Earl's Factory - Diary

back to homepage


2002年12月21日

 これからN-KEYさんちに遊びに行くことになってるのだけれど、例のライブは聞きたい。

 仕方ないので、タイマー仕掛けてWinAmpにファイルに落とすように設定。
 止め方は分からんので、システムごとシャットダウンで誤魔化すかな。

 とりあえず、テスト。繋がらず。

 あぁ、IDが変わったのね。
 新しいIDで再確認すると、今度は大丈夫。

 しかし、本放送までにもう一度変えられてたらアウトだなぁ。

 N-KEYさんちで、スターロードなど。

 ……マンチに耐えるシステムじゃないね、これ。
 どの戦闘も1ラウンド回らないで終わっちゃうんだもんなぁ。

 あれじゃスペオペじゃなくて、(平野耕太の)ガンマニア、しかも一話目ダヨ。

マタ、IDカワッタッポイヨ

 そのあとは、だらだらと、だべりモード。
 午前3時半を回ってから、さすがに眠くなってきたので帰宅。

 さて、WinAmpは正常に動いてくれてたかな。
 ………。


2002年12月22日

お昼

 起きだしてきて、とりあえずガンダムSeedの試聴。

 騙されてる、みんな騙されてるよ。
 軍隊に志願って、一時の感情に流されてするもんじゃないぞ。もちっと考えようよ。

ニセ

 打ち合わせに呼び出されてるので出社。

 うぇ〜、たった三人で24時間監視っすか。
 三交代制にするにしても、もう一人は欲しいよねぇ。

 クリスマスも正月も何処にも出歩けないのは結構泣ける。
 そりゃ、彼女は居ないけどさー。

 打ち合わせ終わって、文字化けの問題の相談とか。

 担当のIさんから話を聞かされてるんだけれど、「○○で××で△△なんですよ」とゆー感じに聞こえる。
 や、記号の部分もちゃんと話してはいるんだけれど、どうにも考え方が違いすぎて頭に入らないよ。

 それでも何とか聞いているんだけれど、一体、何が問題なのやら全然分からず。

 どう考えても、ブラウザの挙動がおかしいだけだし、実際、その手の報告例は昔から上がっている。
 対処法だってあるんだし、アプリケーション側でその対処さえしてしまえばそれ以上やれることって無いと思うんだけれど。

 「でも、もう一つのサーバでは一切こんなこと起きてないんだよ」
 「そこを管理している親会社の人も(今回問題が起こっている個所の)文字コードの変換なんてしたことが無いって言ってるし」

 私に言わせればそっちの方が異常ですよ。
 フォームで送られてきた内容をJava内部で使用する為に、文字コードを変換するのは当たり前だと思うんですが。
 最近のJDKで自動変換してくれるようになったってんならともかく、そゆ話も聞いてないしなぁ。

 や、どっちにしても、そんな事、お客さん側が知りたがってるとは思えないんだけど。

 「サイト運営を他の会社に引き継がせる際にノウハウとして使用したいんだって」

 金の切れ目が縁の切れ目。後釜に座る他の会社の心配なんかしてやる必要なんかねぇ!
 と、言っちゃいけないんだろうなぁ。

夕飯

 鉄板焼きのお店でごあん。
 相変わらず出てくるまでが異様に長い。

 やっぱり、ここは飲み屋であって、飯を食いにくるところじゃないのかも。

依存されるのって苦手

 幾つか疑問点をIさんに確認。

 しかし、何を聞いても「その辺は全部確認したので大丈夫です」って言って打ち切ろうとするのは止めて。
 そもそも、私は自分で確認したこと以外はあんまり信じない人なんだよ。

