迷光祭り 蝶☆体験

〜 迷光祭り 蝶☆体験 〜


 ストレイライト祭りキター!(*´∀`)=3 早売りされたトーキョーでは11月2週半ばから手に入り、Web上では情報が速くも出回っていましたが。そろそろ全国の皆様の元にも出回って落ち着いた頃でしょうか。
 なんとか平日に入手しようかと考えていたのですが結局金曜も終電まで働いていたので入手できず。仕方なく朝の書泉○ックマートで入手後、某邸宅でなかなか異色な面子と遊ぶことになるのでした。


And so, they appeared on the stage of Hiland colony .....

Handle: “DonJuan”ジョバンニ・カルニーニ 【Profile】【66q
Style: フェイト◎, エグゼク, カブキ● Age: 25 Gender:
Style Branch: フェイト:ボギー
 放蕩息子を意味するウェットシティのカジノ“DonJuan”オーナー。災厄後に多くの欧州貴族が軌道に逃れた中で地上に留まった名家カルニーニ家の当主であり、没落する中で紛失を免れた債権利子によって膨大な財産を所有している。幼い頃から親しんできた探偵小説の主人公になるために、災厄の街に渡るとN.I.K.認定の探偵となった。浪漫を愛する青年貴族だが、特権階級ゆえの世間知らずの一面もある。
 人探しの依頼で、旧知の探偵である那岐の元を訪れることに。N◎VAで活動していたはずの彼女の事務所は、何故かチャイローン・ジャンクションになっていたのだが‥‥
Player: (はた)×弐 【SwordDancer
▼さァさァ、封印して忘れ去られるはずだった“ジョン・ドウ”千早冬訝がよりによってSTL P59に採用されてしまったはたこずむの人ですよ。ハシタナイ!(/o\) しかもハンドルが中カッコで始まっているために数字とアルファベットを抜いて投稿者名簿の先頭に!(笑)
 オフィシャル版だと眼鏡に無精髭のやつれた青年風のイラストですが、元々の版はイメージソースはそのままハンニバル・レクター博士になっています。コネのスートが全部感情なのがミストレスの<※コンタクト>を使っているから、というあたりのデータもそのまま採用されていますね。
 オリジナル版が出てくるプレイ記録は実は『猟犬円舞曲』にあります。コンテンツの方ではあまり触れていませんが、このアクトは同一PLがキャストを2人使ったこと、チャールズの中の人が喋りすぎだったことでそれぞれリソースを食い過ぎ、不公平感が残りアクト自体の出来はいまいちな所でした。

 それはともかく今日はムッフー(´ー`)y―┛~~代表のジョバンニ。ついこの間オンラインアクトで会ったばかりの 那岐 が、何故か軌道にいるのですが‥‥??

Handle: “墓の住人”砕牙 一 (さいが・はじめ)
Style: クグツ◎●, カブト, カゲ Age: 2? Gender:
Style Branch: -
 元ネヴァーランドの孤児、千早重工に拾われて極秘任務で活動していたクグツ。任務に失敗して死ぬところを脳内爆弾を埋め込まれて命だけは救われ、死人の集まる存在しないはずの捨て駒部署“グレイヴヤード”の一員となる。
 死人にも休日はあったのか、グレイヴヤード近い位置にある後方処理課の課長から渡されたのはリゾート地への切符だった。社長の“バカンス”に同行せよということなのだが‥‥??
Player: 侵入者
▼横浜国大サークル『らいとぽいんたぁ』の最下級生の侵入者さんです。なま元帥や星読むおんどのの後輩に当たりますね。噂はかねがね聞いていたのですが(←約束)今日は異色の面子で一緒の卓で遊べることとなりました。
 聞けばサークル『らいとぽいんたぁ』には、いま3年生の侵入者さんの下の後輩が現在いない状態とのこと。
 まずい! それは大学のサークルの滅亡の予兆だっ (,,゚Д゚)!

Handle: “盾持つ少年”スクワイヤ・ナイト 【Profile
Style: カゼ◎, アラシ, ハイランダー● Age: 12 Gender:
Style Branch: アラシ:アイアンメイデン(うそ) ハイランダー:エトランゼ1
 こげ茶の髪、ゴーグルを額に掛けた活発な少年。タタラ街のM.A.D.モーターズ関連の橋本運送代行社で、中古の四輪トラックで運び屋を営んでいる。天才的な技術者であった父は数年前に行方不明になったままであり、父の作った自律型ウォーカー“バロン”を供に、ほうぼうで旅費をためながら父を探して世界を巡っている。カゼ稼業にふだん乗るのはおんぼろトラックだが、いざというときには主の声に応えた“バロン”が立ち上がり、少年騎士の盾となる。
 ある日、橋本運送に黒衣の護衛を従えて突然やってきた少女はメイと名乗った。軌道コロニーまで運び屋を頼むことに決めたのだという。中古トラックでチャイローン・ジャンクションに行くわけにもいかず、ナイト少年は事実上の召使い(酷)となるのだが‥‥?
Player: 火塚たつや 【presented by tatuya
▼ウホッ!(;゚∀゚)=3 きょ、今日はタトゥーヤ☆先生と生PLAYですよ! ハァハァ ハァハァ (;´Д`)
 ロボットアニメの主人公のようなコンセプトだという12歳のナイト少年、いかにもそんな感じの男の子です。火塚三大厨キャストとかいろいろとアレなサムシングが跳梁跋扈しているツタヤ☆世界にもこんないい少年がいるのですねえ。
 投稿者中段の真ん中へんに堂々と名前が載ったツタヤ☆先生、しかもその真上の二人がなんとも(ピーー)ですね。アフリカ関係の設定を投稿したそうですが、本人が細部まで確認してもSTLのどこにも載っていなさそうとのことです(笑) 2chで聞いてみても誰も反応がなくショボンヌとしたそうで。我々の本日の調査では「P52の冒険家ローランド・ガイエのコンセプトに吸収されたのでは?」という結論でした。

