tleft 2001 July tcenter space tright
     
space

【2001年7月1日】

8時、覚醒

 暑い。

くりすたるダイス

 ドトールで朝食を摂ってから、新宿へ移動。

 しばらく志野さんと時間を潰したあと、そんちょと合流して、参宮橋へ。
 今日のくりダイは国立オリンピック記念青少年総合センターで開催なのです。

 とりあえず、少し遅刻してみたり(苦笑)

 今日もボードゲーム組に参加。
 エンド(忘れた)という航海ものとジェノバという交易ものってボードゲームで遊びました。
 ジェノバがなかなか面白かったな〜。

 しかし、ここ、妙に空調強すぎ。くしゃみが止まらなくなって大変でした。
 山上さんから薬を貰って飲んで、かなり楽にはなったんですけどね。
 その節はお世話になりました。>山上さん

なんというか

 一旦、新宿に抜けて、食事を摂って、解散。帰宅。

 ……妙に片付いた部屋に一人帰ってくると、妙にさびしい。
 ベッドに寄りかかりながら、お茶をすすって、しみじみとそんなことを考えてます。

ぐるぐる

 見落としがあったようです(笑)
 よかったら、何処で売ってたのか教えてください。

 あと、ゾイドゼロ。
 コメントアウト部に対して、こちらもコメントアウト。\

space
space
space
space

【2001年7月2日】

7時、覚醒

 がらんとした部屋を見て、やっぱり寂しくなったり。
 やはり多少は散らかしておいたほうが精神衛生上いいのかもしれない。

 不貞寝で二度寝。

9時、再起動

 ねむいねぇ。
 流石にこのタイミングで朝食を摂っている暇はないので、諦めて出勤。

お仕事

 手持ちの作業がはかどっている時に限って障害って発生するんだよね…。

 そもそも、「全ての設定が正常である事を前提にチェック機構の一切を省くことで、工費を押さえてくれ」という依頼の元に作ったトコだから、そんな障害なんて知らないよ、と言いたいトコロ。
 もちろん、そんな事は言えないんだけど。

 でも、私がその環境で試すと、正常に動くんだもの。
 向こうの使い方が悪いとしか思えないんだけどなぁ。

お昼です

 社員旅行に向けてトラベラーチェックの購入。
 先週末までに申請すればJTBの方で纏めて購入してくれたみたいなんだけど、忙しくてそんなことを思い出す暇すらなかったのですよ。

 しかし、時間が掛かるね。40分も待たされたよ。
 お陰でご飯を五分で食べる羽目に。

お仕事の続き

 やはし、技術的に問題があるとは思えない。
 既に枯れている手法のみを使っているから、その辺は疑う余地も無いし。
 トンチキなロードバランサとか導入しているくらいだから、変な設定とかしてんじゃないかねぇ。

 と、思ったら、別なとこで変な設定の嵐を見つけてみたり。
 その内、一つはうちの設定ミスなんだけど…これを提供した覚え、ないんだけどな。

 人の所のものをガメたときはその中身くらい確認しようよ。

残業決定

 その事を報告して、再設定をさせろと主張したら、20時以降まで待てとの事。
 とほほ。

撤退〜

 なんだかんだで、22時だよ。もー。

 おなかは減っていたけど、食欲無かったので、残り物をつまみにお茶を飲む。
 んー、やっぱし、部屋に物があると落ち着くねぇ。

久しぶりにPSO

 Offlineでプレイしていたら、コントローラを握り締めて寝ていたり。

 
space
space
space

【2001年7月3日】

7時半、起床

 うーん、相変わらずこの時間に起きるよ。しかも、目覚まし前。
 さすが変温動物ってとこ?

