Yokohama LU$T / Brain Stormin' Yokohama LU$T / Brain Stormin'

[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

Title自分なりに思ったことその2
Date: 2002/11/23(Sat) 01:03
HandleWYVERN
URL

BH経験値はピースを保有できる数としてみてはどうでしょう。で、賞金首の難易度(賞金額の高低)は「役」を作るためのピースの数とします。経験を積んだベテランハンターはそれに見合った難度の賞金首にチャレンジができるわけです。保有枚数の少ない駆け出しのハンターは高額(=高難度)の賞金首に挑むことが難しい(システム的には無理)ことが表現できるかと思います。

保有枚数が賞金首の難易度に足りないハンターでも他のハンターと協力関係を結ぶことでチャレンジできるようにしても楽しいかもしれません。
2人チームだと保有可能枚数=(BH経験値の低いほう+1)
3人チームだと保有可能枚数=(BH経験値の最低値+2)
とか。(+Xの数字に根拠は無いです)

低いほうを基準にしているのはベテランにとって足手まといにしかならないルーキーも存在するということを表現したいから。高いほうに合わせるとインフレになるし。

協力のタイミングは協力するハンター全員から「BHナンバー○○、△△と協力する」という書き込みがあって処理が成立したときになるでしょうか?(これも書き込みフォームで「協力(する/しない)、BHナンバー○○(プルダウンリストからチェック)」というのはどうでしょう?)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)