 最近は更新が途絶えたものの数年前はオンラインアクト『マジカルN◎VA』で一世を風靡した【ぷれたつ】。
 ちなみにSTL P49の“拳で語る”メロス・グッドマンはその時にキャストでよく登場したキャストで、データ自体はぷれたつに載っているものの、【瞬間忘却無言日記】のュゥィさんのメインキャスト。タツヤ☆RLの談話では「ゴスペルビームで人を倒す以外は実にいいキャラ」ということでした。
 最近の流行りものについ結びつけて考えがちの方はおそらく『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロング少佐あたりを思い出すでしょうが、メロス自身はハガレンブーム以前から活動していたので、実はイメージソースは別のところにあるそうなんですねー。 ( ´ー`)

Handle: “デス・ロード”アレックス・タウンゼント 【Profile
Style: カブト=カブト◎●, バサラ Age: 37 Gender:
Style Branch: カブト:ナイト
 死神の使いを名乗るカブト。E&B陸軍の特殊部隊で技術を身に付けた。死神との盟約のため、そして裁きのために、その力と夜の魔法を振るってきた。夜色のコートに大型拳銃と黒銀の鞘に収められた古き魔剣を携えている。時は流れ、家では妻と娘が待つようになった。
 ある日死の卿の前に突然現れたのは14歳ぐらいの少女だった。相手の了承も聞かず、突然軌道まで護衛を頼むというのだが‥‥?
▼くっ、PC3のはずのアレクぽんがPC1です。シナリオゲストの名がメイですね。横浜の【夜想都市】のMeyさん、見てますか〜〜〜(=´∇`=)
 しかしよく考えたらまた護衛相手が女の子でちた。うっ、『月下の騎士』で完治したはずの 重 い 病 が‥‥(;´Д`)


 いやいやいやそんなことはどうでもよくて世の中は迷光祭りですよ! 時代はスタイルブランチですよ! ストレイライトをGetした皆さんは自分のキャストに合うブランチを思案していることでしょうね。
カブトなら<ナイト>が順当ですが、ここは元特殊部隊員という設定を活かして敢えて<ソルジャー>をッ! こ、これで遂に<■ク・フレ>を取れば‥‥(;゚∀゚)=333
 と行きの電車の中でずっと考えていたら(←馬鹿)奥義は取れませんでちた。当たり前です。【Gray Room】の【三元の間】のレビューをよく読みましょう。カブト2枚で既に特技の多い身としてはかなり使えません。Over取得特技をブランチ分で取り直しすと経験点が節約できるぐらいです。というわけで、ションボリしながら<ナイト>を取得することにしまちた。

 スタイル毎に、そしてブランチ毎に効果の強さにけっこう差のあるブランチ。よく読むと地味〜だったり誰が取るんじゃいというブランチもけっこうあります。カブトだとルール的には実質<ウォール>/<ナイト>/<ボディガード>の3択あたりですかね。<ウォールなら>業物シールド“インテグラル”+“カテナチオ”で20点受けが実現できます。<タンク>も5Lvぐらい極めると強そうですが。
 世の中のカブト使いの皆様はやっぱり効果はともかく<ナイト>を一番選びそうな予感です。受付にいいんちょも就職して来たし、やはりこれからはワーデン所属のカブトが復権か?(*´∀`)=3


Ruler: NAT (NATRON)
▼ヨコハマの『グループみぞれ』所属、一心不乱方面で活動しているマイナス魔王ナトロンです。
 さァ、既に知ってる人も多いですが世の皆様にふたたび伝えなければなりませぬ。

中央区オフィス街に何故かタタリガミ
N◎VAの地下には下水王国

の張本人ですよ!(;゚∀゚)=333 よりによってこれがSTLに載るとは‥‥笑いが止まりません。
 ちなみに下水王様は王の誇りに満ちた高潔な統治者なので、アクトの中で地上世界の追っ手を逃れて地下世界に逃げてきたキャストの前に現れたりした際は、世のRLの皆様にもよき王として描写してほしいトコロ。参考にするならばオリジナル版は【66Question】や、ちょっとだけですが当サイトのプレイ記録の『帝都降下迎撃作戦』 2日目〜『運命の価値』 というアクト記録に出てきます。
 やァそれにつけてもこれからは何かあるごとにこう言えますね。


「やっぱ下水王様の中の人は違うなァ〜 (´ー`)y-~~~」

 というわけで出たばかりのサプリメントなので各自でアクト中も読み込んだり確認したりしつつ。
みんなの某邸なので、カジュアルプレイでまったりとダラダラとしながら迷光祭り開始と相成るのでした。

S T R A Y L I G H T




厳重注意:知っての如く以下公式シナリオです。これから遊ぶ予定のある方はその旨注意を‥‥
と行きたいところですが、出たばかりなので内容の深いところにはあまり触れていません。


楽園の休日

〜 楽園の休日 〜


アクト開始前。事前にキャストを作ってこないという侵入者殿が急遽新造クグツを作り、データ作成に余念がない。

砕牙一の中の人「RLの許可がいりますけど“脳内爆弾”入れましたよ。スイッチはどこにあることにしようかな‥‥」

一同の中の人「(無責任に) じゃあ下水王国で」

ナイト少年の中の人「(無責任に) じゃあN◎VAじゅうの一般市民の家で」

一同の中の人「軌道の下水王国ってどんなだろうな‥‥(*´▽`).。oO」


 無責任な会話が続いた後、下水はいいからアクト開始である!

S T R A Y L I G H T


 宝石のように輝く海。
 木々の間を爽やかにそよぐ風。
 完璧なまでに青い空と白い雲。
 全てが作られた、だが完璧な楽園‥‥
 それがリゾートコロニー、
チャイローン・ジャンクション


 美しい浜辺ではしゃいでいるのは、ワンピースに麦わら帽子の少女だった。そよぐ風がその帽子を飛ばしていく。


メイ「ねえ、なんてきれいな海なの! もう、アレックスは仏長面なんだから。ナイトも早く来てよ。あ、私の帽子、とって」
ナイト少年「あ、は、はい!」


アレックスの中の人「じゃあじゃれ合っている若い二人を見守っています」
ナイト少年の中の人「なにっ!」
アレックスの中の人「クックック。先に言ったこっちの勝ちだ(ニヤリ)」

 だが‥‥ナイト少年は泣く泣く彼女の元に向かった訳ではない。
プレアクト段階での打ち合わせどおり、ヒロインとイチャイチャする役を譲られた途端

キャッキャしながら取りに向かうと蝶☆ラブラブ全開である。

これでこそ‥‥

ツタヤ・ザ・ピンク!(゚∀゚)
 

S T R A Y L I G H T



一方、千早重工の墓場から天上の世界へと昇ってきていた 砕牙一 も、仕事でチャイローン・ジャンクションにいた。
 そしてあっさり(ピーー)する千早総帥。あやうし千早、何度目の危機か!

