、レベルの低い人、ほんとうにいたからです。。)

 それから今回、RL陣集めはBBSで公募、最終的な立候補者は合計18人いました。それから主催者サイドでいろいろ検討した結果、今回の10卓10人となりました。これについて選定の基準はなんなのか、結局頼んで回るなら公募する必要はなかったのではないのか、せっかくシナリオを用意したのに‥‥という声も弾かれたメンバーからありました。
(下のリンク集の くろ さんの[mixi]記事で見ることができます。)
 これについても考えさせられました。確かに難しいんですよね。イベントではまず信頼できるRL/GM陣を揃えたいというのはあります。(これまで大宇宙オフにPL参加した際、正直ベースで話すと、僕も外れ卓を引いたことは複数回あります。)
 その一方で毎回同じ顔ぶれではしょうがないですし、技量向上や腕試しの場的なものを作る見地からいうと新しい風も吹くべきなんですね。う〜んこれは主催者サイドとしても悩ましいところですね。
 確かに気合を入れてRLするとけっこう疲れるので、とりあえず僕はヒヨって次回はPL参加に回ろうと思います。www (ノ∀`)

らららオフ5th

2次会で時間管理

 とりあえず2次会の店の名前が『TIME MACHINE』でベリーグッドだと思いますた。ありがとう時間管理局!(*´∀`)ノ
 立食形式だったので料理が出る途端がつ人が群がり、えれがんとにしばらく待っているともう何も残っていなかったり、店側の手際もいまいちだったらしくもあるのですが。まあ40-50人規模の集まりで店を確保するのってけっこう大変ですからねー。

★うーたんの詩さんやあっきぃさんの隣に座ってえれがんとに乾杯をする。
★明日も連戦の徴税吏さんに悪童屋の人がうろんなことを吹き込んでいたのでウキーと抗議する。
★二次会から星から来た者さんが来ていたので、Shadowrun 4th が翻訳されますねーと話をする。僕も英語サプリを持っていたりこっそり財団のSRページのリニューアル準備を進めていたりします。深淵第二版がますます遠のかないかというハナシでしたが、いや! SR4があるなら深淵は脇に置くぜ!www
★誕生日を祝って盛り上がっていた女性集中卓にttyの人がいたので目を疑ってみる。
★エグゼクにチェンジしたみつるさんご来訪。パフパフ〜。
★アクト中も覗きにきていた勇者m&mさんと宇宙の華の顛末を語る。前から言われていましたが早く遊ばせてくださいよーと頼まれたので、4thイグナイトで勇者しませう計画を立てることにする。
★うーたんさんがうさぎメカニックを作っているとのことだったので誘う。グラホパーズのヒロイモンマスターの人も確保。
★おとなパワーが必要と見たのでみつるさんやsiganeさんにも声を掛けてみる。
★後でよく見てみたらメモに使っていた紙は今日使った自家製キャスト管理シートの裏だった(笑)。ごめんよアクト参加のみんな!
★はたはたクンたち二次会から参加組が集まっている方に行ってみる。
★アルさんたちすらのば組と話をする。髪型が同じだけど勇者エムどのにしては体の輪郭がなんか違うなあと思ったら、髪を坊主にしたIBさんだった。(笑)
★すらのばのCactusさんがいたので、「いやー、ヒロインができる人は(ry
★月葵さんがいたので「ブレイヴ!ブレイヴ!(;゚∀゚)=3」とする。
★バーのミストレスの哉桜ゆえさんと総帥は畏れ多いイメージがあるんですよーとか何をおっしゃるベテランがー(っ´▽`;)っ とかいう話になって結局また遊びませうという話で落ち着く。
★勝手にオトナかぶと同盟のHIROさんたちと話をする。『Gray World -revised mix-』もやってみたいとのことですのでいつか機会を作りませう。
★LEDmanさんが時期に乗り遅れたけど財団製しなりお『星月夜作戦』をやりたいとのことですので、いつか機会を作ろうかなあと思いました。そして、PC1のフェイトを天誅蕎麦屋がやったら最悪ですねと言う話で、HIROさんと完全な意見の一致をみる。
★お二人からそろそろ新作しなりおは出てきたりしないんですかと聞かれてぐはっとする。そうだった‥‥プレイ記録執筆がひと段落して本格的に考えようかと思った頃に大宇宙オフのRLを頼まれてそれっきりになってるんでした。ギエ〜 _| ̄|○
★様々な方に「レポを期待」と(ry

 というわけでらららオフは終了しました。皆さんお疲れ様でした。多人数がワイワイと集まるイベントならではの楽しみもあり、十分賑わったと思います。
 しかし‥‥戦いにはまだ続きがあるのです!