 おかしいと思う根拠があるからこそ確認しているんだけれど、何度も自信たっぷりに言われると、自分の記憶の方が間違ってるんじゃないかと不安になってきたり。

 あちこちのサイトを確認して自信を取り戻して再挑戦。
 でも、まだ納得してもらえず。

 つか、別に納得させたいわけじゃないんですけど。放置して帰っていいですか?
 でも、Iさんはは納得させて欲しいらしくて放してくれず。

 そんなの私の知ったこっちゃないってーの。

ぐる

 Jagarlさんのこの辺からの久遠の絆の関連の記述。

 私は何も疑問に思わずに楽しんでたので、非常に興味深いです。

どっと疲れた

 再三のIさんの襲来。

 「ここで書いてあるのと、ここに書いてあるのと、私が書いたのと間違ってないですよね?」

 だから、そんなの知らんし、責任取れないってーの。
 間違ってないようには思える、とまで答えてるのに何が不満なんだか。

 「なんでそうはっきりと分からないのか、分かりませんよ」

 ほっといてくれ。
 わたしゃ、”はっきりと分かる”ってのが分からんよ。

 頭ん中、デジタル?
 つか、そっちがはっきりと分かってるなら私に聞かなくてもいいじゃん。

 「だって、Fさん(本名)の方がJavaに詳しいじゃないですか」

 じゃあ、今回のこの件でIさんの方が詳しくなったって事で。
 もー構わんでください。


2002年12月23日

一日だらだらしてました

 昼ぐらいに起きだしてきて、書店めぐりとか。

 マリみての新刊目当てだったのですが、どうして何処の本屋にも(既刊ですら)一冊も置いてませんか?
 お店によっては、ここら辺にあったんだろうな〜、という個所にごっそり抜けがあったりしますし。
 これを機に纏め買いしてる人とかいるのかな。

 あとは、ふらりとよったゲーム屋でアルナムの牙(PS)を発見。なんと500円。
 折角だから、購入。

 これのPC-Engine版は凄かったなぁ。
 魔法を使うとバグって止まる、ある場所を歩くとバグって止まる、あるアイテムを使うと画面が化ける。
 あと、何があったっけ?

 それでも、好きなんですが。

 あと、それだけじゃ寂しかったのでテイルズ・オブ・デスティニー2もついでに購入。

 これはこれで前作ファンなので楽しい。
 しかし、プロモーションビデオ風のオープニング、何か間違ってるような……。


2002年12月24日

 今日は監視業務の夜番なので昼間はお休み。
 ふにゅ〜。

 と惰眠をむさぼっていたら、会社から連絡。

 「前のプロジェクトで問題発生したから来てくれって」

 くそ、またか。

出社

 てけとーにシャワー浴びて出社。
 障害内容を確認する。

 ……??

 これって既に対応済みのものだよね?
 単にこっちか向こうの管理ミスなんじゃないかなぁ。


2002年12月25日

監視業務終了〜

 世の中の人たちが騒いだり、いちゃついたりしてる中、黙々とディスプレイに向かっておりましたよ。

 途中、緑川光の声が「飛連斬っ」とか「千裂虚光閃っ」とか叫んでいたりはしないのです。
 溜めなしのネガティブゲートをどうやって防げっちゅーんじゃ!とコントローラーを投げ出したりもしないのです(ぉぃ

 あぁ、でも、このナナリーの声、キャライラから想像するよりかわいい声だなぁ。
 声優は川上とも子さんですか。これが噂のとも蔵なのですな。

昨日のこと

 いろいろと大変だったのですよ。

 自宅からVPNで会社サーバにつなごうとしたら、VPNの接続はできるのに、そこから先に繋がらない。
 あちこちに電話かけて設定の確認とかしていたら、最初捉まっていた担当者の携帯が、ある時点から突然なぞの電波障害(笑)によって繋がらなくなるという事態になるし。

 結局、会社まで戻って機材を持ってきたりなんだりとバタバタしてました。

朝ぐる

 キームンは祁門と書くのか、と感心してしまったのでちと調べてみる。

 キームン
 ダージリン・ウバと並んで世界三大銘茶のひとつに数えられています。
 中国の安徽(あんき?)省/祁門(きもん)県で生産されています。
 紅茶の元祖ともいわれ百年以上の歴史を持つ経験と技術が作り上げる一品です。

 なるほど。

 あぁ、でもペティアガラがありましたか。
 千駄ヶ谷か南船橋でも探してみようっと。

でっぱつ

 さて、そろそろ出かけますか。

 今日の予定は親会社での用件が2つと、懇親会か。
 懇親会は寝るかもなぁ。

お仕事

 午前中はコンテンツマネージメント用のパッケージのソースを眺めて過ごす。

 うぅん、構造的に非常にシンプルでいいソースだ。
 クラス数こそ多いけど、これなら大して手間もかからず解析できるんじゃないかな。
 もっとも、かなり計算されて作られているので、これをカスタマイズしようってのは並大抵の苦労じゃないだろうなぁ。