S T R A Y L I G H T


そして金持ちの御曹司、ジョバンニ=カルリーニは初めてチャイローンを訪れていた。

ジョバンニ「爺や、これがストレイライトというものかね。初めて見たよ‥‥


一同の中の人「(総ツッコミ)お前は物を知らなさ杉だ 」
ジョバンニの中の人「いや〜『ストレイライト』も出たばっかりだし‥‥(´▽`)」


 そして人探しを頼みたいという依頼のため、ジョバンニが訪れたのは都市ブロックにある“レインボー探偵社”であった。旧知の探偵、那岐の本拠である。


ジョバンニ「(´-`).。oO(ずいぶん急に軌道に移ったんだね‥‥)」


 それもそのはず。【ロケット屋ダンデライオン】のシナリオ『シャドウ・ランドの死婦人』はNHKトリオでのリプレイ若狭千夜笠置静馬彩賀砲斎(ここでチェック。STL P45の岩崎御庭番衆をよく見よう!)がキャスト、財団に載っているエレガント版リプレイではジャン少年&ミア・ウェイの凹凸コンビがキャストとなっている。
 だが、その前の版に“夢紡ぎ”那岐&ジョバンニがキャストになった回があるのだ。Web上でのコンテンツにはなっていないがリアルスペースで2004年9月ごろ、実にたった2ヶ月前のことであるッ!

 はんどるが“虹の紡ぎ手”に変わった那岐は元々の【Profile】【66 Questions】や財団版リプレイの『ドゥームズデイの雪』をよく見ると分かる通り、隠し巫女属性を持つというヒミツがある。本を読む時に伊達眼鏡を掛けることもあるそうな。
 オフィシャル版では巫女属性は削除されているが、世の巫女スキーの諸卿ならば説明テキストの「“鎮め”と呼ばれる特殊な家系に生まれた〜」の一節から推理できることでであろうッ。

 むしろ軌道といえば封印記憶祭り。<※封印記憶:隠し巫女属性>を持っていることに脳内変(ry
 

S T R A Y L I G H T


 一方、観光ブロックではメイお嬢様ご一行の買い物が続いていた。

メイ「すっごーい!(☆▽☆ じゃあこれとこれとこれ、ほらナイト、持っててよ」

(↑荷物はすべてナイト少年持ち)」
ナイト少年「うっ‥‥。タウンゼントさん‥‥(救いを求めるように見上げる)」
アレックス「(左右を確認しながら)すまんな。両手が空いていた方が、いざという時にすぐ動ける」

S T R A Y L I G H T


 そして一行は豪華なレストランに入る。食事に大騒ぎの少年少女を背景に店に入ってきた一人の(ピー)。一瞬の交錯。護衛よりも早く飛び出した砕牙一が熟達の(ピー)を防ぎ、何も知らない客たちの間で、3人の男たちの間に緊張が走る。
 身構える砕牙一、夜色のコートの下に隠した拳銃を向けるアレックス。だが(ピー)は穏やかに一礼すると、その場を辞した。

(ピー)「では、彼女にこうお伝えください。‥‥『あの世はいい場所ですよ』、と」
(鮫のように笑う)
アレックス「確かに伝えよう、ご老人。こちらも頼みがある。――ボスにこう伝えてほしい。
『彼女のそばには、本物の騎士(ナイト)が控えている』とな」


 そして、ちらりと振り返るデス・ロードと砕牙一の先の背景にあるのは‥‥

ジャンボパフェに挑戦するメイとナイト少年


アレックス「済まんな。千早の社員がいるということは、このコロニーでも厄介事が起きるのかい」
砕牙一「なに、こちらも仕事ですよ。実は‥‥」

S T R A Y L I G H T

 そしてリアルスペースの面々の元には電話が掛かってくる。
それは、サークル一心不乱の盟友、【脱ヒキコモリニッキ】のuchi-氏からの連絡であった。一体何事であろうか。

『ジョバンニがブランチ<ボギー>だなんてありえない!』

 メタルキングuchi先生! それだけかYO!ヽ(@▽@)ノ

S T R A Y L I G H T


 そしていろいろあって公式シナリオ名物、(ピー)(ピー)して(ピー)にされる一行! 滅多に(ピー)の右腕を振るうこともなくなった(ピー)がいきなり現れ、アレがソレしてナニがソレ

 そして美しい海岸でメイ少女とナイト少年は、

生温かく見守る方がハズカシくなるラブラブを繰り広げ、
いろいろあって一同は別のコロニーに向かうことに‥‥


誰か「“御座船”買いましょうよ〜(っ´▽`)っ」
ジョバンニの中の人「あれは前に買ったからな‥‥(´-`).。oO」

 結局、基本データが優秀なSTL追加の“夜光”に乗り込むと一行は宇宙に飛び立った。

S T R A Y L I G H T


メイ「キャッスル・(ピー)に行けばこれで大丈夫なのね」
(ピー)「あら、本当にそうかしら?」


 突然開くシャトル客室後部のドア。そこに立っていたのは(ピー)を従えた(ピー)だった。さらにシャトルを落とすために虚空からは(ピー)が!
 シャトルが墜落したら全員死亡確実である。マジヤバッ!(゜∀゜;≡;゜∀゜)


ナイト少年「よし‥‥バロン、来るんだ!