らららオフ5th
おまけの1 全10シナリオの指定スタイル集計

 今回も全10卓のシナリオの完全なプレアクト情報が参照できます。各シナリオの導入に用意されたスタイル指定を集計してみました。
 導入が5枠あるものはそのまま集計、複数OKにしているもの(例えば『宇宙の華 -ignited-』のPC2タタラorアラシ枠)などもそのまま合計しています。

ランク スタイルと導入登場回数
A クグツ、イヌ:6 ニューロ:5
B フェイト:4 トーキー:3
C カゲムシャ、アラシ、タタラ、カブト、マネキン、カゼ、レッガー:2
D ヒルコ、バサラ、クロマク、カタナ、カブトワリ:1 
E アヤカシ、カブキ、ミストレス、カリスマ、エグゼク、カゲ、チャクラ、ハイランダー、マヤカシ:0

ランクA:クグツ、イヌが最多なのは標準的なシナリオ同様。なんと今回は卓の半数でニューロ導入があったことになります。最近は電脳が流行りかっ?
ランクB:フェイト、トーキーも一人用意しておくと安心のスタイルなので納得か。通常フェイトはTOPに来てもおかしくないのですが、今回はクグツとイヌに負けました。
ランクC:納得のスタイルとそうでないスタイルがあります。カゲムシャは特定のギミックがあるシナリオでのみ導入が出てくるレアなスタイルですが、『稲垣光平のいない一日』『これはきっと、僕に下った天罰だ。』で稼ぎました。
マネキンも通常ほとんど導入がないのですが、『淑女が奏でるは葬送の謳』『さまよえる魔弾』にて登場。
レッガーもD時代になって大きく減少したのですが、『さまよえる魔弾』『B.T.L.』にて登場。
カゼも希少なのですが『Vehicle Side Story』『宇宙の華 -ignited-』にて登場。といっても宇宙の華はぶっちゃけなくてもOKなのですが。
ランクD:ふつうはランクEにきて当然のクロマクが、『これはきっと、僕に下った天罰だ。』にて登場。カタナとカブトワリは戦闘系としてまとめればランクCに上がれます。
ランクE:枠に登場ゼロ回。ミストレス、カリスマなどは納得です。アヤカシやカブキなど、1回ぐらいは出てきそうなスタイルもありました。

 例によって、ランク上位のスタイルを保有するキャストを作っておくと、オフ会などではなにかと便利ということになります。

らららオフ5th
おまけの2 全40参加キャストの保有スタイル集計

 今回も当日配布のレジュメに全卓のキャストの名前とスタイルが書かれていました。(これ、作るの大変だったでしょうね) こちらも面白いデータなので、大宇宙オフに引き続き集計してみました。
 オフ会となるとキャストの新造も多く、低経験点で単発アクトで活躍できるような作り方もでてきます。大宇宙オフと同じく、標準的なN◎VAのキャストの分布とは若干違った結果になりました。

ランク 参加キャストのスタイルと回数
A ニューロ:9
カブキ、タタラ、ミストレス、イヌ:8
B カブト、カブトワリ:7
チャクラ:6
バサラ、カリスマ、フェイト、カゲ:5
C アラシ、マネキン、クグツ、ハイランダー、トーキー:4
カゼ、レッガー、マヤカシ:3
D アヤカシ、カゲムシャ、ヒルコ、エグゼク、カタナ:2
E クロマク:0