そういえば

 今日は浦安に串揚げ食べ放題の店がオープンすると思った。
 渋谷とかにも店舗があるトコで、私もちょっとだけ聞いた覚えがあるくらいには有名みたい。

 早く引けたら行ってみたいけど…一人でいくんか?(苦笑)

 (2001.8.21追記)
 あまりに『串揚げ 浦安』でくる検索が多いので追記。
 串家(串屋だっけ?)というお店です。
 浦安駅を南側に出て、マクドナルドの横の道をちょっと進んだ所にあります。
 16:00からのディナータイムだと90分2500円で食べ放題。
 +1000円で飲み放題もつきます。 いじょ。

NEWS-7

 受付開始ですね。

 前回はNEWSの存在を知った頃には受付が終了していて、悔しい思いをした覚えが。
 今回こそは、と思うのですが、8/11ってなんか予定があった気がする。

 バッティングしてないか、早めに確認しておかないと。

ぐるぐる

 おさかなさんがUltに突入された様子。早いなぁ。

お仕事

 手順書を見ながらインストールの検証。

 しかし、とびとびに書くのはやめてくれぇ。
 時系列で並んでないから、全体を確認して順番を並べなおさないとならないのですよ。

 あと、記述に嘘があったり、まるまる抜けてたり。
 その割には、インストーラのログとか載ってるし…。
 これ、本当に手順書か?(苦笑)

20時、撤退

 中途半端な時間だったので、自炊を諦めて、ラーメン屋へ寄って、帰宅。

 うーん、見慣れてるはずの部屋ががらんとして見える。
 今週頭辺りから寂しがりモードに突入したっぽいなぁ。一人で煩悶してみたり。

Project-X

 魚群探知機の話。

 今日は熱い展開こそ無いものの、感じ入ってしまうお話。
 兄弟っていいね。

space
space
space
space

【2001年7月4日】

8時、覚醒

 徐々に起きる時間が遅くなりつつある。
 耐性ができたか?(笑)

お仕事

 相変わらず手順書になってない手順書を見ながら作業。

 Oracle8iのインストールをせい、と書いてあるのだけど、諸設定はほとんど記述されてない。
 各自の環境によってチューニングしなきゃないのは分かるけどさ、推奨設定ぐらい書こうよ。

ぐるぐる

 みんさんの日記経由で姓名判断へ。

 結果は

>総運:○38
>社会運:△19
>人生運:●30
>伏運:●30
>多少頭のかたいのが欠点だが、それだけに専門的な技術、研究に適し、着々と成果を上げていく。
>女性は家庭と職業の両立をはかれば、よい人生を過ごせよう。

 だそうな。
 しかし、四つのうち、三つが凶。しかも、うち二つが大凶ってどうよ?

お昼です

 西安餃子のチンジャオロース弁当。
 うーん、そこそこかな?

お仕事

 午後もOracleのインストールなんぞを。

 しかし、あれです。
 8iになってから、くっついて来るアプリケーションの数が半端じゃないんですが、これ、全部入れなきゃないんですかね?
 その辺も手順書に全然書いてないし……。

 四苦八苦して設定を終えて、DBを作ろうとしたらDB作成用のシェルが正常動作しない。
 慌てて、PMに相談したら
 「あぁ、カーネルを変更しておかないと、動かないみたいだね。」
 とのこと。うへぇ。

18時、離脱

 気力が尽きたので、早めに離脱。まぁ、明日の準備もあることだし。

 とりあえず、秋葉へゴー(笑)
<明日の準備はどうした

 やまぐうさんにリークしていただいた情報を元に、Lienを探す。
 無事、発見〜。でも、メッセにてワゴンセールも発見してしまいました(苦笑)
 あー、本当に捨て値で売られてるんですなー。

 ワゴンセールの方が安かったのでそちらで購入。

 んでもって、上野広小路方面に抜けて、ヨドバシへ。
 またも、iDshotの前で陣取ったり。

 まぁ、ここまでうだうだやっている段階で本気で欲しいはずなので、買うこと自体は決定しているようなものなのですけどね(笑)
 問題は慣れない海外に持っていってもいいものだろうか?という辺り。
 買いました、壊しました。じゃ洒落にならないし。

 結局のところ、購入は見送り。
 iDshotが欲しい理由の何割かは動画での撮影なのだけど、社員旅行でそういったものを摂ることはまずないだろうし。
 逆に風景を撮るならばパノラマが使えるAPSの方がいいしね。

Lien

 とりあえず、インストールだけするかねー。
 ってことでCDを入れると、アラートが出て、インストーラが止まる…。
 とほほー。Win2kとはいえ、bmpが読めないってナニよー。