 このアクトを30分アニメや戦隊ヒーローものの時間に変換すればちょうど20数分頃。

 主人公の呼び出す蝶☆カッコイイ主役ロボ登場には適切な時間である。主の声に応え、天才技術者の父の作った完全自律型ウォーカー“バロン”がシャトルの側に姿を現す。

 そしてブランチ<アラシ:アイアンメイデン>で二人は合体‥‥いやいや、この蝶☆カッコイイ“バロン”の実体は‥‥

<■封印記憶:親衛隊>で呼び出したトループ


 しかもアヤカシかYO! かように多少ツッコミ所のあるバロンだが、まあそれはご愛嬌である。そもそもツッコミ所を言い出したらナイト少年の中の人自体が(ry
 かくして始まる戦闘。いきなり神業が6つ飛び交い、外は終結。さすがは蝶☆バロンである。悲しいかな、(ピー)はひとことの台詞も発することなく宇宙の彼方に消えていった‥‥

 そしてシャトル内の人たちの奮戦で徐々に押しつつも、

それをシャトルの外でバロンの中から見守るナイト少年は蝶☆大事なことに気付く。


ナイト少年「(はっ)ここからだとシャトルの中が攻撃できない‥‥(゚▽゚;)」


 その通り。ウォーカー装備の兵器で別ヴィークルの中にいる扱いのキャラクターを狙い撃つのは難しく、ビジュアルな絵的にも無理がある。メイ少女ごと撃ったりしてしまったら騎士の名の名折れである。
 そして、騎士の名を持つ少年が残ったアクションで行ったのは‥‥

素で<交渉>


砕牙一の中の人「(くわっ!) いやッ!

 僕の知ってるtatuyaさんはそこで終わる人じゃないですよッ!

 いつものように(ピーー)なことぐらいはやるはずだッ!ヽ(`Д´)ノ」

ナイト少年の中の人「(くわっ!) 分かった。やるYo!」


‥‥“バロン”をシャトルに繋げ、ナイト少年はシャトルに乗り移った。びっくりしている少女メイをよそに、素交渉のダメージを受けて呆然としていた無口系の少女の元へ向かう。

ナイト少年「君に銃は似合わないよ」


“盾持つ少年”スクワイヤ・ナイトは少女の体を抱きしめるのだった‥‥


ジョバンニと砕牙一の中の人&負魔王様「いつものツタヤ・ザ・ピンクだ! ヽ(´ー`)ノ」

アレックスの中の人「うわ、蝶☆ハシタナイ! (/o\)

今日は遂に生で見ちゃったよ‥‥有意義な日だ‥‥ハァハァ」


 かくしてシャトル墜落の危機を免れ、一同は美しい城へと赴くのだった‥‥


アレックスの中の人「しかしまずいですな。『彼女のそばには本当の騎士が控えている』と言ってしまったが、

まったく予言が実行されていない‥‥ (゚ー゚)」

ナイト少年の中の人「いやいやいや、

騎士道は女子供を尊ぶものと言うじゃないですか (っ´▽`)っ」

アレックスの中の人「おっさすがツタヤ☆先生。イイこと言った! (´∀`)b」

S T R A Y L I G H T


 そしていろいろあってエンディング。ルーラー講座にも書いてあるが、シナリオに記述のある想定EDを行う際もPLが考えたEDを行う際も、時にはうまいシーンが思いつかないこともある。

砕牙一の中の人「僕はタツヤさんのエンディングならもう沢山考え付いたんですけどね〜 (´ー`)y-~~~」
ジョバンニの中の人「僕も〜 (´ー`)y-~~~」

S T R A Y L I G H T


‥‥チャイローン・ジャンクション、豪華なパーティ会場。軌道の粋を凝らしたホールでは着飾った男女が優雅に踊り、天上の妙なる音楽が流れていた。
 大人びたドレスに身を包んだ少女メイはその中で壁の花となり、つまらなそうに踊る大人たちを眺めていたっていた。集まっている男は彼女の目からはおじさんに見える男ばかりだったのだ。

 そんな中、現れたのは――妄想と浪漫の中にたゆたう私立探偵であった。

ジョバンニの中の人「ほえ? アレックスじゃないの?(・о・」


 なにやら負魔王様はエンディングを変えたらしい。アレクぽんがR時代からずっと掛かっている

重 い 病 を気遣ってのことだろうか。やっぱ下水王の中の人は違うなァ〜 (´ー`)y-~~~


ジョバンニ「美しい女性にそんな顔は似合いませんよ‥‥ほら (花束を手渡す)」

メイ「(ぽっ)ありがとう。あのナイト君も、もう少し背が高くなったら相手してあげるんだけどね ( ´ー`)」

舞台裏ナイト少年「ムキィ!ヽ(`Д´)ノ」

ジョバンニ「記念にこれも差し上げましょう。何が買えるかは‥‥後で分かりますよ」
(《M&A》で渡す)」

 エレガントーな男女の中、放蕩息子(ドンファン)とひとりの少女も踊りの輪の中に加わるのだった‥‥


一同の中の人「ここに那岐も出そうぜー (っ´▽`)っ」
アレックスの中の人「巫 女 衣 装 限 定 で ( ´∀`)」

S T R A Y L I G H T


 千早俊之の(ピー)も解決し、千早雅之社長の楽しい(ピー)も終わり、千早重工に再びしばらくの安定が訪れた。
 地上に戻った砕牙一は裏工作をあれこれ行い、ひそやかな陰謀が《完全偽装》で整えられた。

砕牙一「これから千早総帥がお出かけになる時にも護衛がいるでしょう‥‥彼女なら、適任です」

 暗がりから現れたのは、死んだはずの無口系の少女だった‥‥

S T R A Y L I G H T


 トーキョーN◎VAウェットシティ、ナイト・ワーデン警備保障本社。

CEOのブロッカーと世間話をしていたのは、彼が銀の守護者だった頃を知る旧知のカブトだった。

アレックス「今度の仕事で軌道に行ってね。登るのは2回目だ」
ブロッカー社長「ほう、軌道ですか。この前の依頼から時間も経っていないというのに」
アレックス「依頼人がまた女の子だったんだがね‥‥これが厄介な相手だった。