ランクA:なんと今回のトップはニューロでした。各卓1人はいたことになります。シナリオの導入に計5枠出てきたこと、そして『さまよえる魔弾』に勇者のちからで真ニューロがいたことも順位を上げている理由でしょう。
 イヌは納得として、カブキ、タタラ、ミストレスがここまで多いのは意外。タタラ導入が2枠あり技術者系キャストが多かったのかもしれません。やはりオフ会では低経験点でも活躍できる支援系新造キャストが増えますね。
ランクB:カブトやバサラやフェイトが多いのは納得。戦闘系の中では、カタナを抜いて今回はカブトワリがトップ。『さまよえる魔弾』がカブトワリもの‥‥に見えてカブトワリ導入は1枠あるだけです。全体的に銃使いが似合うシナリオが多かったのでしょうか。
 そして大宇宙オフと同じく、カリスマが意外に多くなっています。
ランクC:ハイランダー導入は0枠なのにキャストには4回。マネキン導入が2枠あり、キャストでも4回登場しています。カゼやアラシは『Vehicle Side Story』『宇宙の華 -ignited-』の影響でしょう。
 導入では頻出のトーキーが意外に少なく、クグツは今回のシナリオ導入は6枠あるのにキャストでは4回しか出ていません。
ランクD:大宇宙オフでは最も多かったカタナがここまで転落しています。ヒルコは『YourWish』のおかげ、アヤカシは『これはきっと、僕に下った天罰だ。』のおかげ、通例ランクEのカゲムシャがいたのは『稲垣光平のいない一日』『これはきっと、僕に下った天罰だ。』のおかげです。
ランクE:大宇宙オフではランクDだったクロマクが今回0回でした。コンベンションレベルのアクトでは痛いキャラを見分けるポイントのひとつともされているクロマクは敬遠されることも多いので、当然の結果でしょうか。

 D時代の遊び方を反映して、40名のキャスト中37名はスタイル3枚別重ねになっています。
 希少な2枚=1枚は、A卓『YourWish』に登場せしみつるさんの“鱗姫”(ヒルコ=ヒルコ◎●, バサラ)、J卓『魂に刻まれた記憶』に登場せしぱんださんのキャミル・ウェンスフォード(バサラ◎=バサラ, チャクラ●)の2名のみでした。パフパフ〜♪。
 そしてさらに希少な唯一のレクトスは、F卓『さまよえる魔弾』に登場せしm&mさんの“猫頭の電脳神”小川 幸乃(ニューロ*3)でした。ネコミミだったそーです。これが、勇者のちからだ!☆

らららオフ5th
らららなリンク集

 大宇宙の75人規模に比べると50人規模なので比較すれば楽ですが、やはり一大リンク集は作るのに疲れました(笑)。
 [mixi]と書いてあるリンクはミクシィですので、閲覧範囲が限定されている可能性があります。なお10卓のシナリオ中計3つ、『YourWish』、『宇宙の華』(元版)、『B.T.L.』が、プレイレポートかプレイ日記、何らかの形で当サイトの記録に残っています。お暇ならどうぞ。

らららオフ まとめページ

■A卓: からいさん@『YourWish
 悪童同盟さん、月葵さん、みつるさん、無我さん
★からいさんの[mixi] 【セッション】連戦の記事とか
★無我さんの 兵祭り
★月葵さんの[mixi] ららららら♪(多いから。

■B卓: いわしまん@『宇宙の華 -ignited-
 Amistyさん、瀬戸際さん、闘う徴税吏さん、deshuさん
★Amistyさんの 潰していく御伽噺
★Amistyさんの 流れ星の御伽噺
★闘う徴税吏さんの やっと復帰
★闘う徴税吏さんの[mixi] 帝都侵入
★闘う徴税吏さんの[mixi] 帝都侵入1日目
★闘う徴税吏さんの[mixi] 【N◎VA萬】帝都侵入2日目
★瀬戸際さんの[mixi] 

■C卓: 哉桜ゆえさん@『
淑女が奏でるは葬送の謳
 浅間忍さん、くろさん、凪汐海梨さん、tovetaさん
★ゆえさんの[mixi] ……さて
★くろさんの[mixi] 夏期講習が終わったのだ。/らららのRLが決まったようだ
★くろさんの[mixi] ららら5thに行ってきたさ!
★凪汐海梨さんの[mixi] らららオフ突撃!
★tovetaさんの[mixi] [TRPG] らららオフ5th

■D卓: ジニアさん@『ロストマインド
 アルさん、HIROさん、武藤直樹さん、LEDmanさん
★アルさんの[mixi] ららら5thお疲れ様でした
★HIROさんの[mixi] ららら5thを終えて
★HIROさんの らららオフ5th〜”TIME MACHINE”におねがい♪〜
★LEDmanさんの[mixi] [N◎VA]らららオフ
★武藤直樹さんの 2006-09-17(Sun)/[mixi] ららら5thオフ(長文)