お昼

 先輩のFさんに連れられて定食屋へ。

 「最近どうよ」
 「や、前のプロジェクトがちっとも放してくれなくて」
 「何かあるたびに呼ばれる上に、教えられるのは障害内容だけで周りの状況とかちっとも情報がこないんですよ」
 「そりゃおめー、アプリのバージョンに、障害発生時間、発生状況まできっちり報告するようにさせなきゃダメだろ」

 や、分かってますし、口を酸っぱくして言ってもいるんですよ。
 お客さん側の都合で徹底されないのもある程度は仕方ないとも思います。

 が。

 問題は、うちのPMがその辺に全然熱心じゃないって辺りで。
 何か問題があるたびに状況の確認も取らずにとりあえずで呼ぶし、呼べば呼んだで「発生しうる状況を全部挙げろ」と言ってくる。

 あれはきっと全部プログラムの構造的、もしくは文法的欠陥の所為だと思ってるんだろうな。
 いい加減、客先で問題が発生しているのは仕様ミスだけという事実に気付いてほしいんだけれど。

ないむね

 午後は業務の引き継ぎ、とのことで打ち合わせ。

 もっとも、親会社の内部での引継ぎって事らしく、こっちは時たまツッコミを入れる以外にやることはないっぽい。
 特に私はこないだ入ったばかりなのでなーんもできることがない。

 昨日、寝てないこともあってひじょーに眠いんですが、寝ちゃダメだよなぁ。

 結局のびのびになった挙句、打ち上げの時間になったって事でお開き。

打ち上げ

 懇親会って聞いていたけれど、打ち上げって事なら今まで参加して無かった私は洋ナシ用無しですね。

 と帰ろうとしたら、他の二人が「用事がありますので」と先に帰ってしまったり。\
 おいおい、あんたら居なかったらあんまり意味無いじゃん。

 仕方なく人身御供として残ることに。

 料理はまぁ美味しかったのだけれど、徹夜明けだわ、知り合いは居ないわで、半ば寝て過ごしましたよ。


2002年12月26日

ダメ人間のいちにち

 10時頃
 絆箱受け取りの為に一度起きる。
 また寝る。

 12時頃
 会社から電話がかかってきて起こされる。
 10分ほど口頭で説明して、あとは明日ということにしてもらう。
 また寝る。

 ……あと、何したっけ?


2002年12月27日

 ひたすら寝ていた所為か、血圧は上がらないわ、体温は低いわというゾンビ状態。
 熱めのシャワー浴びた直後でも肌が冷たいのはどうかと。

 間接をギシギシ言わせながら、なんとか出勤。

無題

 作業の合間を見計らって日記更新。

 そういえば年内中に日記システムの導入、及び日記の移転を考えていたのだけれど、結局、準備終わってない。
 なんかこー、コミケいく気力も無いし、何とかでっち上げてしまおうかしらん。

お昼

 マリみて新刊げっと。

お仕事

 PMからメールで現在発生している問題を解決せいと催促が。
 私の所為じゃないときっちり言い張ったつもりなんだが……。

 仕方ないんで、材料を揃えておいて再度、直に抗議。

 「予想してない動作をする場所はないの?」
 「特に制御がある場所ではないので、誤動作の余地はないです」
 「でも、偶然想定しない動作をするとかないかな。無理な操作するとかだとどう?」
 「ミリ秒のレベルでバックグラウンドの動作を見切って、リセット押せば似たような状態になるかもしれませんが」
 「でも、何かが原因で変な動作するとかないかな?」

 どうもこのプロジェクトの人、特に偉い人はプログラムが記述してない動作をすることが稀にはあるという認識らしい。
 や、そりゃ、メモリかCPUがおかしければそうなることもあるかもしれないけどさ。