あなたが紹介してくれる依頼人と同じぐらい厄介だったよ」
ブロッカー社長「(;´_ゝ`) 」

アレックス「ところでMr.ブロッカー。さっき受付で見た事務の子だが、見かけない顔だが‥‥?」

ブロッカー社長「ああ、あの子ですか。最近入った子ですよ。なかなかに、優秀な子でね‥‥」


 二人の男が振り返る先、若い騎士たちの集う砦の入り口を守る受付にはひとりの少女が陣取っていた。

その顔には――眼鏡が光っていた。

S T R A Y L I G H T


 そして最後、PC5のはずだがPC1のようなナイト少年のED。

マイナス魔王「さァRLの方々、どうぞ! ヽ(´ー`)ノ」 ←完全にRLを放棄
ジョバンニの中の人「(☆▽☆」
砕牙一の中の人「(☆▽☆」


 タタラ街にある橋本運送代行社。(ピー)の役目が終わった少女メイがナイト少年に逢いにやって来ると、なぜか先客の少女がいた。

(ピー)「言っとくけど、ナイトくんは忙しいのよ (・∀・)y-~~」(←中の人:侵入者)
メイ「(,,゚Д゚)!」

 誰だろうか。思えば軌道シャトルの中で襲ってきた(ピー)に似ているような気がするのだが、何かがおかしい。

ナイト少年「や、やあ‥‥」
(ピー)「あ、いたいたナイトく〜〜ん! ああンもう、アタシ2日間も待っちゃったんだからァ。

 もう、アタシと貴方は、戦闘中に湧き上がった熱い恋で結ばれているのよ (*/∇\*)」
(↑中の人:侵入者)

メイ「( ゚д゚)ポカーン」

アレックスの中の人「君、そのRPキャラ変わりすぎだよ」
一同の中の人「洗脳したのか?(゜∀゜;≡;゜∀゜)」


(ピー)「(ひしっ)そういう訳だから、アタシとナイトくんはもうこういう関係なの。
アンタなんかには分からない、深い絆で結ばれているのよ」(←中の人:侵入者)
メイ「あなた‥‥もしかして‥‥あの時の‥‥??」
ナイト少年「いや、その‥‥・゚・(ノД`)・゚ ・。」


 タトゥーヤ☆先生の好きそうなイタい女の子の出現にたじろぐナイト少年と喜ぶ中の人。

 醜いいや、熾烈な愛の戦いが繰り広げられた後。少女メイの《プリーズ!》からナイト少年の《脱出》。

 二人を乗せたバイクは、愛の蝶☆逃避行へと出発するのであった。


And so, the curtain dropped,
after the Catstrophic Hoiliday .....

-XYZ-


ちなみにアクト終了後
アレックスの中の人「ところで負魔王様。今日のツタヤ☆先生はいつものツタヤ☆先生じゃなかったような気がするんですが、どうなんですカイ?」

負魔王様「さァはたさん、判決どうぞ!(っ´▽`)っ」
ジョバンニの中の人「そうですねぇ‥‥」

 ジャッジメント! 説明しなければなるまい。ピンクな☆ハシタナイザーに対しては、ピンクの本質をまだ見ていない人の要請により、はるか一心不乱の彼方にある、はたこずむ最高裁判所から判決がくだされる。


チキチキチキチキチキチキチキ‥‥
‥‥
‥‥
ジャァァッジメント・タァァァァイム!
(エフェクト付きボイスで)


ジョバンニの中の人「やっぱり今日はいわしまんさんがいたし、よそゆきのタツヤさんでしたね (´ー`)y-~~~」
ナイト少年の中の人「 _| ̄|○ 」
一同「 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 」

 デリート許可。かくして、恥の三連星の神祖長兄、ピンクな人の本質は暴かれ、地球の平和は守られた。
迷光環境においてデカごっこをするならば、“召喚印”でコスを転送、しかる後に“印籠”、義体の“アイアンビースト”、ウォーカーの“機獣王”あたりでハッスルするのがよいだろうか。“ライオット”+“スラッグ弾”もSWATモードには欠かせない。

 これにて一件コンプリート。君もタタリガミの前で僕と握手!(意味が 分から ない)
 

S T R A Y L I G H T


〜これから遊ぶ方への蝶☆アドバイス〜

★舞台は麗しのリゾートコロニー、相手にするのは家出してきた女の子。プレアクトテキストから想像がつきますがコミカルなドタバタ調のアクトです。その旨理解して似合うキャストを選定していきましょう。
★PL4人の場合は数字の大きい導入を削る‥‥のは毎度のことですが、今回はアクト内の行動と立場的に似ているPC3:クグツとPC4:エグゼクのどちらかを削るのがよいでしょう。あるいはいつもどおりPC5:カゼか、コンビのPC1:カブトのどちらかも削れます。
★これもシナリオハンドアウトから想像がつきますが、PC1:カブトとPC5:カゼは早々に合流して女の子の相手をすることになります。シナリオ記述のプレイレポートだとクール役とおどけ役のコンビだったとあります。我々のプレイでもまさにそんな感じになったのですが、対比のあるキャストでうまいコンビが組めるよう、可能なら事前に調整しましょう。
★舞台はチャイローン・ジャンクション。『ストレイライト』購入直後だと、スタイルブランチや追加装備に目を奪われてこの辺を読んでいない状態でアクトに臨むこともありえるかもしれません。事前に目を通しておくか、RLサイドから載っている施設を使ってイベントを起こしたりするのもよいでしょう。観光気分で楽しみましょう。
★PC2:フェイト役はモチベーションが下がるかもしれない一幕があるのでちょっとだけ注意。《真実》の使いどころはRLからそれとなく示した方がよいかもしれません。
★敵がSTLの追加装備やブランチをバリバリ使ってきてSTLを読み込んでいないと弊害が起きる‥‥訳ではなく、そのへんは今までどおりの気持ちで安心してアクトに臨んで大丈夫です。今までのシナリオから特に変わった所は何もありません。
★ハンドアウトにも記述がありますが<コネ:那岐>を社会の代用技能に使えます。チャイローンの案内役、そしてシナリオのお助けゲストとして那岐が登場することもありえます。顔つきパーソナリティーズのところを押さえておきましょう。
 筆者もオリジナル版の那岐(【Profile】【66 Questions】)を実際に知っているので分かるのですが、知らない人がロールプレイするには彼女は割と難しいタイプ‥‥かもしれませんね。(単純な10代の少女ヒロイン型でないので逆に。)
 オリジナル版の口調などを確認するなら【ロケット屋ダンデライオン】のオンセリプレイ『ヴァニシング・ポイント』や、当サイトの『ドゥームズデイの雪』を見る手もあります。いやしかし、気にすることはありませぬ。オフィシャル版は別人ですから俺的那岐で。むしろ巫女( ´∀`)σ)Д`)



 かくしてよそゆきとはいえピンクなサムシングを生で見れるという有意義なひとときを過ごし。軌道コロニーへの観光旅行は終わるのでした。
 しばらくの休息の後に2本目の開始です。



遠き追憶

〜 遠き追憶 〜


And so, they appeared on the Rainy City .....