 ってことで、コンパチモードで起動。おお、動く、動く。
 じゃあ、インストールを……出来ない(涙)ディレクトリが掘れないってナニよー。

 仕方ないので、手動で掘っておいてそこを指定。でも、ダメ。
 悩んだ挙句、参照ボタンでダイアログを開いて、そこで掘っておいたディレクトリを指定して、やっとのことでインストール。
 デフォルト位置でも動作しない辺り、Win95とWin2kの差とは思えない不具合なんだけど。

 んで、ちょっとだけプレイ。

 声が小さすぎて聞こえないですよー。かなり、げんなり。
 Purpleサイトを見に行っても、プロパティで直せとかのたまってるだけだしなぁ。

 仕方がないので、Googleで検索して、AKTさんの修正ツールをダウンロード。
 CDからローカルにファイルを移して、更にはその過程でボリューム修正してくれるみたい。

 プレイはまた今度って事で。

PSO

 久しぶりに、Offline-Hard。洞窟から坑道まで。

 んー、なんかボスがNormalに比べて凄い楽。
 まぁ、あの頃には手に入らなかったものがあるからね。洞窟はラフォイエの連発、坑道は散弾銃のみでクリア。

 手に入った準レアは、シノワビートの両腕とスロットが4つついているソリッドフレームかな?
 レベルは37まで上昇〜。

space
space
space
space

【2001年7月5日】

8時半、覚醒

 着実に覚醒時間が遅くなっている様子。暑さに耐性が出来てきたのかも。
 人間進歩する生き物だなぁ(うそ)

Lien - 1st play

 ちょっとだけプレイ。

 おお、声がちゃんと出てる〜。
 大き目の音量だからノイズが目立つけど、これはそれこそプロパティで調整すれば済みそう。

 しかし、この主人公。朝の風景といい、妄想っぷりといい、ある人物が重なって見えるんですが(笑)

ぐるぐる

 ちょびっツ初回限定版かー
 ネタとして買っておいて、本屋の紙袋すら未開封のまま放ってある気が…。

 良かったらお譲りしましょうか?

 (追記)
 了解〜
 旅行から帰ったらブツを確認しますので、そしたら、受け渡しとか相談しましょう。

なんとも

 MLで、Outlook2002を使うとプレーンテキストのエンコード方式を選べないという話を聞いたり。
 そりゃ、今までもひどいバグは山ほどあったけど、これは…。

 IEはブラウザではないそうだけど、その理論でOutlookもメーラじゃないのかもしれないねぇ。

 しかも、修正パッチは「予定」らしいし。

ぐるぐる

 なるほど(笑)
<いろんな意味で

 ゲーム自体は安定動作しているものの、画像位置とかアイコンとかずれているので(セーブと憑依が逆とか)このツールを試してみますね。

国外逃亡

 それじゃあ、そろそろ離脱準備をば。
 週が明けても日記が更新されてなかったら、南海の人食いワニに食べられたと思ってください(笑)

成田へ

 荷物は会社に持ってきていたので、そのまま海浜幕張へ。
 ここから高速バスで成田に向かうのですが……バスがこないよ。

 結局、10分ほど遅れてバス到着。
 どうやら、新人研修中らしく、ベテランの人と、二人一組で運営してました。
 で、駅から他のホテルとかも回るのですが、この新人君、やはり運転が慎重すぎてスムーズでなく、どんどん遅れる一方。
 結局、途中でベテランの人と交代してました。

 成田へはチェックイン開始時間のぎりぎりに到着。
 まぁ、あくまで開始だから余裕はあるのですけれどね。

 JTBの人から説明を受けて、チェックインをして出国ゲートへ。
 またここから待機時間があるので、しばしうろちょろ。

 うわー、扉一枚くぐっただけなのに物価が全然違いますよ。
 こーゆーのやだなぁ。

機内

 予定から10分程遅れて搭乗開始。
 おおー、コンチネンタルの制服って黒が基調になっていて格好いいね。

 機内食は、カレーかハンバーグの選択。
 アーマニの様にどっちかに偏ることは無かった。残念
<実は座席後部ではハンバーグに偏った様子(笑)

 その後、飲み物が来たのですが、隣の人がビールを頼んだらスーパードライが二つ出てきたり。
 ううー、わたしゃ、ジョニ−ウォーカーが欲しかったのニー。
 百歩譲ってビールにするにしても、普通ビールって言ったらバドだろ?
 日本人だからって気を利かせてくれたつもりなのかねぇ?