 「ログをみる限りでは、データベースを再セットアップしてるとしか考えられないんですけど」
 「現場では再セットアップはさせてないからそれはない」

 断言するのも止めて欲しいけどさー。
 言外に「だからお前の所為だ」と訴えてくるのはもっと止めて欲しいんですが。
 つか、ばりばりにやらせてるはずなんですけれど。

 と粘っていると、Sさんからフォローがあって、もう一度、現場に確認してみるということに。
 これで終わってくれるといいなぁ。

つか、あんたがゆうな

 夕方早めに業務は終わって、打ち上げ。
 でも、さっさと抜けて戻ってくる。

 結局、上の件は予想通りだったらしく一応無罪放免に。
 もっとも、再発を防ぐ為、セットアップしてたら分かる仕掛けを入れろとのお達しがあったので、その作業はせにゃならんのですが。

 で、てきとーにやってると、いい感じになってPMが戻ってくる。

 「あれー、まだ仕事してるの?年明けでいいって言ったじゃん」

 冗談じゃありません。
 こんな関係ない問題ばかり人の所為にするプロジェクトからは一分一秒たりとも早く逃げたいんです。

ぐるぐる

 沢渡さんが本日お誕生日との事。

 おめでとうございます。

世の中には楽しい人たちが多いようです

 対処こそ終わったものの、検証作業でかなり時間食う羽目に。
 まぁ、この作業自体が一時間くらいかかるから仕方ないんだけれど。

 で、ぐるぐるしていて、流穂さんの日記から、絶対サポセン黙示録へ。

 気づけば、一時間半近く読みふけっていました(苦笑)


2002年12月28日

無題

 昼まで寝てました。 

テイルズ・オブ・デスティニー2 終了

 サルのようにやっていたToD2も終了しました。

 ストーリーは、すごく好みでいい感じです。
 前作(エターニアじゃなくてデスティニー1のこと)をやった人にはかなりお勧めかも。

 特に、主人公が(好ましい意味で)素直でまっすぐな性格で、かなり新鮮。
 両親(前作の主人公)が英雄と呼ばれていたり、父親が行方不明だったりと、少しぐらいひねていてもおかしくないとは思いますけどね。

 残念だったのがシステム側。
 幾つか不満点はあるんですが、もっとも辛かったのがスピリットゲージ。

 このゲージ、攻撃するたびに減っていって、ゼロになると、逆に反撃を食らうというものなんですが、これのお陰で攻撃しては待機し、攻撃しては待機し、というルーチンワークをこなさなければならなくなったのがアレでナニ。

 テイルズ・オブ・〜のシリーズは、あまりゲームに慣れてない人でもボタンをぽちぽちと押していればそれっぽく戦ってくれるのが売りだったと思うんですけどねぇ。
<これをやるとゲージの枯渇で反撃ばかりくらう

 一応、敵の攻撃を防御するとある程度回復するんですが、敵側が防御しながら攻撃モーションに入れる(ってのもアレですが)のに比べ、こっちは攻撃硬直が長すぎて防御に移れないという状態。
 とっさに防御できないと、このシステムって意味ないと思うんですけどね。

 防御つながりでもう一点。
 連鎖攻撃してくる魔法がほとんどなのに、魔法防御が一秒程度しか有効じゃない(防御しっぱなしが出来ない)のはどうかと。

 個人的にはずーっと継承されてきた必殺技の名称を、今になって変更したのもちょっと嫌なんですが。

 誰にでも出来るし、慣れてる人はもっといろいろ出来るというシステムで来ていたのに、この扱い。
 プレイ中、「なんでかなー」と首をひねっていたのですが、スタッフロールをみて、思いっきり納得してしまいました。

 「WOLF TEAM」スタッフ、という表記があったのですよ(笑)
<このニュアンス、分かる人に分かると思われ

メモ

 一応、ゲームだけでなく仕事もしてました。

 システム異常の報告があったので、確認だけ。
 まぁ、誤報でしたけど。

 年明けには作業につけるように>私


2002年12月29日

コミケ2日目

 昼から起きだして、適当に出発。

 バイクではなく、バス、鉄道を使っての移動だった割には30分程度で会場到着。
 意外と近いんね。

 とりあえず、N◎VA関係のところへ向かって、8bitさんと合流。
 しかし、最近は知り合いの参加が少なくなったなぁ。

 あまおかさんの撤収を見送ってぶらぶらしていると、遠くから元木さんが来る。
 「やばい、隠れろ!」と8bitさんがゆーので隠れてみたり。

 や、何がやばいのかは私も8bitさんも分からんのですが(苦笑)