Handle: クラム・チャウダー 【Profile
Style: フェイト◎●, ミストレス, カブトワリ Age: 23 Gender:
Style Branch: フェイト:アームチェア2
 行方不明となった所長の代わりに“ストレイライト探偵事務所”を切り盛りする若い探偵助手。恋仲で結婚直前に失踪してしまったストレイライト所長はその筋では有名な探偵だったらしく、自分の知らない所長の話をされるたびに困惑している。銃の腕はからきしでまったく戦闘能力がないものの、人に受けがよい。年の割に浮いた感じの女性。
 ある雨の日のストレイライト探偵事務所。びしょびしょになりながらドアを叩いてきたのは、抱きしめたくなるような可愛い少年だった。それが彼女の災厄の始まりだったのだが‥‥?
Player: 火塚たつや 【presented by tatuya
▼ツタヤ先生がツタヤ☆ワールドにありえないぐらい蝶☆普通な一般ピープル新フェイトを用意してきました。カブトワリ特技をまったく取らずに戦闘は<※盾の乙女>のみ、人に会うと<コネ:ストレイライト>+<※コンタクト>で行方不明の所長の勝手な噂話を作ってきます。
 いやーツタヤ☆ワールドにも普通の人っているんですねー。( ´ー`) 年齢とスタイル以外にも、不幸なところがうちのミア・ウェイとなんか通ずるところがありますナ!(笑)

Handle: “無垢なる殺意”マリス・アデレイド 【Profile】【66Q
Style: ハイランダー◎, チャクラ, カタナ● Age: 15 Gender:
Style Branch: ??
 完璧に均整の取れた体、あどけない無垢な微笑みを湛えた少年。可愛らしい外見だが、呼吸するかのごとく殺戮を行うナチュラル・ボーン・キラーであり、油断して殺されたストリートの人間は多い。
 普段はアリス・ローゼンのBAR“マリア・ラグーン”にたむろっており、彼女からの依頼しか受けない。日本軍や浄化派の能天使だとの噂もあるがその正体は不明であり、腕の良いカタナであること以外は確かでない。かなりサイバー化しているが、素手での戦いを得意とする。
 災厄の街のストリートで暗躍する同じ顔をした正体不明の工作員、クサナギとじゃれあっている折。彼らは新たな秘密を漏らしてきたのだが‥‥?
Player: (はた)×弐 【SwordDancer
▼皇子殿下の【ロケット屋ダンデライオン】のオンセリプレイ『ヴァニシング・ポイント』でも恐竜ぶりを発揮していたマリス坊です。ナイフ・エッジ度もポスト・エリス級のキケンな坊やです。
 ついに自己紹介で中の人が自分からショタっ子ですと紹介してきました。なんと罪深きかなはたこずむ‥‥(。´Д⊂)
 マリスはかなりサイバー化していますが武器は素手、“レジェンダリー”生身相当の芸術的な体という全国のおねいさまを意識したスタイルで戦ってきます。
 ボディガードと殺し屋なのにアレクぽんがコネを結ぶ必要が出てきたので中の人が「とるのやだー」と騒いでいましたが(一部嘘)、ストリートの闇の中でヤりあったことにして生命で取ることになりました。

Handle: “発砲警官”大岡哲也
Style: イヌ◎, レッガー, カブトワリ● Age: 42 Gender:
Style Branch: カブトワリ:トリガーハッピー
 ショットガンを愛用するブラックハウンドの警官。合法的に人を撃つためにハウンドに入った。以上。
 機動捜査課課長千早冴子警部の指示は、同じ顔をした少年が連続して狙われた事件の捜査だった。そして、合法的に大量の人間を撃てる機会がやってくるのだが‥‥?
Player: 侵入者
▼説明があまりに短くてあまりに分かりやすいキャラを侵入者さんがその場で作りました。トリガーハッピーなんかはイメージがつかみ易いブランチですね。エンディングが思うようにいかず、もにょもにょともにょったりしていました。


Ruler: NAT (NATRON)
▼RLはまたしても負魔王様で同じ、カブト枠もアレックスで同じままアクト開始です。

 2本目の方は時間も押し、割とだらだらやっていたので割愛。
 クラム・チャウダーの中の人が『ストレイライト探偵事務所』を『ストレイトライト探偵事務所』と何回か言い間違えて「最初からそっちにしたら?」となったり。(これ、けっこう間違いますよね。SFファン以外にはしゃべりにくい単語かも。w)
 探偵事務所でクラム・チャウダーと少年が(ピー)してアレックスがコーヒーを貰っているとクサナギと(ピー)が乱入してきたり。大岡哲也が嬉々として<トリガーハッピー>ぶりを発揮して撃ちまくったり。さらにマリスが蹴っ飛ばしたトラックが事務所に突っ込んできたり。正義の味方を詐称するマリスがさらに事務所の中で暴れて探偵事務所が無残なことになったり。
 いろいろあってクライマックスではガクガクしたり。仕方ないのでマリスが《天罰》で自分の体を最強義体“タケミカヅチ”相当にするという禁断の手を使ったり。マリスが一心不乱に戦う一方でクラム・チャウダーが<※盾の乙女>しつつアレックスが本気攻撃してようやく勝利したり。
 禁断の使い方をしてしまった《天罰》は「絶望的な戦闘に希望を与えた」という理由で経験点に入ったり。侵入者どのがエンディングで思うように行かず、もにょもにょと長丁場になってしまったり。 しながらアクトは終わるのでした。
 しかし買ったばかりで義体コンストラクションルールをよく読んでいなかったのでアクト中に驚愕したのですが、“タケミカヅチ”は蝶☆ヤバイですね。《タイムリー》《買収》《天罰》で出してはいけないアウトフィッツ群の筆頭になりそうです。(゜∀゜;≡;゜∀゜)


And so, the curtain dropped,
after the Rainy City .....