グアム到着

 しかし、既に25時半。眠い。
 税関では日本語で質問されてみたり。がぁぁん、予習してきたのニー。

 荷物を受け取ってホテルへバスで移動。
 早速寝る。

 
space
space
space

【2001年7月6日】

7時半、起床

 うー、冷房効きすぎ。

 外を見るとなかなかの晴れっぷり。
 ちなみに、あてがわれた部屋は海が見えてなかなかの景観。
 写真を撮ってはみたものの、思いっきり失敗に気づく。
 海みたいな動きがある景色もあるんだから、やっぱり動画デジカメを買ってくればよかったんだよね…。

極彩色の味わい

 ちょっと迷いながらも、朝食を摂りにレストランへ。

 うーん、微妙な味だねぇ。
 スクランブルエッグやソーセージといった簡単な料理にもいろんなスパイスが使われてるみたいで、一風変わった味に。正直、好みじゃないかも。

 逆に美味しかったのは、チーズなどの乳製品類かな?
 特にポテトグラタンがとても美味しかった。ただし、牛乳はペケ(苦笑)

市内観光

 朝食後、ロビーに集合して、バスで市内観光に出発。
 本当は市内よりも、島の南部に行きたいところが集中しているのだけれど、慣れない内に遠距離に行くのは不安なのですよ。

 特に海外だから、車が右側通行なんですよね。
 間違えて、事故ったりしたらやなのでとりあえずは大人しく。

 市内は日本語の看板ばかり。
 大抵の看板は日本語と英語が併記されてるし、日本語だけの看板もかなり多い。
 ここはどこ?って感じがします(笑)

 海中展望台とか、ラッテストーンとかを見てまわって、後はショッピング。
 しかし、お土産買ったら見るものないですよ。
 ブランド品には興味ないしなぁ。

 おもちゃ屋を覗いてPSのソフトとかガンプラとか眺めてみたり。
 なんかパッケージが描きなおされているのが笑える。どこかしらアメコミっぽいんだよね。
 特にガンプラは、キャラクターのイラストはそのままなのに、MSがアメコミっぽくなっていて、あまりのアンバランスさに笑ってしまいましたよ。

 昼食は折角なので、アメリカのハンバーガショップに。
 ステーキサンドというのがあったので、興味本位で頼んでみる。
 うぉ、本当にステーキが丸々パンに挟まって出てきますよ。しかも、これ、噛み千切ろうと力を入れると、パンは潰れるは、他の中身は漏れてくるはで大変です。あれを普通に食べられる人っているのかね?

ダイビング・その2

 一旦、ホテルに戻ってからスカイダイビングへ行く前に、ツアーデスクへ。
 明日のオプショナルツアーの追加申し込みをしに行きました。

 来る前は、レンタカーを借りて南部に行こうと思っていたのですが、海があまりに綺麗だったもので、スキューバの体験ダイビングのツアーに申し込みをしたのです。
 これで、空と海、二つのダイビングを経験することに。

スカイダイビング

 これが、私にとって今回の旅行のメインイベントといっても過言ではないデス。

 参加者は総勢8人。
 送迎の車に乗って、スカイダイブ・グアムへ。

 オフィスに通されて簡単に説明を受けた後、保険とオプションの選択を。

 保険は基本料金に含まれているけれど追加で保険料を上げることが出来るとの事。
 でも、まだ一度も保険のお世話になったことが無いと言うので、基本のまま。

 また、オプションは、高度と撮影の2つ。
 高度の方は、基本だと2400mから飛び降りるのですが、追加料金を払うと最大3600mまで拡大できるとのこと。
 撮影の方は、申し込むとカメラマン一人が専属で付いてくれて、ダイビング中に写真及びビデオ撮影を行ってくれるというもの。

 高度は迷わず最大拡張を主張。
 とりあえず、他の人も同じだったので、最高高度から降りることに決定。
 撮影オプションも手持ちの現金がなかったのでちょっと迷ったのですが、ホテルで払ってもいいと言うことだったのでやってもらうことに。