 で、ふと見るとブースの番号を見ると、E列。
 たしか、しゅがいさんとこってD列じゃなかったかな?と探してみると、海底呪法騎士団のブースを発見。
 挨拶したほうがいいかな?と迷ったものの、かなりへばり気味で気力を奮い起こせなかったので、一冊ずつ購入して撤収。

 そのうちに、そんちょ達とも合流したので撤収開始。

魅惑のD&D3E日本語訳

 N-KEYさんの車で移動している最中にD&D 3rd Edition日本語版の評判を聞く。
 どうやら、噂どおりステキ翻訳っぽい。

 例:
 大旋風……Whirlwind Attack(周囲に攻撃を仕掛けるFEAT)
 機会攻撃……Attack of opportunity(隙を見せたことにより攻撃されること)

 結局、間に合わなくて機械翻訳に頼ったんとちがうかなぁ、これは。

 なぜか一番受けていたのが、Saving Throwなんかが”ヴ”で統一されていたこと。

 「セービングスロー」
 「ノーノーノー、ルックルックルック。セーヴィングスロー。下唇を噛んでヴ。」

 などと頭の悪いやり取りをしてみたり。

そのあと

 後日補完。


2002年12月30日

 メール着信の音楽で起こされてみたり。
 着いたのはそんちょからのメールで「今から出るよー」とのこと。

 おきてしまったからには仕方ない、こっちも出るか。

 とりあえずシャワー浴びて目を覚ましたのはいいのだけれど、どうにも体の震えが止まらず。
 どうやらカロリー不足っぽい。

 仕方ない、途中で何か食ってきますか。

 バイクで出発。
 したのはいいのだけれど、途中曲がるたびに滑る滑る。実にリッジレーサー並(うそ)
 どうやら、冷えていてタイヤが固まっているらしい。うひー。

in 吉野家

 並、卵、味噌汁。

 食べ始めるとぴたりと体の震えが止まるあたり、我ながらどうかと。

会場到着

 途中で東側の様子を見ていったのだけれど、半端でない人数。
 やはり、これは西館側がいいかなぁ。

 というわけで、そんちょ達と西館側で待ち合わせ。

 実際、正解だったっぽく、10時10分には入場してました。

コミケ三日目

 Digital Lover、MIX-ISMと並んですでにへばり気味。
 あとはふらふらと、lampboxとか、Life Like Loveとか鴨はうすとか周る。

 一旦、昼ご飯を食べるために会場を後にしたら、もう戻るのが億劫になってしまい、これにて終了。

 MYOさんと飲みたいね、という話になって、新宿集合の予定を立てて解散。
 バイクで来ていたのもあって、一旦帰宅することに。

 帰宅して、ベッドに倒れこんだらそのまま爆睡してしまったり。

 バタバタしてて疲れ気味なのもあるんだろうけれど、体力の衰えも感じる。
 もちっと運動せねば。

飲み

 南口近くの写楽でまず飲み始める。

 MYOさんがこれるのが20時頃というので、一旦ここは締めてTSUTAYAに。
 マクロスゼロのDVD購入〜。

 ここでN-KEYさん、ひーくんと合流して、今度は歌舞伎町の唐来屋で再度飲み。

 しばらくしてMYOさんも合流。

 しかし、無茶苦茶バタバタしてますな。年末だから仕方ないんだろうけれど。
 幾つかオーダーを忘れられたりしましたよ。

 食いが足りねぇ、という意見があったので、ラーメン屋で更に飯。

 その後、撤収開始。

 となったのだけれど、話に夢中になったN-KEYさんとひーくんが二人だけで先行して電車に乗ってしまう罠。
 切符買ったりして遅れてる人がいるから待って、と何度も声を掛けたんだけど全然聞こえてなかったらしい(苦笑)

携帯紛失

 西葛西まで戻ってきてから、携帯をなくしていることに気づく。

 とりあえず掛けてみる。
 誰も応答せず。

 仕方ないので、帰宅して、再度掛けてみる。
 「電源が切られているか、電波の届かないところに……」

 ちょっと待てぃ。
 さっきまでちゃんとかかってたろ!