-XYZ-

S T R A Y L I G H T


〜これから遊ぶ方への蝶☆アドバイス〜

★GX-Dもしかり、オフィシャルシナリオは大抵2本目がスケールが広大だったりはっちゃけたりしていることが多いのですが、今回は珍しくなんと逆。陰鬱な雨の降る災厄の街で、全国のおねえさまに蝶☆人気(推定)の征司たんのヒミツが語られます。
★シナリオの雰囲気に似合うキャストの選定はいつものことですが、今回やはり女性キャストがいるとアレがソレでよいでしょう。(何が) 特にフェイト役が女性なのがオススメ。
★PC1:フェイトは必須。他はどれでも削れます。ぶっちゃけ戦闘能力があればキャストが4〜5人いる必要すらありません。
★ハンドアウトを一見すれば分かりますが、征司たんが二人書いてあります。「セイジ」「征司」と表記は違っても日本語で発音すると同じ。おまけに例によってクサナギもみんな同じ顔だしゴニョゴニョもみんな同じ顔だし、アクト中の描写の際に混乱の元です。(アクト進行に支障をきたして我々は非常に困りました。)
 『征司1』『征司2』や『征司壱式』『征司弐式』、『弱気征司クン』『強気征司クン』など、前もって呼び名を決めておくと楽です。RLサイドから描写したりロールプレイする際にも、格差を意識するとよいでしょう。
★イベントなどシナリオ構造も全てPC1フェイト中心。他のキャストはぶっちゃけいなくても問題がありません。情報項目も禁断の<社会:日本>や<社会:軌道>がないと困ったりして全体的に構成にやや難あり。
 『ストレイライト』は製作期間の問題かスタイルの並び順など誤植は全般的に多いのですが。少々穿った見方をすると、おそらく最後の方で入れたであろう付属シナリオが一番短納期の影響を受けているようです。この辺は適宜シナリオチューン(ルーラー講座に書いてあるので今後こう呼びます)するとよいかもしれません。
★せっかく舞台が現在のN◎VAなのですから、調査のついでにあちこち巡るのもよいでしょう。マップガイドにも投稿設定による新名所がかなり加わっています。
★ちょっと内容に踏み込みますが、登場する敵のデータが正直ヤバイです。蝶☆ヤバイです。メジャーアルカナ最後のハイランダーSSSも敵は強く創ってありましたし、そろそろ貯まっているであろう経験点を使って追加装備や義体コンストラクションやスタイルブランチでハッスルせよ‥‥とも読み取れますが、作り方が正直まずい。
PART4のルーラー講座は非常に良質で参考になるのですが、どうも付属シナリオにはそれがいまいち反映されていない感があります。
 経験点数百点クラスの名物キャストなり顔キャストなりが1〜2名いる構成ならよいです。キャストが3人以下の場合、経験点数十点のあまり強くないキャストが4人揃っている場合などが要注意。神業構成も含め、必ず事前に確認するかシナリオチューンしましょう。

S T R A Y L I G H T



 ということでアクトは終わるのでした。  リアルスペースの電脳空間は迷光祭りで既にかなり盛り上がっていますが、少し触れておきましょう。

 投稿が採用された設定や人物、装備に関してはWeb上でもかなり特定されつつあります。実際のアクトで使えそうなもの、あるいは逆にネタのどちらかが選ばれている感じですね。
 僕の持っている情報と収集した結果を合わせてネット者の投稿一覧を作ろうかと思っていたのですが、【Gray Room】で「ストレイライト」おまけ・投稿採用情報を作ってくれたのでもう全部任せます。魔王ジニアどんがむばって〜(エーー)

 では割と分かりにくいところから幾つか。N◎VAアサクサで事業を始めたぐっわーく人材派遣の代表、石目夷吟氏はむかーし財団にR版のProfileも投稿した北海道は【高橋英俊的心のホームページ】 の高橋英俊さんのキャストですよ。なんと人事部長、いつのまにかイワサキを辞職していたとは‥‥w 豪州軌道宇宙軍の艦長に出世したウルリーケ大佐はR時代の昔の話で恐縮ですが『ルナティック・オーヴァドライヴ』というシナリオで会いました。懐かスィ‥‥
 それからそれから斑鳩にある聖ミシェル学園はなにやら百合のかほりがしますが。よく探すとこんな所に学園を舞台にした恥ずかしいプレイレポが。うわ、マリみてかよ!(/o\)

他人のようにツッコんで先へ)

S T R A Y L I G H T

 そしてスタイルブランチの意義に関しては、既にネット上でもかなり語られている通りです。
 昔から危なくなったら神業でナンボのN◎VAシステムはバランスなどハナから気にしていない部分はありますが‥‥それでも一応バランスというものはあります。
 GF誌やSSSなどの追加装備にも目を通しつつ遊んでいるある程度コアなユーザーさんなら分かっているでしょう――多数の強力な業物級装備や、既存の特技奥義で強いキャラクターは十分に作れ、危険な戦闘は十分に再現できます。『ストレイライト』には“原質解析”などの危険なアイテムも再録されましたし、STL自体にも多数の追加アウトフィッツがあり、さらに幅が広がりました。
 そこにもう一種類の特技という括りでブランチが加わり、ルール的にさらに強化するのが前提の遊び方をして楽しいかというと‥‥微妙なところもあります。
 8Lvぐらいの特技や奥義、強力な装備で武装し、なおかつブランチを4Lvで複数持ったりしている敵ゲストとの戦いは、例え勝てても正直かなり不毛でしょう。迷光はおろかその向こうの宇宙の彼方まで飛んでいってしまいもはやN◎VAではない感もあります。
 この日集まった面子で話したところでは、とりあえず手近に一番ヤバイのはクロマクの<ゲームマスター>だろうという結論でした。ブランチ毎にあまりに強さに差がありますから、そのうち大量にエラッタが出たりしそうですね。
 本日の集まりでもブランチは一部のキャストが取得してみたのですが、結局ほとんど使いませんでした。やはり最初は、STLのP58にあるようにそのキャストの本質をより明確に表すもの、多くのアクトを戦い抜いてきたキャストに与える褒美や称号として、イメージに合うものを1〜2Lv記念に取ってみた‥‥ぐらいのところから始める方が無難かもしれません。