 続いて、組分け。
 一回のフライトでは5人までしか参加できないので、5・3に分かれました。
 幸運なことに、1組目の一番手♪

 その後、ジャンプスーツに着替えてから、一緒に飛んでくれるタンデム・マスター(インストラクター)に紹介されました。この人たちが二人羽織のようにして、安全に降ろしてくれるわけですね。
 私に付いてくれたのはリチャードさんという渋いおじさんでした。

 後は機材をつけて、小型機に搭乗。
 ここまでは怖くなかったものの、寝が小心者の私の事。間近に迫ったらびびってくるかなぁ?と思っていたですが、全然そんなことはなく、わくわくしっぱなし。
 外の景色とリチャードさんが身に付けていた高度系を交互に眺めてました(笑)
 特に窓の外ばかり見ていたので、ビデオの撮影している人に肩叩かれて、慌てて振り向いたり(笑)

 目標高度に到達したので、飛行機のハッチへ移動。
 既にカメラマンの人は機外で撮影をしてくれているので、そちらに目線を向けていると、そのままポーンと落とされました。溜めとかカウントとか、無しっすかー(笑)

 横向いていたまま落ちていく私。
 しかし、この期に及んでも恐怖はなく、タンデム・マスターの姿勢制御に合わせながら、ただただ景色に見入ってました。
 一旦、空側を向いてから(サービス?)、地面側に向き直って、大の字になって自由落下。
 この間、「ィィヤァッホォーーーーーーーーーーー」とか叫んでいたのですが、風でかき消されて自分の耳にすら届いてませんでしたね。

 しばらくの落下の後、パラシュート展開。あとは、ゆっくりと景色見物など。
 他の人たちは、ぐるぐる振り回したり、急降下とかされてたみたいですが、リチャードさんは私が景色を楽しんでいるのが分かったのか、ゆったりと飛んでくれました。
 お陰で一人だけ、沖のほうまで流れていっていたのですが(笑)

 一番で飛び降りた割には、三番手で着地。
 リチャードさん曰く、「グッドジョブ!」とのこと。まぁ、びびらんかったから、大人しくしてたのと、パラシュート時の姿勢制御がバイクと変わらなかったから合わせやすかったのとかあるのかな?

その後

 一旦、オフィスに戻って、休憩。
 タンデム・マスターの人たちが次の組の準備をしてくれている間に撮影されたビデオをみてみる。

 うへぇ。風圧で、顔がぶにぶにゆがんでる。
 うう、顔の贅肉、落とさないと……。

 その後、次の組の人のフライト。
 かなり曇ってきていたので、大丈夫かな?と思っていたのですが、順調に降りてきました。

 しかし、皆、飛び降りる前と後とで全然態度が違うのですよ。
 飛び降りる前はかなり緊張していたのに、降りてくる間にかなり気に入っていた様子です(笑)

 私?もー、飛ぶ前から楽しくて楽しくて…(笑)

夕食

 ホテルに戻ると、ポリネシアンダンス・ショー(だったかな?)をやってました。
 これもまた興味深いですねー。

 オプション分の支払いをカードで済ませてから、皆で夕食。

 あー、そっか、こっちではチップってものがあったっけ。
 今日のベッドメイク分、払ってないよ…。

space
space
space
space

【2001年7月7日】

7時、起床

 うー、曇ってるのね。
 ダイビングとかちゃんと出来るかなぁ?

スキューバダイビング

 やはりロビーに集合して、パパラギ(というダイビングショップ)へ送迎の車で。
 ここで、ライセンス持ちの人たちと分かれて、ダイビングのポイントへ移動。
 昨日行った海中展望台の付近でした。

 ここでウェットスーツを着る為に水着姿になる訳ですが、先輩のOさんが大胆なビキニ姿を披露。
 え、感想ですか?エェ、ソリャモチロンドキドキシマシタヨー(カクカク)

 ウェットスーツを着てから、ボンベを背負い、器具の使い方とサインを習った後、早速海中へ。

 少し曇っていた所為で明るくは無いものの、透明度はなかなか。5〜6mほど潜っても海底が綺麗に見えます。
 ここの魚達もダイバー馴れしているのか、指をちらちらとうごめかすと寄ってきます。何匹かには指までついばまれてみたり(笑)