■E卓: 須川さん@『稲垣光平のいない一日
 ギニさん、侵入者さん、墓堀人さん、ペロきちさん
★ギニさんの[mixi] [TRPG]N◎VA

■F卓: SONEさん@『さまよえる魔弾
 闇司さん、m&mさん、siganeさん、DAIさん
★SONEさんの[mixi] [NOVA]らららオフ:さまよえる魔弾
★m&mさんの[mixi] 【N◎VA】ららら+
★DAIさんの[mixi] らららオフ

■G卓: NATRONさん@『B.T.L.
 KO1さん、SYSさん、フクモリさん、YAMAGEさん
★KO1さんの 命より大事なものは何ですか?
★KO1さんの[mixi] B.T.L.覚書
★NATRONさんの[mixi] 【雑記】週末記録20060915,16,17,18
★フクモリさんの[mixi] 【N◎VA】3連投の2・ららら5th

■H卓: tatuyaさん@『これはきっと、僕に下った天罰だ。
 Jさん、J-Iさん、御日月さん、yagamiさん
★Jさんの[mixi] 【TRPG】ららら5th行ってきました
★御日月さんの[mixi] ららら5thに行ってきましたよ
★yagamiさんの[mixi] 【TRPG】ららら5th

■I卓: chihayaさん@『Vehicle Side Story
 あっきぃさん、きたみちもどるさん、ホグ山さん、リュウ=レクレスさん
★きたみちもどるさんの[mixi] 【TRPG】ららら5thの宴・宴の仕度
★きたみちもどるさんの[mixi] 【TRPG】ららら5thの宴・宴の始末
★リュウ=レクレスさんの[mixi] らららオフ感想
★リュウ=レクレスさんの 2006/09/17(日)

■J卓: 天色在人さん@『魂に刻まれた記憶
 詩さん、カナスギさん、黒猫さん、ぱんださん
★黒猫さんの[mixi] [TRPG]ららら5thオフ会@編集中
★ぱんださんの[mixi] 明日はオフ会!
★詩さんの しゃらんらんらららーらーらーらー♪
★天色在人さんの[mixi] [TRPG]ららら5thオフ会
★天色在人さんの[mixi] [TRPG]らららオフ まとめ

〜全体編〜
★(はた)×弐さんの[mixi] 【回顧】9/16〜18までのセッション等
★悪童屋さんの[mixi] [遠征記] おさらい1
★chihayaさんの[mixi] 連戦の〆

〜その後編〜
★天色在人さんの[mixi] [TRPG]PPAの話
★天色在人さんの[mixi]  [TRPG]ららら5th 反省会
★天色在人さんの[mixi] [TRPG]ららら5th 考え

〜うららら編〜
★Cactusさんの[mixi] 【TRPG】先手を打つ、討たねばやられる

〜シュッシュッシュッ編〜
★Meyさんの[mixi] レアとの遭遇
★Meyさんの[mixi] これは書いておくべきか
★闘う徴税吏さんの[mixi] 【N◎VA萬】帝都侵入3日目
★悪童屋さんの[mixi] [遠征記] おさらい2
 


らららオフ5th
シュッシュッシュッと次回予告

 戦いはまだ終わってはいなかった。蒼森よりの貴重な来客を迎え、翌日も思わぬ豪華面子でもう1セッションが催されたのである。
悪童屋と氷血屋が果たした悪の結託とは?
狭を歩む夜の娘の周りに、宵闇は満ちたのか?
らららオフにてPC1村と認定された主賓の演じる、ダロ生命体の主人公ぶりは如何に。
ついでに、どこかの総帥ががつだったというのは本当なのか?

 もはや関東の人となりつつある関西のうろん師匠の贈る、夕闇の中の悲しき歌の物語。
舞台に上がるのは、キュマイラ/キュマイラでカヴァー:学生のDX的若カブト主人公、ダンピールの娘、ウェーバーを乗りこなす萌えっ娘不良少女、ついでにうろんな人斬りが一人。

エレがつトN◎VAプレイレポ

『落日悲歌』



合言葉は

 ∩
( ゚∀゚)彡 シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッ
 ⊂彡



Powered by R I - F o u n d a t i o n
Thanks for 370,000 Hit!!
line
レポートのページへ戻る

dice-jp.com > Iwasi Studio > Report > LaLaLer 5th > LaLaLer OFF 5th
Back to RI-Foundation TOP

RI-Foundation