 慌てて、回線停止の申請。
 AUのカスタマーセンターのサイトが落ちてて難儀したのは内緒。


2002年12月31日

昼過ぎ

 へばって起きれず。

 とりあえず、回線停止を解除して、再度掛けてみるもやはり電源が切られているなり、地下にあるなりの様子。
 単に地下鉄の忘れ物センターにあるんだといいなぁ。

 昨日確認したところ、紛失物は一営業日後から確認できるとのことで、今日は待機中。
 とはいえ、年明け早々から「落し物届いてませんか?」とやらなきゃないのか。
 情けない。

 仕方なく再度回線停止をしようとしたところ、連続して処理したせいか、処理の最後に唐突にオペレータ側にまわされてちょっとビビったり。
 やましいことはないので、素直に事情を話しまたけど。

敗北宣言

 来年頭から日記システムを導入できるようにしようとがんばってきましたが、結局間に合いませんでした。
 当面、このままで行きます。

 や、GNSとか、HNSとか、tDiaryとか、動く状態のものは沢山入っているんですけどね。
 体裁を整えるためのカスタマイズにまで手が回らなかったです。

 時間ないのに自作しようと夢見たのが悪かったんだろうなぁ。
 今作ってるのが完成したら、そっちに移行したいと思います。

日記補填

 とりあえず、ここ数日の日記を適当に。

 大雑把でも書いておかないと、追記しようにも忘れそうなので。

ぐるぐる

 NEWS-10の話題とかを見てまわる。

 しまった、今年は三日目だったのか。
 二日目だとばかり……。

 バタバタしてるうちに申し込み期限を過ぎてしまったから仕方ないんだけれど。

実家

 来いというので実家に戻る。
 といっても、今の家からバイクで5分だから実家とかそういう感覚は全然なし。

 んで、煮物とか豆とか散々食って離脱。
 や、眠かったのですよ。

 大晦日だというのにろくに話もしないってのは、ちと親不孝だったかな?

帰宅

 一旦シャットダウン。
 再起動してから、テイルズつながりってことでテイルズ・オブ・エターニアを。

 ……あー。
 これはSFC版ですか?

 画面は粗いし、動作ももたつくし、画面切り替えが頻繁にあるし、トーク部分はキャンセルできないし、戦闘ではリフォーカスされないし。

 一応、確認のためにファンタジア(PS)とデスティニーも起動してみる。
 やっぱりこっちの方がデザインもスペックもいいよなぁ。

 ただ、こうやって昔のシリーズと比べてみると、デスティニー2はホントよく出来てるってわかるよ。
 あのスピリットゲージのシステムさえもちっと改善されてれば満点なんだけれど。
 防御がもう少し早く出来るだけで全然違うと思うんだけれどね。

 しかし、そろそろ年も変わろうってのに何やってるんだか(苦笑)

良いお年を

 そろそろ日が変わるので。

 お世話になった方、ここを見てくださっている方、ありがとうございました。
 ご迷惑を掛けてしまった方、すみません。

 いろいろあると思いますが。

 これからもよろしくお願いします。


過去の日記

2002年
  1月上旬1月中旬1月下旬  2月上旬2月中旬2月下旬  3月上旬3月中旬3月下旬
  4月上旬4月中旬4月下旬  5月上旬5月中旬5月下旬  6月上旬6月中旬6月下旬
  7月上旬7月中旬7月下旬  8月上旬8月中旬8月下旬  9月上旬9月中旬9月下旬
 10月上旬10月中旬10月下旬 11月上旬11月中旬11月下旬 12月上旬/12月中旬

2001年
  1月上旬1月中旬1月下旬  2月上旬2月中旬2月下旬  3月上旬3月中旬3月下旬
  4月上旬4月中旬4月下旬  5月上旬5月中旬5月下旬  6月上旬6月中旬6月下旬
  7月上旬7月中旬7月下旬  8月上旬8月中旬8月下旬  9月上旬9月中旬9月下旬
 10月上旬10月中旬10月下旬 11月上旬11月中旬11月下旬 12月上旬12月中旬12月下旬

2000年
 9月10月11月12月