 そういえば、皆さん、体が軽いのか、追加で石を何個か入れてもらってたりしました。
 私は、浮力の調整が効くのか、浮こうと思うと浮きますし、沈もうと思うと沈んでました。
 謎と言えば謎ですね。

 海岸からちょっと沖へ出てから、円を書くように海岸線へ。
 途中に取水口があったのですが、覗いたタイミングで流れが起きて吸い込まれそうになりました。
 あわててルパン泳ぎで脱出(笑)
 後からみたら発電所だったのでかなり危ないところだったのかも。

昼食

 体験ダイビングを終えて、ホテルに戻り、昼食の相談。
 個人的に島南部の観光がしたかったのですが、このバスは昼食を取ると間に合わなかったので、返事を保留してもらって、一旦解散。

 お風呂で塩を洗い流して、上がる頃には雨が降り出していたので観光を諦めて、食事へ。

 肉が食いたい、という私の主張を元に、T.G.Iフライデーズへ。

 ここでは、ステーキとサラダを注文。
 しばらくして、出てきたのは日本での五人前はあるサラダと、340gのステーキ。更にステーキには握りこぶし二つほどもあるベークドポテトが…。
 流石に食えないかな?と思って、サラダは他の人にもつまんで貰ったのですが、結局ステーキとサラダの半分以上を一人で食べてみたり。
 別腹ってあるんだなぁ(笑)

実弾射撃

 昼食を終える頃になっても、雨は止んでなかったので本格的に諦めて、他の人について射撃場へ。
 ここではコースで撃つ弾を選べて、男性陣は38口径、44口径、45口径をそれぞれ12発ずつ撃つコースを選択。
 あと、別途、ショットガンを一発撃つことに。

 この他にもいくつかのコースがあって、その中に6種類の銃を自由に選べてそれぞれ12発ずつ撃てるガンマニアコースにかなり後ろ髪を引かれてみたり。このコースだと、デザートイーグルやワルサーP99が撃てるのですよ。
 とはいえ、このコースは95ドル、その時の所持金が86ドル(涙)
 カードで払うと言う手も合ったのですけど、この日のうちに手持ちのドルを全部使うつもりだったのですよ。

 ちょっと待ってから、シューティングレンジに移動。銃の撃ち方を習いました。
 まぁ、基本は知っているんですけどね。似非ライフル部だったので。

 全員の弾数が同じだったので最後に集計して順位を出してくれるとの事だったので、思いっきり狙ってみたり。
 実際、38口径、44口径までは調子よく集弾させていけました。特に44口径はフィーリングが合うのか、トリガーを引いた瞬間に何処に弾が飛んでいくのかが分かるくらいだったのですよ。

 途中で、隣だったUさんの旦那さんと私の分の的が回収されて交換に。
 それまでも、上手だったので意識していたのですが、俄然燃えて45口径に。しかし、こいつ、照準がずれていて、中心を狙っているのに点数外のところに飛んでいくんですよ。
 慌てて補正して、点数のあるところに当てるようにしたものの、既に3発ほど無駄に。
 すっげーくやしー。

 結果としては一等、二等をがUさんの旦那さんとUさんが取りました。

ショッピング

 点数の集計が終わる頃には、雷までなるほどの土砂降り。
 …南部に行っていたら難儀していた、ってことで諦めるカー。
<往生際が悪い

 そこで、射撃場の人に送ってもらって、タモン・サンズ・プラザへ。
 ここはブランドもののお店しかないというショッピングモール(笑)
 他の人が奥さんや自分のものを選んでいる間に、吹き抜けにあった喫茶コーナーでコーヒーなど。

 しかし、値段を書いたメニューを探している間に、店員に見つかって席につかされたのには参りました。
 しかも、コーヒー一杯がチップ込みで4ドルちょい…。
 ここはルノアールですか(苦笑)

 しばらく待機して、それでも雨が降り止まなかったので、タクシーでホテルまで。

30周年記念

 だったのです、実は。
 そうでもなければ、流石に社員旅行で海外には行きません(笑)

 そんなもので、夕食は一日遅れで到着した第二便の人を交えて記念パーティ。
 本来、プールサイドでバーベキューだったはずが、宴会場でバイキングに変更。とほほ。
 まぁ、お肉は昼に堪能したしね。