 ちなみに自分のキャストがどれを取得しようか皆さんかなり頭を悩ませるでしょうが。普段からある程度共通の面子で遊べる環境の下にあるなら、「僕のキャストの誰それには何が似合うかな?」とプレイ仲間に聞いたほうが正確な答えがすぐに返ってくることでしょう。(笑) と思っていたら、【なま屋。】日記にも同じようなことが書いてありました。
 お互いのキャストやゲストのブランチを考え合うのも、迷光祭りらしくて面白いかもしれませんね。

S T R A Y L I G H T

 そして真面目な内容としてはRL講座は一番感心したところです。こういうマスタリングのテクニックのようなものは、人によって差異があったり、門外不出の秘伝のような一面があって昔からなかなか形にならないのですが。20ページも揃って形になると圧巻ですね。
 N◎VA関係で見れるまとまった形のコンテンツというと【ロケット屋ダンデライオン】のTips50などが有名ですが。当サイトにあるプレイングTipsをまとめたコンテンツ『天輪の音が響くとき』も、「やっぱりDから本格的にRLを始める若い人もいるし、こういう情報も共有した方がDの時代にはいいのかなぁ」と思ったのが作成のきっかけでした。
 STLのRL講座には上のコンテンツに記したことやRLをする際に気をつけていることとまったく同じことも多数書いてあり、そしてもちろん、違うことも書いてあります。
講座の一番最後にRLは武器を持とうとある通り、マスタリングにも様々なスタイルがあり、全てのスタイルの場合にRL講座が完全な教科書となるとは限りません。いずれにせよ本格的にRLをするなら確実に役に立つでしょう。
 とかくN◎VAはやれキャストが強いだの中の人がどうだのとPLサイドが話題になりがちですが、そんなキャストが活躍できるのはアクトがあるからであり、RLがいるからです。
 一番賞賛されるべきなのはRLですし、ある程度のRL技術があればシナリオを問わずアクトが楽しくなります。これから挑戦しようと思っているPL専門の人にもゼヒ腕を磨いて欲しいところ。


 そんなカンジで種々のサムシング蝶☆体験の日は終わるのでした。
 それではよい迷光祭りを!ヾ(´ー`)ノ

S T R A Y L I G H T

〜おまけ〜
迷光祭りなリンク集
コンテンツ系

★Tryarksさんの【三元の間】のSTRAY LIGHT レビュー
 おなじみ最速レビューです。
★ジニアさんの【Gray Room】のストレイライト・レビュー、 スタイルブランチメガプレックス・マップガイドオーガニゼーション追加パーソナリティーズ投稿採用情報
 こちらも上と並んで速かった。
★Seriさんの【Quick Silver】のReview:StrayLight
 こちらもまとまった形でのレビュー。
★井上(仮)さんの【TRPG BANK】のトーキョーN◎VA「どこが変わったの?」
 みんなSTL本体に気を取られて忘れている(w)エラッタの話があります。
★龍崎 厳さんの【千早海運停泊所】の元投稿版使い方ガイド
 ビバ第七艦隊!
★サルファさんの【Grin grins】のストレイライトについて
 採用されたネタの思惑が分かります。
★COUNT.Dさんの【第二辺境伯爵領】のコラム、ストレイライトについて
 こちらも採用されたネタに関して。
★サークルDICEHEADさんの【dicehead site】のTOPページ日記
 浄世会も投稿だった!
★えめどんさんの【TokyoN◎VA TheDetonation TackyT○●LBox 】のCast&Guest
 ナラザキファイナンスも!
★青葉TURNさん?の【高機動研究所】のN◎VAキャラデータベース@高機動研究所メインフレーム
 所長がここに‥‥
★ピコやんさんの【ピコやん墓場】のガクガク動物ランド
 銀鮫がここに‥‥
★金川仁さんの【偽・預言者】のハウス・オーガニゼイションガイド
 TMSと瑞雲酒造はここでした。
★chihayaさんの【竜泉庵】の竜の髭
 【chihaya's blog】に移行した旧サイトのオリジナルアウトフィッツ集ですが、採用されたものが幾つか。

日記系

★oukiさんの【裏カテドラル】の11/09
★B・T・Rさんの【おカタナ天国】のB・T・Rの雑文11/0911/1111/1211/1411/1711/20
★からいさんの【NorthPole】の11/1011/12など
★Tryarksさんの【三元の間】の日記兼備忘録11/10はじめ幾つか
★ジニアさんの【Gray Room】のジニッキ11/1011/1511/18など
★なまさんの【なま屋。】の11/10
★はたはたさんの【SwordDancer】の一心不乱日記11/09
★蝶☆chihaya先生の【chihaya's blog】の11/0911/12
★Xさんの【ミラーワールドのアリス】の11/10
★ZOHNさんの【大宇宙BLOG】の11/17
★ュゥィさんの【瞬間忘却無言日記
★Seriさんの【Quick Silver】のQS日誌。11/10

付属シナリオに関する情報

★Rizaさんのしぐま・りざすたぁ日記でプレアクトテキスト『楽園の休日』『遠き追憶
★加納さんの【ダイヤモンド三菱】の11/16
★なまさんの【なま屋。】の11/1411/1511/21

★SIN_Snakeさんの【Snakes and Ladders】の11/14


 

S T R A Y  L I G H T

レポートのページへ戻る

dice-jp.com > Iwasi Studio > Report > Stray Light Festa Miracle☆Experience
Back to RI-Foundation TOP > Delirium (N◎VA)

RI-Foundation