その後

 同室のS君は他の人と連れ立って、クラブ・USAへ繰り出していきました。
 私は疲れていたし、興味なかったので部屋で大人しく寝ることに。

 このお店、実に”その手”の店なので、さぞかし遅くなるだろうなー、と思っていたのですが、1時ごろにはあっけなく帰ってきました。それも、手持ちの現金が切れたとの事。

 何でも、そこではお酒が一杯20$だそうな。
 もちろん、自分で飲むだけでなく、女の子にもおごったりするわけですが、その際にショットグラスで飲むがごとく一気に開けられてしまったとの事(笑)

 他にも色々な伝説を築いてきたようですが、それを描写するとここのポリシーラインに引っかかるので割愛します(笑)
 詳しく知りたい人は本人達に聞いてください。

space
space
space
space

【2001年7月8日】

4時、覚醒

 寝付けなくて、2時ごろ寝たから、かなり変な感じ。
 頭が重い。

ロビー

 とはいえ、帰国なのだからうだうだ言っていても仕方ない。
 4時半にロビーに集合。

 来ない部屋が何部屋かある様子。
 …おいてこうよ。

空港

 チェックイン後、待機。
 中にも飲食店はあるが、正直、高くて食べる気がしない。

 もっとも、ドルはセントの単位できっちり使い切ったから、買い物は出来ないのだけど。

機内

 6時半をちょっと過ぎた辺りで、搭乗開始。
 席は後ろから3番目。

 頭が重くて朦朧としている中、出発を待っていると「座席数より予約者が多いので、2名ほど譲ってもらえないか」というアナウンスが流れる。
 ちなみに、これに応じると

・おこずかい400ドル
・夕方までのホテル
・17時半の便のチケット

 が貰えるそうな。
 ほへー、と聞き流していると、うちのPMが席を立って行ってしまった…。

幹事なのに…

 更にしばらくボーとしていて、これに応じれば南部観光が出来たことに気づく。
 慌てて、確認しようとしたら、既に別な女性が応じていてアウト。
 まぁ、この便で帰ることを想定して体力を配分していたから、あと半日遊んでたら明日確実に死ぬことになるだろうけどね。
 しかし、400ドル、約五万円ですよ。何処から出てるんだろう?

成田到着

 機内で寝ようと思ったのだけれど、思いのほか座席が固くて敗北。

 そういえば、機内食は和食と炒飯だったのですが、前の方では「Japanese? Charhan?」と聞こえていたのが、私の近くに来ると「Charhan,Charhan…」に変わってました。
 これで、蝋に封じられたチーズがついてきてたら完璧だったのに(笑)

 成田に着いてからは、流れ解散。
 なんせ幹事が居ないから仕方ないですよね。

 後は、NEXで東京まで出てから地下鉄で帰宅。

BbA

 が、7日の段階で着ていた様子。不在票が入ってました。

 電話しようとしたタイミングで、チャイムがなるのでもしや…と思ったら、その通り。
 えらいぞ、佐川急便。

 とりあえず、荷物を分別しながら、接続テスト。
 基本的に接続はルータがやってるのだから、自動設定のままでオーケー。
 ただ、一回”設定をした”という情報を残さないとダメなのか、デフォルトのままでは失敗。
 再度チャレンジして、こっちは成功。

 とりあえず、PSOの2ndキャラの荒覇吐くん(FOmar 13Lv)でテスト開始。
 接続自体は順調、BbAテスト中なるTEAMを作って洞窟に潜ったところ、特に以上も問題もないようでテスト終了。
 正確に言えば、一人では洞窟の先に進めなかっただけなんですが(笑)
 メルコのルータは独自処理をしているので特に設定が要らないってのは本当の様子。

 
space
space
space

過去の日記

2001年
 1月上旬1月中旬1月下旬  2月上旬2月中旬2月下旬  3月上旬3月中旬3月下旬
 4月上旬4月中旬4月下旬  5月上旬5月中旬5月下旬  6月上旬6月中旬6月下旬
 7月上旬/7月中旬7月下旬  8月上旬

2000年
 9月10月11月12月

space
space
space
space
space